himehikage.cocolog-nifty.com > エジプト(2008.2)

E137

太陽が昇るナイル東岸は生者の街、日が沈む西岸は死者の街。数多くの遺跡によって今もそれを実感できるのが、4000年前の中王国時代から新王国時代にかけて古代エジプトの首都が置かれていたルクソール(ギリシャ語ではテーベ)。
写真は早朝、東岸のホテルからの眺め。対岸の裸の丘陵地の奥に「王家の谷」があります。