himehikage.cocolog-nifty.com > エジプト(2008.2)

E139

ピラミッドなどの新王国以前の墓で盗掘が相次いだのを踏まえ、岩山の奥に埋葬施設が掘られるようになり、山の上には監視小屋が置かれた。また、秘密を守るために墓づくりの職人は世襲制で、西岸に職人だけの村を形成していたそう。これまでに見つかっている墓は64で、レリーフなどが未完成のものもある。墓が完成する前に亡くなった王の墓。
観光客はチケット1枚で3つの墓に入れます。ヌート女神の天井画が有名なラムセス6世の墓は閉鎖中。時間も限られているので、近場のラムセス4世、ラムセス1世、ラムセス9世の墓に入りました。通路の壁一面には来世へのガイドブック「死者の書」が刻まれ、奥に行くほどレリーフの色がきれいに残っていて見惚れます。