« 「だれかがおれの人生のすべてを破壊しようとしている」〜『死んだ人形たちの季節』『刑事たちの四十八時間』 | トップページ | 「愛情こそ、状況を一変させるものだ」〜『静かなる炎』『瘢痕』ほか »

2015年1月 4日 (日)

「すべてはセシリー・ネヴィルからはじまる」 〜『支配者』『養鶏場の殺人/火口箱』

『支配者 チューダー王朝弁護士シャードレイク』C・J・サンソム著/越前敏弥訳
(集英社文庫 2014年邦訳)

1514年夏。国王ヘンリー8世の巡幸に伴う弁護士業務と、北部で捕らえられた謀反人ブロデリックをロンドンに連行するよう命じられたシャードレイク。訪れた北部の町ヨークで、ガラス職人オールドロイドが王に関する不穏な言葉を残して落下死する現場に遭遇する。やがてシャードレイクが幾度と命を狙われる一方、ブロデリックの身も危うくなり…(文庫カバーより)


Sovereign お気に入りの歴史ミステリシリーズの3作目! 今作はヘンリー8世のイングランド北部巡幸に、主人公である亀背の弁護士シャードレイクと助手のバラクも同行し、行きは陸路、帰りはシャードレイクたちは途中から海路でという旅の工程が描かれる。

ヘンリー8世の5番目の妃キャサリンと廷臣トマス・カルペパーの密通という史実ドラマを交錯させながら、殺人事件および未遂に終わる謀反は、現在まで続くイギリス君主の正統性にかかわるもの(なんと!)であり、著者の史学への情熱もヒートアップしたのかも。これまで以上に歴史小説としての味わいを強く感じた。下巻巻末に添えられている年表までも面白く読めましたよ!

滞在先のヨークに先に入っていたシャードレイクたちが地元の名士らととも大規模な王の一団を迎える場面が印象的だ。ヘンリー8世は長身で、残忍な目をした怪物のように描写されているが、当時の人々の目を通したらそう見えて無理はない。畏怖するしかない人物だったのだから。そして、ここで印象づけられた国王の姿が、その後の小説の展開にある種の説得力を持たせることになる。歴史上の人物たちもしっかりキャラ付けされているのがすごいわ。単に登場するだけでなくてね。

ところで、シャードレイクを襲ったり謀反人の口を封じた犯人はあの人かな?と思わせて実は…というミスリードが、読み終えてみれば露骨すぎました。なのに騙されたよ。
訳者あとがきによると続編にはまた1人、シャードレイクの仲間が増えるようだ。すんなりとは信用しづらい人物なんですけどー笑 キャラクターが立っていると思えばよろしいか。


追記)そういえば、本の扉に「P・D・ジェイムズに捧ぐ」と書かれていた。目にしたのは亡くなって間もないタイミングだったので驚いた。どういうご関係だったのでしょう。


***********************************************************

『養鶏場の殺人/火口箱』ミネット・ウォルターズ著/成川裕子訳
(創元推理文庫 2014年邦訳)

1920年冬、エルシーは教会で純朴な青年に声をかけた。恋人となった彼が4年後に彼女を切り刻むなどと、だれに予想できただろう――。英国で実際に起きた殺人事件をもとにした「養鶏場の殺人」と、強盗殺害事件を通して、小さなコミュニティーにおける偏見がいかにして悲惨な出来事を招いたかを描く「火口箱」を収録。現代英国ミステリの女王が実力を遺憾なく発揮した傑作中編集(文庫カバーより)


Chickenfeed 「養鶏場の殺人」は実際に起きた事件を題材に、ミステリ小説入門用に書かれたとあって、すらっと読めちゃう。パラノイアの正体がじわじわと露わになり心理的に追い詰められていくところは、ルース・レンデルの小説にも通じるところがあるね。英国的かも。
そして、今はどうか知らないけど、舞台が養鶏場というも、借金抱えた夫婦が住み込みプラス安月給で雇われるというイメージ(その昔、新聞の求人欄からふくらませていたイメージ)が私には染み付いていて、人生行き詰まりという絶望感をいっそう増すのでした。

「火口箱」のほうは、物事は見る角度によってまったく違って見えるというのをうまく取り入れて、民族偏見などによるご近所のギクシャクした人間関係から生じていた陰湿な空気ががらっと様相を変えるのが面白い。いかにもウォルターズらしい仕掛け。
最終的にはアイルランド人の性格についての俗説が犯人を明らかにするヒントになるのだけど、そのことに気づくのが同じアイルランド人という設定であるから許されるんだろうね、これ。


***********************************************************


以上で昨年までに読んだ本。あと、文庫はこれも読んだ。

内田百閒『御馳走帖』(中公文庫)
須賀敦子全集の第1巻(河出文庫)
阿部謹也『中世を旅する人びと』(ちくま学芸文庫)

2014年刊行の私的ミステリー小説ベスト5は以下のとおり。該当するのは22作品しかありません…。順位はなく、読んだ順。

『逆さの骨』
『ネルーダ事件』
『カルニヴィア2 誘惑』
『死んだ人形たちの季節』
『支配者 チューダー王朝弁護士シャードレイク』

« 「だれかがおれの人生のすべてを破壊しようとしている」〜『死んだ人形たちの季節』『刑事たちの四十八時間』 | トップページ | 「愛情こそ、状況を一変させるものだ」〜『静かなる炎』『瘢痕』ほか »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ひめさーん、ご無沙汰です~ヽ(´▽`)/

>『支配者 チューダー王朝弁護士シャードレイク』

おお、これは絶対読まなくては♪
って、
二作目、コンディションの不安定で
途中で止まったままなので、
最初から読み直します!

わたしも、せむしのシャードレイクが大好きで。。
劣等感から来る弱気と負い目
それと同じぐらいの正義感を持つ彼が
愛おしい。。

>『御馳走帖』

(* ̄ー ̄*)
わたし、この本好きすぎて
何度読んでも飽きず、
しまいには、いつもベッドの右に置いてある一冊なんです~♪
↑お気に入りの文庫が傍に無いと
不安になるという。。
御馳走帖は月に一度は読みます(はあと)


実は、父が手術をしましてですね。
大成功で、
先週、退院することができました~ヽ(´▽`)/
↑まだ、よろよろしていますが
口は達者で(だからムカつくっ・・)
大丈夫です!
わたしも年末のインフルエンザがこじれにこじれ(泣)
大量にステロイドを使ったので、
しばらくはまともに読書も出来ない日々でしたが、
それも先週の外来で、(ステロイドを)減量することになり、
これから、またゆっくり好きなミステリを読めそうですヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
↑記事と無関係なこと長々とごめんなさい(*_ _)人

ひめさん、いつも
すてきな本を紹介してくださり
心から感謝しています。

マキより(はあと)

まきさん、こんにちは!
またすぐにコメントに気付かずすみません(^^ゞ

お父様、どんな病気だったのかわかりませんが、回復されてよかったです。
まきさんも!

シャードレイク、いかにも小役人といったところも人間くさくていいですよね。
最近はミステリ読みでも少し欲が出てきて、
歴史ミステリや、珍しい国を舞台にしたミステリなんかを選んで読むようになったよ。


御馳走帖は、私はいままで読んだ内田の本の中ではそれほど印象に残らなかったのですが、
何度も読むなんて、スルメの味わいで、私は上っ面を舐めただけなんですねきっと。

まきさんに倣い、私も少し古いの読もうと思って
武田百合子の『犬が星見た』というのを先日読みました。
これがとても面白かったです。
夫の武田泰淳と一緒にロシア旅行をしたときの日記というかエッセイですけど。
まきさんも読んだことありますか?

ところで、私は今月から無職になりました。4月には田舎にUターンします。
少し前までは田舎に戻るなんて絶対ありえないと思っていたのに
両親ともに亡くなったら急に帰りたくなったっておかしいですよね。

ひめさーん、こんばんは(◎´∀`)ノ

>お父様、どんな病気だったのかわかりませんが、回復されてよかったです。


今回は、狭窄した背骨?の中に、いきなり肉腫が出来てしまって
すぐに手術になりましたが、
今日なんて、
あれだけ退院後の日常生活が大事だと医師に言われているにもかかわらず、
趣味のパチンコに行ったんですよっっっヽ( )`ε´( )ノ
↑今回のオペも持たないよなあ。。
知らんっっっヽ( )`ε´( )ノ

>シャードレイク、いかにも小役人といったところも人間くさくていいですよね。

そうそう!
わたしね、パーフェクトな主人公に魅力を感じない人間で。
どこかが欠けていたり、頼りが無く情けないぐらいの主人公に
無意識に愛着を感じてしまうのですが、
たぶん、わたしが欠けていて情けない人間だからだと思います。

>御馳走帖は、私はいままで読んだ内田の本の中ではそれほど印象に残らなかったのですが、

それはわたしの癖(へき)
食べ物中心の読み物だから、何度も読んでしまうんです。。

今は、石井好子の「東京の空の下オムレツのにおいは流れる」を読み返しているのですが、この本装丁(暮らしの手帖社)からして大好きな一冊で
(パリの空の・・の続編です) とってもチャーミングな本だと思いますヽ(´▽`)/

>まきさんも読んだことありますか?

おおーー、
実は、ずーーっと読みたい読みたいと思いつつ、まだ未読なのです。
百合子さんは「富士日記」ぐらいしか、読んでいません。
ですがっっ!
もともと、泰淳と百合子の関係が好きなので、
このコメント終わったら、そっこーでアマゾン行きますぜ!
教えてくださり、ありがとう。

>ところで、私は今月から無職になりました。4月には田舎にUターンします。

お疲れ様でした。
ひめさんの田舎がどの辺りなのかも存じませんが、
きっと長い間住み暮らした東京と
お友だちとの別れは
淋しいんでしょうね。。
↑勝手に思ってしまってごめんなさい。

わたしは幼い頃から父親の仕事の都合により転勤転勤で
ちゃんとした田舎って無いんですよね。。
だから、帰れる田舎があるって良いなあ。。
なんて、ノー天気に思ってしまいます。

マキより(はあと)

まきさん、こんばんは!

背骨の手術ってちょっと怖いね。パチンコは休暇を楽しみたかったからでしょうか(^_^;)
手術が成功して安心したのもあったでしょうね。

パーフェクトな主人公は私も苦手で。
ただ痛快さや謎解きを楽しむだけの娯楽小説に多いですかね。
そういうのもたまにはいいけど、深みがないので物足りない。
最近は時間がもったいなかったと読んでしまってから思うことが多いです。
おじいちゃんで体力的に問題ありとか、パーフェクトでもすごい貧乏…とかならいいかな笑

石井好子ねφ(..)メモメモ 今度入手してみますね!ありがとう。
百合子さんの「富士日記」は文庫3冊もあるのでびびっています。
いつか読みたいな。

帰れる田舎があっていいと、辞めた会社の同僚たちにも言われました。
逃げられる場所ってことだと思うけど。
生まれ故郷かどうかは別として、静かな田舎というのもいいなと
思い始めたのが大きな理由の一つです。
もうひとつはお金。この先、東京では家賃払えなくなるのが分かるからです(-_-;)

友達との別れ…うん、これがいまじわじわ来てる。さびしい。
年に1回会うくらいの人でもね。
だからたまに東京に遊びに来たいと思ってるよ。

コメントありがとう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/58467041

この記事へのトラックバック一覧です: 「すべてはセシリー・ネヴィルからはじまる」 〜『支配者』『養鶏場の殺人/火口箱』:

« 「だれかがおれの人生のすべてを破壊しようとしている」〜『死んだ人形たちの季節』『刑事たちの四十八時間』 | トップページ | 「愛情こそ、状況を一変させるものだ」〜『静かなる炎』『瘢痕』ほか »

インデックス

無料ブログはココログ