« 災い転じて… 読書メモ『遮断地区』ほか | トップページ | 人間だけが残される。少しの間は。〜『赤く微笑む春』ほか »

2013年5月12日 (日)

気にするな、魔術が白魔術であるかぎりは 〜『ディミター』

『ディミター』ウィリアム・ピーター・ブラッティ著/白石朗訳
(創元推理文庫 2012年邦訳)

1973年、宗教弾圧と鎖国政策下の無神国家アルバニアで、正体不明の人物が勾留された。男は苛烈な拷問に屈することなく、驚くべき能力で官憲を出し抜き行方を晦ました。翌年、聖地エルサレムの医師メイヨーと警官メラルの周辺で、不審な事件や<奇跡>が続けて起きる。謎が謎を呼び事態が錯綜する中で浮かび上がる異形の真相とは…(文庫カバーより)


Dimiter 著者は『エクソシスト』で知られる人。構想から30年以上を経て、82歳のときに発表したミステリ小説なのだそうだけど……この奇妙な味わいは、著者がイエズス会で教育を受けて育ったという背景が大いに関係しているのかな?

アルバニアの国家保安省の大佐ヴロラ、エルサレムの神経科医メイヨー、警部補メラルの視点から綴られる、話の筋には大して意味のなさそうな細々とした出来事、突然挿入される断片的な章をとても心地よいと思って読んだ。ディミターという伝説のスパイの存在、いくつかの不審死、そして善良な人々を救う奇跡…、謎は深まっていく一方なのに、これで十分だと思えるくらい引きつけられる文章だ。そんなふうに感じるのは、私がヴロラ、メイヨー、メラルら、喪失感を引きずり疲れてみえる大人たちの物語が日頃から好きなせいもあると思うけど。

しかし、終盤になって、ディミターと呼ばれずっと囁かれ続けてきた人物がなぜ伝説的なスパイとなりえたかが明かされると、そういうことだったのか! すべてに意味があり繋がっていたんだ! と納得させられてしまう。すごい力技なのに! そして、最後のとどめ打ち。いや~ん、とんでもない小説だった。ある意味、究極のスパイ小説であり、オカルトというよりはファンタジー。そしてささやかなハッピーエンドにほろりとさせられ。

メイヨーがある日に独り言でつぶやいた「気にするな、魔術が白魔術であるかぎりは」の言葉に共感。面白かったです!!

« 災い転じて… 読書メモ『遮断地区』ほか | トップページ | 人間だけが残される。少しの間は。〜『赤く微笑む春』ほか »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ひめさーん、こんばんはヽ(´▽`)/

いつもの如く
記事と関係ない話題で申し訳ないのですが。。

「華麗なるギャッビー」
やっぱり、わたしには小説のほうがあってます。。

「さよなら渓谷」
わたし通常、
こーゆー男女の無言系は苦手の部類なのですが
小林信彦が感じ入っていたので
↑文春のエッセイで
観に行ったんですが
これが良かったんですヽ(´▽`)/

俳優も良くて。
こちらは小説未読なのですが
近々読みたくなりました♪

今、徳富蘆花(岩波文庫)を読んでいるのですが
なんでこんなに文字が小さいの・・(。>0<。)
て、ぐらい文字の小ささに苦戦しています。
↑なんせ、弱視入ってる近視なもんで。。
↑昔の作品も、現代にあわせて文字を大きくして欲しいっっ(叫び)


ひめさんは
何か観ましたか?

マキより(はあと)


マキさん、こんばんは!

>いつもの如く
>記事と関係ない話題で申し訳ないのですが。。

いえいえ、ちっとも更新しない私がダメすぎです笑

映画は最近唯一、人にすすめられて観に行ったのが
「きっと、うまくいく」という3時間くらいあるインド映画で、
これが想像以上にベタなコメディ。それなりに面白かったけど、
メインの男性が時代劇チックな顔立ちで、
あまり好みではなかったのが残念でした。

さよなら渓谷は、原作が「悪人」の人ですね。
どっちも見てない(^_^;) でも「悪人」のほうは文庫が積ん読になってます。
そういえば同じ人が原作の映画「横道世之介」が面白いと聞いて
そのままになってる!宿題いっぱいだ〜。

徳富蘆花って、またずいぶん古典な人を!
マキさん、このあたりもちゃんと読もうとするから素晴らしいね。
そうそう岩波とかの昔の文庫、とんでもなく字が小さいよね。
新聞なんかも昔は、今見るとびっくりするくらい小さい。

といって、たまにずいぶん大きいなと思うのも文庫にあって、
そうするとページ数増やして値段を高くしている気がして癪に障ったり笑

本は相変わらず海外ミステリばかり読んでるわ。
いつになったらここから脱することができるのかなと、
だんだん冒険できなくなっているのが不安です。
でも読みたいものを手に取ってしまうんですよね…。

今日はずっと扇風機にあたりっぱなしで、
目が乾燥し、しょぼしょぼしてきました。

ひめさん、こんばんは(◎´∀`)ノ


>「きっと、うまくいく」という3時間くらいあるインド映画で、


これ、千葉劇でも上映していて
でも時間があわなくて、ギャッビーにしたんですよね。
観なくてよかったかも。
って、ギャッビーも・・・でしたが。

>さよなら渓谷は、原作が「悪人」の人ですね。

そうです、わたし彼の初期の作品「パレード」等
読んでいて、まったく記憶に残らない作品というのか
わたしの感性が鈍なのか。。

「悪人」
当時読んだ時には、なかなかおもしろかった・・?
ような。。

>そういえば同じ人が原作の映画「横道世之介」が面白いと聞いて

わたしも気になってたりして!


>マキさん、このあたりもちゃんと読もうとするから素晴らしいね。

違う、違う!
もう、単なる趣味( ̄ー+ ̄)
戦前の作家に興味があるだけですよ~♪

それと、
近々(遅くとも来月中に)母ちゃんのオペが決まって
半分現実逃避という。。
わたし、最低だな...。。

それにしても「みみずのたはごと」の文字の小ささは
ありえんっヽ( )`ε´( )ノ
たとえば、正岡子規は彼だって相当昔に書かれたものだけれど、文字の大きさが普通だから
とても読みやすい。
この差はなんなんだろうか・・?

わたしも
平行して「遮断地区」読んでいますぜ!
また、良いミステリがあったら教えてくださいヽ(´▽`)/

わたし的には
ギリアン・フリン「ゴーン・ガール 上下」
ハリー・マシューズ「シガレット」
が気になります!
↑シガレット文庫にならんかなあ。。

マキより(はあと)

追伸☆
>でも読みたいものを手に取ってしまうんですよね…。

それでいいんですよ♪
読書は、時に救いにもなるけれど
純粋に楽しい!って、思えることが何よりですぜ!

こんばんは、マキさん。

お母様、具合が悪かったんですか?
落ち着かないし、やることもいろいろあるだろうけど、
マキさんもそれで無理されたりしないようにお気をつけください。

ギャッビーといえば私世代はロバート・レッドフォードで、
1回見てるからいいやとスルーしました笑

横道は、監督が「南極料理人」と「キツツキと雨」の人で、
これはあまり邦画見ない私が見た中でも珍しくお気に入りだったんで、
気になっています。そのうちどこかTVで見れたらいいな。
DVD借りないとだめかな…。

ギリアン・フリンは1冊読んだことがあります。
◯◯症候群を扱ったスリラー小説でしたが、
なかなか面白い感性をしている作家さんと思いましたよ。
「ゴーン・ガール」は私も気になってる!思い切って買うか。
「シガレット」は知らないな〜これから検索してみる=。

小さな字の「みみずのたはごと」は版が古いままなのかと思ったら、
ずっとベストセラーなんですってね。興味がわいてきました。
青空文庫にもあるね!
といってパソコンでは読まないなあ…。
タブレットPCでも持っていればいいけど。

私はいま「冬のフロスト」読んでます。いつもどおりのフロストです笑

>マキさん

「シガレット」、検索しました。
ウリポ集団の作家なんですね。
うーん、これは手強いかも…笑

ひめさーん、こんにちは(◎´∀`)ノ
↑って、しつこいな、わたし!


はい、今月末か
来月中には手術だと思います。
内臓なのですが、ちょっと特殊なオペらしく
今から心配すぎて、ちょっとウツという。。

>横道は、監督が「南極料理人」と「キツツキと雨」の人で、


あ、「南国料理人」はハルナが好きだって言ってた♪
わたしは、原作しか読んでいなくて
彼のエッセイ単純におもしろいから♪
今度、ハルにDVD借りてもらって観ますヽ(´▽`)/


>小さな字の「みみずのたはごと」は版が古いままなのかと思ったら、
ずっとベストセラーなんですってね。

そうみたいですね。
なのに、なぜあんなに文字が小さいのかっヽ( )`ε´( )ノ
わたし目が悪いから
めっちゃ苦戦中。。
↑内容は興味深いんですが。。

>私はいま「冬のフロスト」読んでます。いつもどおりのフロストです笑

あ、さっそくアマゾン飛びますわ~( ̄▽ ̄)

>ウリポ集団の作家なんですね。

ウリポ集団って何なんです?
つーか、それも知らんで読みたいわたしって・・。。

関係ないですが
夏はやっぱりジョアン・ジルベルトと
ビーチボーイズのサーファーガールっすね♪

マキより(はあと)

マキさん、こんにちは〜。

お母様のオペ、心配してしまうのはしょうがないよね…。
成功するようにお祈り申し上げます。

ウリポというのは、私も詳しくないけど、
言葉遊びなどを駆使した小説などを書いていて、シュールなのに加えて
翻訳だとますます理解しがたくなるという、個人的には難物のイメージです。
この集団にいた作家の小説のすべてがそういうわけではないので
偏見はいかんですけど笑
きっと感性がはまれば楽しめるのではないでしょうか。

夏はボサノバを聴かれるのは知っていましたが、
ビーチボーイズもですか!
私が「夏」で真っ先に思いつくのはクール&ザ・ギャングの「サマー・マッドネス」です。
これ!↓
http://www.youtube.com/watch?v=gr9j-bcsMT0

ひめさーん(◎´∀`)ノ
↑だから、しつこいって。。

>言葉遊びなどを駆使した小説などを書いていて、シュールなのに加えて

シュールとか
わたしの中では、十代で終わっているので
買わなくて良かった!
↑めんどいというか、うざい。。


>クール&ザ・ギャングの「サマー・マッドネス」

渋い、否和む。
すてきな曲ですね。
紹介してくださり、ありがとう。

わたしなんて、
それこそ凡百だから、
デイヴ・ブルーベック・カルテットの「テイク・ファイヴ」とか
夏に会うなあ。。と思ったり。
ビーチボーイズは、やっぱりファーストを偏愛していたりするのですが。。


明日、病院が終わったら
お師が来てくれるで
本当は「シュガーマン」観たかったのだけれど
レンタル十月とかからで・・泣。

とりあえず
アレンの「ミッドナイト・イン・パリ」観る予定っすヽ(´▽`)/

ひめさん
まじめに、わたしにお勧めの本あったら
(国問わず)
教えてもらえませんかね。。?
ジャンルは何でもOKっす( ̄▽ ̄)

↑手にを得ない奴!

マキより(はあと)

マキさん、こんにちは。


私がシュールと決めつけてるだけで、実際は美しい小説かもしれないし。
あまり信用しないで(^_^;)
でも、シュールが十代で終わってるとか、分かる笑
自分の場合は20代までかな。なんで受け付けなくなるんだろ。


おすすめの本かぁ…普通にミステリの新刊くらいだから読んでるの。
新刊では『白雪姫には死んでもらう』はエンタメ度も満足度も高かったですよ。
シリーズものだけど、これだけ読んでも違和感ないと思います。

あと、このブログで挙げている『ディミター』が個人的にはかなり好きです。
ミステリ好きより文学小説好きにおすすめしたい感じ。

読書メモ、ほったらかしで、
このブログも更新止まって2カ月過ぎたらヘッダーに広告がでかでかと出ててびびった笑
週末がんばるかな…

ひめさーん(◎´∀`)ノ


>でも、シュールが十代で終わってるとか、分かる笑

でしょ!
真の芸術家以外の人間に
年老いても、シュールに拘る人って、ちょっと。。

もう、わたし当時思いだすだけで
めっちゃ赤面ですもん。。
15の娘に「カリガリ博士」が理解出来たのか?
って、具合に
当時(たぶん)知った面していた己に
キック&パンチ(`Д´)

>自分の場合は20代までかな。なんで受け付けなくなるんだろ。

なんでだろ?
生きるという真実に気づくからかな・・?
なーんて、わたしの場合
いわゆるサブカル少女だったので。。
あ、今でも「ユリイカ」は、
特集によっては購入するほど
好きです。。


>あと、このブログで挙げている『ディミター』が個人的にはかなり好きです。

アマゾンで(古本)オーダーしちゃった~♪
届くのが
今から楽しみですヽ(´▽`)/

あ、週末「モンスターズ・ユニバーシティ」
地元の映画館で観てきました~♪
↑最近、マインド弱り中ゆえ。。

おもしろかったですヽ(´▽`)/

わたしにとっては
例えば「さよなら渓谷」も
「モンスターズ・ユニバーシティ」も
大好きな映画に変わりないので。

それより
千葉県唯一の単館上映館の「千葉劇場」が
つぶれやしないか
ハラハラしております・・泣。。

マキより(はあと)

マキさん、こんにちは。
すぐに気づかずすまん(_ _;)

「カリガリ博士」って映画ですよね。というかマキさん、
いつも世代に似合わないものをチェックされてますね笑 カバー範囲広い!

私の場合は(同じくサブカル人間でしたけど)
主に20歳前後に、フランスの小説が多かったよ。
分からないなりにその世界に浸って満足できるものがありました。
いまは時間もったいないって思うだけだからね笑
逆にあの頃は現実世界の出来事にあまり興味なかったかな〜。

モンスターズ・インク私も好きです。
新作も良かったんですね! 私も見に行こうかな〜。
最近何を上映してるかも把握してない(^_^;)

千葉劇場、がんばってほしいね。

ひめさーん、おはよ~(◎´∀`)ノ

わたしは、早朝からOCNのメールパスワード大量流出で
頭痛いです・・(号泣)
↑ユーザーなので。。
明日は、外せない診察があるので
どうせ、なかなかつながらないであろうカスタマーセンターに電話してみます(;д;)

>いつも世代に似合わないものをチェックされてますね笑


当時は、生意気盛りで
好きな映画ベスト1が「ベニスに死す」だったり。。
あ、今でも「気狂いピエロ」とカサヴェテス作品は好きですよ(はあと)

>主に20歳前後に、フランスの小説が多かったよ。

わたし、今でも「浴室」と「香水」と「日々の泡」
好きですヽ(´▽`)/

>逆にあの頃は現実世界の出来事にあまり興味なかったかな〜。

同じくです。
当時、本や映画音楽が無かったら
とっくに、発狂していたと思う。。

今でも、多少あるのですが、
何かうまくつながらないというのか、
空の色や雨の音だとかには、
それだけで泣いてしまうような
こっ恥ずかしい感性はあったんですけれどねえ。。
つーより
現実を憎んでいたのかもしれないなあ。。

>モンスターズ・インク私も好きです。

いいですよね♪
マイクがまるちゃんにそっくりの造形で
そこも、わたし的にはツボなんですが。。
続編は、マイクが主役なのですが
彼は、モンスターなのに「小さくかわいい」から
切ない物語にもなっていて。。

「ディミター」
今日、届いたのでさっそく読みます♪
↑楽しみ~♪


マキより(はあと)

マキさん、こんばんは!
OCNでそんなことあったのね!実被害はありましたか?
面倒くさいですね!
診察、今日だったん?
今日の朝のコメントと思ったら昨日だったのね…日にちのたつのが早い…。

フランスものは私もボリス・ヴィアンと生田耕作に入れあげてましたよ笑
ヴィアンなら「日々の泡」より「心臓抜き」や「北京の秋」が好みです。
今なら読まないな〜笑(くどい

>現実を憎んでいたのかもしれないなあ。。
ああ、それはあるかもしれない!
田舎育ちだったから、ちょうど「あまちゃん」に出てくる
ユイちゃんみたいなタイプだった。
美人でもアイドル志望でもないけどね。

モンスターズ、再来週あたり観に行ってきます!

ひめさーん、ただいま~♪
って、飲んでいますが(◎´∀`)ノ


姫さん

「香水―ある人殺しの物語」 (文春文庫)
読んだことあります?

たぶん、ひめさん好きだと思うけれど。。
いや、あっしも17ぐらいで読んだきりでアレなんすけれど。。

>OCNでそんなことあったのね!実被害はありましたか?


はい。。(*`ε´*
なんか、ぼおっと早朝のニュースに流れていて
実際、わたしのところにもocnからメル来てるし。。泣。
とりあえず言われたとおりパスワードは変えましたが
今日はくたくたで。。

↑だって、いつだってカスタマーセンターって
つながらんもんっ!

>診察、今日だったん?


はい。。
炎症反応も出ていて(こいつけっこう重要なんす。。)
アルブミン(たんぱく質)も貧血も
進んでいて。。号泣

なーんて
どうせ、なるようにかならんし
なるようにはなるんす( ̄▽ ̄)
↑そーとでも考えないとやってられん。。

今、体重が30キロ台前半なので
それもあるみたいです。。
つーか、ダイエットの反対しているのに。。

>フランスものは私もボリス・ヴィアンと生田耕作に入れあげてましたよ笑

わたし、ヴィアンは「日々の泡」しか読んでいなくて
それも、入院中のお見舞いという・・(どんな友だちなんだ?)

十代の頃って
フランス・イタリアってだけで
あがめていましたよ、わたし(特に映画)
でも、そんなそぶり一切みせない実に嫌な娘で
はっきりいって、今の渋谷辺りのギャルより、よほどたちが悪かったというヽ(´▽`)/

「ディミター」今のわたしには、ちとキツイので
もう一度「遮断地区」丁寧に読み直しています。


>モンスターズ、再来週あたり観に行ってきます!

ぜひぜひ♪
そして、まるちゃんを思い浮かべて♪

マキ(愛の交換日記)より

マキさん、こんにちは。

「香水」は映画は見ました!
けっこう前に翻訳されてたんですね。
映画で見てしまうと本は読まないで終わってしまうかな〜。
逆はあるんですけど。
でも、某所で中古で1円だから買っておくか笑

炎症反応というのは、体のどこかで白血球が戦っているということでしょうか。
そして30キロ前半…うー、そんなに痩せてたんですか
食べれないからかしら。
様子を見るしかないんですね…。体力が心配です。

フランスやイタリアの映画というと、
私はマキさんと世代が違うので見てるのが違うと思うけど、
女優さんがかっこいいという認識です。
昔は憧れました笑

ディミター、確かに出だしはきついかもしれませんね。
後半はそうでもないんだけど。
フロスト警部シリーズの新しいやつとかはどうでしょうか。
あれも、今回はちょっと重苦しいかもしれないけど。

愛の交換日記、吹きました!笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/51599429

この記事へのトラックバック一覧です: 気にするな、魔術が白魔術であるかぎりは 〜『ディミター』:

« 災い転じて… 読書メモ『遮断地区』ほか | トップページ | 人間だけが残される。少しの間は。〜『赤く微笑む春』ほか »

インデックス

無料ブログはココログ