« 「お見えになるのが遅すぎたようですね」~『冬のフロスト』ほか | トップページ | クロムウェル失脚前夜 〜『暗き炎 チューダー王朝弁護士シャードレイク』ほか »

2013年9月23日 (月)

「歳をとるにつれて、何かに評価を下すのが億劫になるんだ。」〜『消滅した国の刑事』ほか

『消滅した国の刑事』ヴォルフラム・フライシュハウアー著/北川和代訳
(創元推理文庫 2013年邦訳)

2003年12月、ベルリンで女性の凍った胴体が発見される。遺体の頭部は山羊の頭につけかえられていた。ツォランガー警視正が捜査に乗りだすが、まもなく、今度はナイトクラブで異様な羊の死骸が見つかる。そして彼の前に兄の死の真相を調べている女性が現われ…。複雑に絡み合う登場人物たちの思惑と、二転三転する事件(文庫カバーより)

Torso 主人公ツォランガーは、ドイツ再統一前は東ベルリン側の刑事だった。今は統一されたベルリン州の警察で西側の同僚たちと働くが、ある犯罪を目にして癇癪を起こし、心理カウンセリングを受けさせられる。その診断書に書かれていたのは、彼にのしかかる適応できないことのストレス。〈旧東独の元警察官にとり、国家利益の追求は個人の利益の保護に優先する〉〈犯罪に対して警察が自ら無力感を認めることは、旧東独の元警察官にははるかに大きな痛手になっている〉…そうそう、本のタイトルを目にしたときに期待したのは、まさにこんな内容なのだと思った。

けども、無気力なのにもほどがある。刑事の存在感も薄いし、本当のところ彼が何をどう感じているのかも分からないまま話は進む。終盤にはその謎めいているところの意外な理由が明かされるのだが!…ミステリとしては禁じ手ともいえる展開で、なんか安いっぽい。あと、魅力的な小説の邦題に対して原題は「Torso」で、いまさら的な猟奇犯罪の描写とともにトルソ(胴体)という言葉が何度も出てくるのがちょい苦手だった。

しかし、この小説は極端な二面性を持っているというか、ドイツ再統一後の経済的混乱や、公的金融機関を食いものにするファンドや不動産投資会社といった現代的な社会派の題材も扱っているところが面白く、侮れない。登場人物の中では反グローバリゼーションの活動に参加し、菜食主義で車にも乗らない主義を貫く若い女性エーリンがいかにも現代ドイツらしく印象的。


*******************************************************

『お菓子の家』カーリン・イェルハルドセン著/木村由利子訳
(創元推理文庫 2013年邦訳)

数週間の入院生活を終えた老婦人が自宅で見つけたのは、見知らぬ男の死体だった。その頃殺人者は、高揚した気分で自らの行為を思い返していた。悔やんではいない。ただ、もっと苦しめてやらなかったのは残念だった。ショーベリ警視率いる警察の調べはいっこうに進まず、そのあいだにも次の被害者が…(文庫カバーより)

Pepparkakshuset スウェーデン発ミステリ。ショーベリ警視シリーズ第1弾。タイトル(原題は「ジンジャーブレッド」かな?)および表紙イラストからイメージした内容とまったく違うではないか! てっきりコージータイプのミステリと思ったよ。
タイプとしてはこの倍くらいの長さがあってもよさそうな警察小説だか本格ミステリだか…。枝葉が多いのに、すごくコンパクトにまとまっている感じ。掘り下げ不足なところもあるけどシリーズものと思えば納得か。

子供のイジメと大人の無関心によって引き起こされる40年後の悲劇。終盤の裏切られ方はほかの作品でも体験済みだけど、なんとなく予感はあったし、小説に寄り添って読んできた身には悪くない後味だった(あやうくネタバレしそう…)。さかのぼって殺人シーンを再読したら、初読に感じた違和感も解けた。もう一つの事件のその後も気になるなあ…。


*******************************************************

『半島を出よ』村上龍
(幻冬舎文庫 2005年単行本刊行)

2011年春、9人の北朝鮮の武装コマンドが、開幕ゲーム中の福岡ドームを占拠した。さらに2時間後に、約500名の特殊部隊が来襲し、市中心部を制圧。彼らは北朝鮮の「反乱軍」を名乗った。慌てる日本政府を尻目に、福岡に潜伏する若者たちが動き出す。国際的孤立を深める日本に起こった奇蹟!(文庫カバーより)

Hantowodeyo 積ん読していたのを、夏休みにようやく読む。
それにしても長かった〜。巻末に大量の参考文献が載っていることから、とにかく小説にリアリティを持たせたかったんだろうと思うけど、例えば内閣危機管理センターに集まってきた大臣や各省局長とか、全員名前をつけて網羅してるけど、その後二度と名前が出てこないのに必要なくない? だんだん学習してきて福岡のはぐれ者集団の武器コレクション紹介のところは飛ばして読んでしまった…笑

2005年に刊行された本をこの時期に読んで、面白かったのは北朝鮮の侵略に対しての日本政府の煮え切らない対応と、不確かな情報をもとに九州を丸ごと日本から切り離すようなやり口などが、福島原発の事故および被災地への対応に極めて似ていたこと。日本てこういう国なんだなあと身に染みて思った。そして、敵国に占領されながら彼らの命令に嬉々として従う日本人がいることも、おそらくそういうものだろうと理解できた。

北朝鮮の軍事国家の側面についても詳しい。あちらでは優秀な人間はすべて軍人に回されるのだな…。そして、日本については、組織に染まることのない、社会からはどうしてもはみ出してしまう人間に、著者自身は希望を託しているのだろう。

« 「お見えになるのが遅すぎたようですね」~『冬のフロスト』ほか | トップページ | クロムウェル失脚前夜 〜『暗き炎 チューダー王朝弁護士シャードレイク』ほか »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ひめさん、こんばんは(◎´∀`)ノ


>『半島を出よ』村上龍


わたし、村上龍
十代の頃までは、新刊出たら買うほどの
ファンだったのですが
もう、何年も何年も読んでいません。。

でも、『半島を出よ』
ひめさんの感想で、疼いたり。。


今は昨日届いた
檀一雄の「太宰と安吾」読んでいます。
↑安吾は中坊から好きなのですが
太宰は苦手なのに。。
それでも
純におもしろいです!

ひめさんは
最近、映画のヒットありましたか?

わたしは
今週末、妹と
モンローのドキュメントと
来週末、ハルナと
恒例ホテルデート時に鑑賞予定の
ダニー・ボイル監督の「トランス」が楽しみでっす♪
↑ボイルって、良い意味で一皮むけましたよね?
↑って、わたし何様?

わたしね
ひめさんの本の感想記事
大好きなんですよ~♪

まきより(はあと)

マキさん、こんにちは。

コメント読むのが遅れてごめんなさい。
実は先週の金曜の夜、母が突然、ほんとに前触れもなく倒れて亡くなりまして、
1週間ほど実家に帰っていました。
後悔ばかりが思い浮かびますが、
今からでも精いっぱい親孝行しなきゃと思っています。

私も村上龍、久々に読んだよ。正直、小説としては個人的にいまいちでしたが、
日本のことは頷く点が多かったよ。
そして私も、安吾好きで、太宰苦手でした(笑
こういうところは共通してますね!

本の感想て、あんまり感想にはなっていないけど、ありがとう。
無理やりブログを続けているところがあるので、励みになります。

亡くなった母は20年近く、大学ノートにびっしり日記を書き続けていました。
(毎晩書き終えると、最後の行に翌日の日付を書き入れていたので、
亡くなった日の日付で書き込みが終わっていました。)

私もせめて読書メモは続けていこうと思います(*^_^*)

ひめさん、こんばんは。

なんてレスして良いのか
わからず、ごめんなさい。
↑ずっと考えていたのに、わからないんです。


能天気なコメント
ごめんなさい。

わたし、車椅子になって
出戻ってから、母とは
本当に二人三脚というか、
頼りっぱなしで。。

親孝行どころか
いまだ親不孝しています。

わたしね、
世界で母ちゃんが
たぶん一番好きなんです。
マザコンなんですよ。

だから、
ひめさんに、とりあえずの言葉
書けないんです。
ごめんなさい。

ひめさんの
お母様は日記を書いていたんですね。
家の母は
メモ魔で、とりあえず何でもメモしちゃうんですよ。
↑わたしは根からズボラなので
まるで正反対です。

ひめさんのブログ
大好きです。

まきより

マキさん

気を使わせてしまって申し訳ない。
でもありがとう!
言葉は必要ないんです。といっても、ネット上では言葉しかコミュニケーションの
方法がないんでしたね。忘れてた。そういう場所では書くべきではなかったかも。

私も「母がすべて」なんですよ(^^ゞ
母にとっても一番近いのはたった一人の娘の私だと思います。
それだけに後悔が多くてね。
いま無人となっている家を思うとやりきれない。母が大切に手入れしてきた家。
田舎に帰ろうかなと迷いはじめているところです。
これまた、もっと早くに帰っていればと後悔するところなんですが。

またうじうじ書いちゃったけど、
この話はこれで終わりにしましょう!
×××××× 封印 ××××××

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/53363191

この記事へのトラックバック一覧です: 「歳をとるにつれて、何かに評価を下すのが億劫になるんだ。」〜『消滅した国の刑事』ほか:

« 「お見えになるのが遅すぎたようですね」~『冬のフロスト』ほか | トップページ | クロムウェル失脚前夜 〜『暗き炎 チューダー王朝弁護士シャードレイク』ほか »

インデックス

無料ブログはココログ