« 人間だけが残される。少しの間は。〜『赤く微笑む春』ほか | トップページ | 「お見えになるのが遅すぎたようですね」~『冬のフロスト』ほか »

2013年7月28日 (日)

溜まっていた読書メモの続き 〜『白雪姫には死んでもらう』『時の娘』ほか

『白雪姫には死んでもらう』ネレ・ノイハウス著/酒寄進一訳

(創元推理文庫 2013年邦訳)

空軍基地跡地の燃料貯蔵槽から人骨が発見された。検死の結果、11年前の連続少女殺害事件の被害者だと判明。折しも、犯人として逮捕された男が刑期を終え、故郷に戻っていた。彼は冤罪だと主張していたが村人たちに受け入れられず、暴力をふるわれ、母親まで歩道橋から突き落とされてしまう…(文庫カバーより)

Schneewittchen日本のミステリ小説のようなタイトルだ。原題もそういう意味のようだけど。ドイツの刑事オリヴァー&ピア・シリーズ第4弾。翻訳されたのは『深い疵』に続き2作目。

(以下ネタばれ)

前作と今作に共通する面白さは、権力者がずる賢く強欲な、典型的な悪者で、最後は本性をさらけ出し破滅するところですかね。今作は冤罪を晴らすというテーマもあり、ますます痛快な読み物となっている。

骨格だけみれば、予定調和で終わるストーリー。しかし、閉鎖的な村のいびつな人間関係が邪魔をして捜査は手こずる。刑事オリヴァーは妻の浮気のショックから事件に集中できないし、好奇心から探偵の真似事を始める少女には危険が迫り、カギを握っていそうなのは自閉症の青年とくる。怪しい人はいっぱいいるが、犯人も動機もなかなか見えてこないまま、思わぬ余罪や不正が発覚、どれだけ秘密を抱えた村なのよーとあっけにとられます。

とても入り組んだ構成になっていて飽きさせず、面白かった~。文庫で1365円もするんだけど元はとれたよ。満足!

*******************************************************

『時の娘』ジョセフィン・テイ著/小泉喜美子

(ハヤカワ文庫 1977年邦訳)

薔薇戦争の昔、王位を奪うためにいたいけな王子を殺害したとして悪名高いリチャード三世――彼は本当に残虐非道を尽くした悪人だったのか? 退屈な入院生活を送るグラント警部は、ふとしたことから手にした肖像画を見て疑問を抱いた。警部はつれづれなるままに歴史書をひもとき、純粋に文献のみからリチャード王の素顔を推理する…(文庫カバーより)

Daughteroftimes ミステリ小説のオールタイム・ベストといったものによくランクインしている1951年発表の有名作品。書籍の電子化にともなって文庫も再版になったのかな? ようやく見つけることができた。

「歴史は勝者によって作られる」とはよく言われるところだけど、それを念頭においたうえでの歴史の読み解き方というものを、まさか推理小説で教えられるとはね! しかも、病院のベッドで暇を持て余した刑事から! こういうユニークな発想だけでも、名著と呼ばれるのは納得かな。肖像画に描かれたリチャード3世は決して悪人の人相ではないという、刑事ならではの「勘」から謎解きが始まるのが面白い。とても知的で遊び心のある小説だった。

しかし、西洋史に登場する王侯貴族の名前はいまだにちっとも頭に入ってこない。同じ名前が多いので「◯世」が省かれてしまうと誰が誰やら。たまに愛称で呼ばれりもするのも混乱のもと。正直読むのにしんどい小説だった。病院のスタッフや警部の足となって動くアメリカ人青年らがユーモアたっぷりに描写されてるのでなんとか読み通したけど。

*******************************************************

『異郷の闇』ヤーコプ・アルユーニ著/渡辺広佐訳

(パロル舎 1998年邦訳)

娼婦、麻薬、暴力。欲望が蠢く夜の闇で起きた殺人事件。民族の壁に抗し、人種差別と戦いながらわずかな光明を見出し結ぶ点と線。トルコ人私立探偵カヤンカヤを主人公とした、ヤーコプ・アルユーニのデビュー作…(書籍データベースより)

Happybirthdayt トルコの小説と勘違いして中古で入手。ドイツ・フランクフルトを舞台にした1987年刊行のドイツ・ミステリだった。この作品でデビューした著者はドイツのハードボイルド小説の第一人者と言われている様子。なるほどかなりオールドスタイルのハードボイルド小説ですな。

原題は「ハッピー・バースデー!トルコ人」。邦題から感じる湿っぽさはなく、うん、この原題のほうがよほど雰囲気が出てるよ。それ以外の感想が思い浮かばない本読み能力のなさが悲しい…。

*******************************************************

『怪獣記』高野秀行・著/森清・写真

(講談社文庫)

トルコ東部のワン湖に棲むといわれる謎の巨大生物ジャナワール。果たしてそれは本物かフェイクか。現場に飛んだ著者はクソ真面目な取材でその真実に切り込んでいく。イスラム復興主義やクルド問題をかきわけた末、目の前に謎の驚くべき物体が現れた! 興奮と笑いが渦巻く100%ガチンコ・ノンフィクション…(書籍データベースより)

Kaijuki これもトルコ旅行の前に手に入れていた1冊。

楽しい読み物だった! 著者らが取材対象としたトルコのUMA(未確認生物)ジャナワールは、一時話題になってすぐに消えた、相当に実在度の低いトルコ版ネッシー。著者も最初はまったく乗り気ではないところから旅はスタート。そして案の定、証拠ビデオを撮影したのは思いっきり胡散臭い人物だし、地元の人たちからは一笑に付される。もう、ただのオモシロ旅行記じゃんと思っていたら最後は……まさかの展開! ちゃんとUMAの調査報告書として体裁が整うところがすごい!(笑) この著者の、面白いネタを見逃さない才能はかなりのものだけど、運も持ちあわせているんだね。

UMA探しとは直接には関係ない、そして珍道中記とも一見ミスマッチな、なんでもない景色をとらえた写真が、旅情を添えていて、またよろし。

この本から伝わるトルコの国民性も面白かった。私が旅行で訪れたのは西部のイスタンブールとエディルネのみで、さらに短い滞在だったとはいえ、妙に腑に落ちた。著者の計画を聞かずに勝手に段取りを決めていく現地ガイドと運転手もそうだけど、特に撮影ビデオでひと儲けを企んだ人たちの臆面のなさといったら…。お金になりそうなことはなんでも商売にしてしまうという私の抱いたイメージそのままで、笑わせてもらった。

« 人間だけが残される。少しの間は。〜『赤く微笑む春』ほか | トップページ | 「お見えになるのが遅すぎたようですね」~『冬のフロスト』ほか »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ひめさーん、こんばんは(◎´∀`)ノ


>『怪獣記』

実は、わたし大の高野ファンで
この前も彼の新刊読んだばかりなんです(* ̄ー ̄*)

だから
ひめさんも読んでいたと知って
なんだかうれしい♪
もともと、旅人話が好きで
彼の文体も好みなんですよね。
彼は変人だから、秘密のアヘン村に取材に行き
しっかりアヘン中毒になってしまい往生したり。。
↑まさにミイラとりがミイラの見本♪


>『白雪姫には死んでもらう』

これは読まなくてはっ!
ちょっと、今のわたしには高いけれど
↑セールで何着か買っちゃって。。(。・w・。 )

あ、モンスターズ・ユニバーシティーは観られましたか?

マキより(はあと)

マキさん、こんばんは!

『怪獣記』の著者さん、有名なのね。
そうそう、文章がとても読みやすく、良かった!
こういう人はサービス精神が旺盛なんでしょうか、
どうしたら読者に面白がってもらえるかに重きをおくあまり、
つい行動がエスカレートしてそうですね笑
アヘンの本も読んでみようかな。

『白雪姫〜』は、先に書いた文章がネタバレ気味だったので
ちょっと修正した。目を通してしまっていたらごめんなさい。
これも面白いけど、あとデンマークの『特捜部Q』シリーズも面白いです。
北欧・ドイツのミステリーは、だてに翻訳が多いわけじゃないね。
どっちも優れたエンタメ小説と思います。

モンスターズは今週末に行く予定です。
街に出るついでがあるので…。
そんなときしか映画館に行かない私。
だって、つい無駄遣いしちゃうからさ〜。

ひめさーん(◎´∀`)ノ


>『特捜部Q』

これ、わたしも気になっていて。。
↑なんせ、いつもアマゾンからすすめられるし。。

わたし、ひめさんの感想で読んだ本で
一度も買って損した・・ってことなくて。
(一時期はダルジール中毒になったぐらい・・ヽ(´▽`)/)

これも、最初の
アマゾンの古本で頼みました~♪
↑届くのが楽しみですヽ(´▽`)/


>『怪獣記』の著者さん、有名なのね。

有名・・、うーん微妙!
ただ、本人は自分の好きなことをしているので
楽しそうですが。

わたし的
高野のおすすめは
「ワセダ三畳青春記」
「ビルマ・アヘン王国潜入記」
「西南シルクロードは密林に消える」
でっす!
参考まで。。

>だって、つい無駄遣いしちゃうからさ〜。


よっくわかるっす!
わたしも、映画観るために出ても
絶対、(大して必要も無い)雑貨とか
全く必要の無いシールとか
マニキュアは買っちゃう!
↑今の時期なら、セール中の衣服や靴等。。

女って
物欲っつーより、買い物欲強いですよね?

ちなみに
ひめさんは、今期のセールで
何か良いもの買えましたか?

マキより(はあと)

マキさん、こんばんは!

特捜部Q、そっか、最近文庫化もされたので古本安く出てそうですね。
何にも考えずに楽しむタイプの小説ですからね、
前もって言っておきます笑

高野のおすすめ、ありがとう!
探してみるよ。積ん読がかなり溜まってるけど旅日記は気分転換に良さそう(*^_^*)

>女って
>物欲っつーより、買い物欲強いですよね?

ですねー。私は物欲ないほうだと思うけど、
買い物は、気に入った洋服とかあると制御できなくて困る!
といっても2万円くらいまでが限度だけど。

でも、今期のセールはジーンズの店が全品半額だったので1本買ったくらいかな。
あと、古着屋で300円のチュニックを買って、会社にも着ていってます。
少しずつ貧乏に慣れてきてるといいけど笑

マキさんは雑貨類もいろいろと買ってそうだね。
部屋の中が賑やかそうです。

ひめさーん、こんばんは(◎´∀`)ノ


>特捜部Q、そっか、最近文庫化もされたので古本安く出てそうですね。


今日からよみはじめたのですが
めっちゃいい!

わたし、たぶんアメリカミステリよりも
英国や北欧のミステリが性に合うんだと思います。

けっこうな量なのに
あっちゅー間に読んじゃいそう♪
こんなおもしろい本を教えてくださり
ありがとう。

>買い物は、気に入った洋服とかあると制御できなくて困る!

激しく同意です!
わたしは、服でも何でも
迷うってことが無くて、気に入ったら即買うタイプです。
逆に、迷ったら買わない。

雑貨は
迷うのが楽しい♪
↑そもそも不必要なものが好きなんです♪


例えば
シールとか、すてきなレターセットとか
カード類、
こんなんで何千円も出費するアホなんですよ。

上のはっきりいって要らんものを選んで買って喜んで・・すると
心がめっちゃ満たされちゃうヽ(´▽`)/

幼稚園児の頃から
好きなものが変わっていない・・という
駄目人間です。

マキより(はあと)

マキさん、こんばんは!

特捜部Q、気に入りましたか?
ユーモアがあって気楽に楽しめるよね。既刊の4冊とも遜色ないですよ!

私も英国や北欧のミステリのほうがしっくりくるかな〜。
特に刑事もの、警察ものはそうですね。

服と雑貨について、分かる!
服はむしろ気に入るのが少ないから、気に入ったら買っちゃうかも!
雑貨は店で見て回るのは好きだけど、めったに買わないんです。
うちにあるのはほとんどが貰い物。
そこが違うかな笑
そういうのを愛でるセンスないからね私。
でも、心満たされるというのは分かるな〜。

好きなものが変わってないなら、
自分のセンスをちゃんと持っているってことじゃないかな。
私の場合、そういうのは音楽ですかね。
そうそう、CDもね、好きな曲が入っていたらどうしても買っちゃう。
いまどき1曲だけダウンロードすればいいのに。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/52642864

この記事へのトラックバック一覧です: 溜まっていた読書メモの続き 〜『白雪姫には死んでもらう』『時の娘』ほか:

« 人間だけが残される。少しの間は。〜『赤く微笑む春』ほか | トップページ | 「お見えになるのが遅すぎたようですね」~『冬のフロスト』ほか »

インデックス

無料ブログはココログ