« 切り捨てられた男 〜『三秒間の死角』ほか | トップページ | 不良息子たちの帰宅 ~『シスターズ・ブラザーズ』ほか »

2014年2月16日 (日)

「いったい、いまイタリアでなにが起きてるんだ?」〜『カルニヴィア1 禁忌』ほか

『カルニヴィア1 禁忌』ジョナサン・ホルト著/奥村章子訳
(ハヤカワ・ミステリ 2013年邦訳)

ヴェネツィアの教会の石段で、女性の死体が発見された。死体はカトリックの女性には許されない司祭の祭服を着て、腕には奇妙な模様のタトゥーがあった。憲兵隊の大尉カテリーナは捜査を開始する。その頃、米軍基地に赴任した少尉のホリーは、旧ユーゴ内戦時の記録の公開を求める女性と面会した。ホリーは記録を調べるが、やがてその女性の死を知る。カテリーナとホリーは協力し、ソーシャル・ネットワーク「カルニヴィア」の創設者ダニエーレとともに、二人の女性の死に潜む陰謀に迫る…(裏表紙より)


Abomination 著者が『ミレニアム』3部作や映画「ボーン・アイディンティティー」シリーズなどに影響を受けたと語っているミステリ3部作の第1部。イタリアが舞台だけど、著者自身はイギリス人男性。イタリアの女性刑事カテリーナの描かれ方などはステレオタイプな気がしなくもない笑 それが個性となって面白く読めるけど。

日本と同様にイタリアも敗戦国として米軍さらにNATO基地が置かれ、北部の米軍基地はいまだ拡張しており、米国とイタリア政府がどういう契約を結んでいるかは国民には公表されていないそう。このことが、3部作を通して描かれる壮大な陰謀に深く関係している気配だが、この第1部はユーゴスラビア内戦時の歴史的事実を題材に、冒頭の殺人事件は一応の決着をみるので、これだけ読んでも十分面白い。

ユーゴ内戦において米国CIAとNATOは本当に汚い、非人道的な手を使ったんだなと読みながら憤ってしまう一方、エンタメ度もとても高い作品。情報のやりとりがすべて監視されている中で、唯一の死角として存在するのがSNSの「カルニヴィア」。ヴェネツィアの街並みを模したカルニヴィアでは、会員がカーニバルの仮面をつけたアバターとして登場し、秘密を共有しあう。匿名ゆえに第三者の悪口にあふれていたり、会員たちが何に活用しているのか主催者も把握しきれていないところなど、なんとなく巨大掲示板2ちゃんねるを思わせなくもない。

後半になると、「ボーン」シリーズ的な部分が顕著になり、プロットがちょっと粗いかなと思う点(無人攻撃機の暴走とか)もあったのだけど、続編が楽しみ! イタリアが何者かに支配されようとしているとして、SNSがレジスタンスの拠点になるのかな?
米軍少佐のホリーと元CIAのギルロイの関係が読めないな…信頼か裏切りか?気になる〜。

 

*******************************************************************

『イン・ザ・ブラッド』ジャック・カーリイ著/三角和代訳
(文春文庫 2013年邦訳)

刑事カーソンが漂流するボートから救い出した赤ん坊は、謎の勢力に狙われていた。収容先の病院には怪しい男たちによる襲撃が相次いだ。一方で続発する怪事件――銛で腹を刺された男の死体、倒錯プレイの最中に変死した極右の説教師……。すべてをつなぐ衝撃の真相とは? 緻密な伏線とあざやかなドンデン返しを仕掛けたシリーズ第5弾…(文庫カバーより)


Intheblood これ、シリーズ小説だったんだと、読み終わって気づく。ジャック・カーリイは骸骨のイラストの表紙などで前から人気作家と知っていたけど、勝手に想像していたのと違ってたな。もっとグロいのかと思ってた。

南部の白人至上主義、キリスト教原理主義へのストレートな批判や、軽快なバディものでもある点など、ああやっぱりアメリカのミステリ小説だと思わせる分かりやすさがある。雑種万歳か…うーん、私はいろんな種がいたほうが存続のためにもいいと思うけど、アメリカ国内向けにはこれくらい主義主張がはっきりしててちょうどいいのかな?

 

« 切り捨てられた男 〜『三秒間の死角』ほか | トップページ | 不良息子たちの帰宅 ~『シスターズ・ブラザーズ』ほか »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/55022187

この記事へのトラックバック一覧です: 「いったい、いまイタリアでなにが起きてるんだ?」〜『カルニヴィア1 禁忌』ほか:

« 切り捨てられた男 〜『三秒間の死角』ほか | トップページ | 不良息子たちの帰宅 ~『シスターズ・ブラザーズ』ほか »

インデックス

無料ブログはココログ