ダマスカスからシリア最大の遺跡パルミラへ向かう途中、マルーラ村に立ち寄りました。ここにはイエス・キリストが使っていたアラム語を今も話せるキリスト教徒約5000人が暮らしています。長崎の隠れキリシタンの村を思い起こさせます。