いかにも地域のモスクという感じですが、実はビザンチン時代に建てられた教会を改築したもので、木製の柱などはそのままのようです。