« 南米がベースとなった2作品 〜『ネルーダ事件』『ジュリアン・ウェルズの葬られた秘密』 | トップページ | 「この闘いにおいては、人々は生きるか死ぬかなのです」〜『北京から来た男』ほか »

2014年7月27日 (日)

楽しみなシリーズ 〜『監視対象 ―警部補マルコム・フォックス―』『春にはすべての謎が解ける』

『監視対象 ―警部補マルコム・フォックス―』イアン・ランキン著/熊谷千寿訳
(新潮文庫 2014年邦訳)

ブレック巡査部長の身辺を洗え。私は捜査を開始した。警官を監視する職業倫理班。忌み嫌われるイヌの仕事だ。だが奴には国際的な児童ポルノサイトに関与している容疑がある。時をおかず、妹の恋人が他殺体で発見された。何かが狂っている。やがて私は、北国の凍れる闇に足を踏み入れたことに気付いた――。美しく卑しきエジンバラの夜をゆく、マルコム・フォックス警部補、登場…(文庫カバーより)


Complaints イアン・ランキンの新刊が早川書房からではなく、新潮文庫で出てびっくりした。しかも、新シリーズ! 翻訳ミステリー小説でも新潮なら読んでみようというブランド志向の人が少なからず存在すると思うので(なんとなく)、これを機会に著者のファン層が広がり、ジョ ン・リーバス警部シリーズも再び注目されて、未訳のままの巻が読めるようにならないかなと期待しています。

さて、この新たなシリーズも、舞台はランキンのホームタウンであるエジンバラ。そして、主人公マルコム・フォックスの性格や佇まい、行動は、警察内での役職の違いはあるとはいえ、前シリーズの主人公リーバスにそっくりに思えたのは気のせいか? 私がまだ面影を引きずっているのか? アイロン・ブルーを愛飲しているところも同じだ。もっともスコットランドではコーラよりはるかに人気ある炭酸飲料水とのことだが。

主人公が似ているからといって、不満があるわけではまったくない。ランキンは登場人物を緻密に描きわけるというよりか、生理的に描きたいものを描くことで持ち味を発揮しているように思うので、この「感じ」にまた出会えたことがむしろ嬉しかったり。
なになに? 今後シリーズにはリーバスも登場してくるのか! 楽しみなような怖いような笑 リーバスは探偵になっているだろうか?


***********************************************************

『春にはすべての謎が解ける』アラン・ブラッドリー著/古賀弥生訳
(創元推理文庫 2014年邦訳)

復活祭まであと1週間足らず。前任者が失踪しちゃったため、フレーヴィアの姉のフィーリーが、教会の正式なオルガン奏者としてデビューすることになった。折しも教会に眠る聖タンクレアウスのお墓が、考古学研究のため開かれようとしているところ。その発掘現場に居合わせたフレーヴィアは、地下霊廟で、当のオルガン奏者のおかしな死体を発見してしまう。元気に調べはじめたけれど、その一方で、とうとう我が家が売り出されることになり…(文庫扉より)


Speakingfromamongthebonesjpg 化学大好き少女探偵フレーヴィア・シリーズ第5弾。もう、このシリーズは安定して面白いです。謎解きなんかは本当のところどうでもよくて(なぜかその点に関してはいつも狐につままれたような気分になるので)、読めば分かる文章の随所から染み出す滋味。

今作のフレーヴィアは、よりにもよって丑三つ時、懐中電灯を片手に、教会の墓地に掘られたトンネルの中を、埋葬物の残渣が皮膚にくっついたり、煉瓦で鼻を殴られたような悪臭にもめげず、探検するのだ。おまけに、殺人犯が待ち構えているかもしれないのに!
または、彼女は姉の一人が刑事と結婚すればいいと考えるのだが、その理由というのが「長い冬の夜、話すネタができるでしょ。はらわたとか、血糊とか、テトリー紅茶とか」(テトリー紅茶って何?!)だったりする。

しかし、殺人犯がどれだけえげつなくても、フレーヴィアがどんなに無謀な行動をしようとも、彼女が直接的な被害に遭うようなことは著者が絶対にさせないと分かるので安心。この点だけは、子供が読んでも大丈夫な小説だな…。

広大な古いお屋敷バックショー荘を維持できず、売ることを迫られている現在、フレーヴィアの家族たちや、フレーヴィアが伯父から受け継いだ立派な化学実験室がどうなってしまうかも大いに気になるところ。

そして、最終章での展開にびっくり。まるでテレビドラマのシーズン最終回みたいな終わり方じゃないか。次の「シーズン6」もお楽しみに!ってか。BBCでのドラマ化されるらしいのも楽しみ!

« 南米がベースとなった2作品 〜『ネルーダ事件』『ジュリアン・ウェルズの葬られた秘密』 | トップページ | 「この闘いにおいては、人々は生きるか死ぬかなのです」〜『北京から来た男』ほか »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/56914741

この記事へのトラックバック一覧です: 楽しみなシリーズ 〜『監視対象 ―警部補マルコム・フォックス―』『春にはすべての謎が解ける』:

« 南米がベースとなった2作品 〜『ネルーダ事件』『ジュリアン・ウェルズの葬られた秘密』 | トップページ | 「この闘いにおいては、人々は生きるか死ぬかなのです」〜『北京から来た男』ほか »

インデックス

無料ブログはココログ