« ここ半年くらいを思い出して映画メモ | トップページ | 気にするな、魔術が白魔術であるかぎりは 〜『ディミター』 »

2013年4月27日 (土)

災い転じて… 読書メモ『遮断地区』ほか

『遮断地区』ミネット・ウォルターズ著/成川裕子訳
(創元推理文庫 2013年邦訳)

バシンデール団地。通称アシッド・ロウ。教育程度が低く、ドラッグが蔓延し、争いが日常茶飯事の場所。そこに引っ越してきたばかりの老人と息子は、小児性愛者だと疑われていた。ふたりを排除しようとする抗議デモは、彼らが以前住んでいた街で10歳の少女が失踪したのをきっかけに、暴動へ発展する。団地をバリケードで封鎖し、石と火焔瓶で武装した二千人の群衆が彼らに襲いかかる。往診のため団地を訪れていた医師のソフィーは、暴徒に襲撃された親子に監禁されてしまい…(文庫扉より)

Acidrow 現代英国ミステリの女王(のひとり)、ミネット・ウォルターズの2001年の作品。これで、長編についてはすでに翻訳済みの2002年作『病める狐』まで、漏れなく翻訳されてきたことになり、よかったよかった。やっぱり面白いわ〜。どの作品もありきたりのストーリー・構成じゃないところがいい。

作風としては『破壊者』に近いかな。特定の主人公を設けず、俯瞰的に事件の経緯と顛末を描いていくタイプの小説。といっても、最後にはある人物がこの小説の中でのヒーローになるんだけど。さわやかな最終章でよかった! その直前が暴虐すぎたゆえに余計。

母親たちのデモが、地元不良少年たちの憂さ晴らしに利用されて暴動に発展。それをなすすべもなく上空のヘリから見守る警察や救急隊。緊迫の一日が、最悪に近い結果に終わるのは冒頭ですでに明かされている。
しかし、貧困者や一人暮らしの老人たちで構成される“掃きだめ”地区の住人たちがみんな、愚かで非力だという描かれ方はしていない。そこにも当然、一人ひとりの顔がある。人種や職業、前科といった偏見(読者の先入観)を裏切っていく展開が小気味よい、というかうならせる。
少なくとも小児性愛者として服役までした男にこれほど同情を覚えたことはなかったな…。


************************************************************


『青雷の光る秋』アン・クリーヴス著/玉木亨訳
(創元推理文庫 2013年邦訳)

ペレス警部は婚約者のフランを両親に紹介するべく、ふたりで故郷のフェア島を訪れていた。だが、島のフィールドセンターでひらかれた婚約祝いパーティの直後、センターの職員アンジェラが殺される。折からの嵐でシェトランド本島との交通が途絶したため、単身捜査を開始した警部だが、奮闘むなしくついには第二の殺人が…(文庫カバーより)

Bluelighting ついに「シェトランド四重奏」最終章。ひえ〜そしてこの結末か!! 衝撃的すぎる。なんと評していいか分からん。それまでのあらすじも、ぜんぶ吹っ飛んだわ。
過去をひきずった刑事が主人公という、私にはおなじみの小説がここから始まるわけだな…。しかし、アン・クリーヴスはそうした続編を書くだろうか?

バード・ウォッチングに熱狂する人々というのがちょっと勉強になった。日本の鉄道マニアみたいだね。


************************************************************


『夏を殺す少女』アンドレアス・グルーバー著/酒寄進一訳
(創元推理文庫 2013年邦訳)

酔った元小児科医がマンホールで溺死。市会議員が運転をあやまり事故死。一見無関係な出来事に潜むただならぬ気配に、弁護士エヴェリーンは深入りしていく。一方ライプツィヒ警察の刑事ヴァルターは、病院での少女の不審死を調べていた。オーストリアの弁護士とドイツの刑事の軌跡が出合うとき、事件が恐るべき姿をあらわし始める…(文庫カバーより)

Rachesommer ドイツで数々の文学賞の受賞歴があるオーストリア作家によるミステリ。
主人公となる若い女性弁護士と中年刑事のキャラ、真相に近づいていく展開はきわめてオーソドックス。一気に読める質の高さはありつつ、印象に残る小説でもないかな。
なんかいろいろと単純化しすぎ。そして、事件の背景にある10年前の出来事といい、その後の関係者たちの境遇といい、忌まわしく悲惨であればあるほど読者が食いつくと思われたら嫌だなと。

« ここ半年くらいを思い出して映画メモ | トップページ | 気にするな、魔術が白魔術であるかぎりは 〜『ディミター』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ひめさーん、こんばんは(◎´∀`)ノ


「遮断地区」
アマゾンから届きました!
さっそく、今夜から読もうかしら?


>『夏を殺す少女』

読みたいな( ̄ー+ ̄)
つーか、今からアマゾン行くかな!?

ハヤカワミステリの翻訳家の宮野孝雄さんの
「煮たり焼いたり炒めたり」
大好きで、
何度も読んでいます( ´艸`)プププ

↑レシピが全て海外の料理本からなんですよ~!


ひめさん
今頃はトルコの空の下かしら( ^ω^ )

↑ぜひ、またブログで旅行記楽しみにしております♪

マキより(はあと)

マキさん、ただいま~。

『夏を殺す…』は私的にはいまいちでした。
それよりいま読んでる『ディミター』が面白いです!
作家はエクソシストを書いた人。
小説の質がワンランク上な感じです。

宮脇孝雄さんの「煮たり焼いたり炒めたり」、いま検索してきた。
面白そうだね!中古ポチッとしてきたよ(^Q^)

旅行はまあ成功かな。一人でも楽しかったですよ!
ブログアップはほとぼりが覚めてからあるかどうか…。
億劫でだめね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/51399883

この記事へのトラックバック一覧です: 災い転じて… 読書メモ『遮断地区』ほか:

» 『遮断地区』(ミネット・ウォルターズ) [Karmaなミステリ読書ブログ]
「名前はなんていうの?」 ジミーはにやりとした。「コリーナ・ゲイナ・アイリーン・ソフィ・メラニー・ジェイムズ」 『遮断地区』(ミネット・ウォルターズ)pp.519 バシンデール団地に越してきた老...... [続きを読む]

« ここ半年くらいを思い出して映画メモ | トップページ | 気にするな、魔術が白魔術であるかぎりは 〜『ディミター』 »

インデックス

無料ブログはココログ