himehikage.cocolog-nifty.com > ヨルダン・シリア・レバノンその3(2005.10)

L088

ベカー高原にはもう一つ「アンジャル」という都市遺跡(世界遺産)があります。場所的にはシリア国境に近く、ベイルートとダマスカスを結ぶ道路のほぼ中間に位置しています。
8世紀にウマイヤ朝のカリフ、ワリード1世によりキャラバンの中継地、夏の離宮として建設されました。レバノンで見た唯一の、アラブらしい遺跡だったかも。何もない山の中にひっそりと佇んでいるのも新鮮だった。