« 「リーチャーを呼んでくれ」~『アウトロー』『スケアクロウ』ほか | トップページ | 災い転じて… 読書メモ『遮断地区』ほか »

2013年4月27日 (土)

ここ半年くらいを思い出して映画メモ

「ムーンライズ・キングダム」(2012年 アメリカ)

Moon 主人公の少女の家に敷かれていたあの円形の絨毯、まったく同じ見た目のがうちにも昔あった!
昨年の夏、実家の掃除をしていて、屋根裏部屋に無造作にしまわれているのを発見。ネズミが巣をつくりそうだったから、重いのを苦労して引きずり下ろして捨てたんだったわ。

公開を待ち望んでいたウェス・アンダーソン監督作品。
愛おしい映画だった〜。小さな島の共同体で子供たちを守り育てる、そんな当たり前のことにきゅんきゅんきた。前作「ファンタスティック Mr.FOX」あたりから、子供に対する監督の目線がぐんと大人っぽくなったように感じる。子育てでもしてるのかな?
ストーリーも良かったが、相変わらず小技が効いてた。最後の場面でスクリーンからはけていく少女が一瞬立ち止まり、スクリーンのこちら側をうかがうようにするところ、エンドロールでかかる「管弦楽入門」も楽しく、最後まで引きつけてやまなかった。

島に嵐が上陸し、住民が高台の教会に避難するところは、東日本大震災を思い起こした。映画製作のタイミングからして穿ちすぎと思うが、あの大震災があったとき、上映中(または上映直前)だった「ファンタスティック Mr.FOX」に急きょ、監督からの字幕お悔やみメッセージが追加されていた。あの対応の早さに感動したんだっけ。


****************************************************************


「シュガーマン 奇跡に愛された男」(2012年 スウェーデン/イギリス)

米国アカデミーのドキュメンタリー長編賞受賞作。
これも良かった! 幻のシンガー、ロドリゲスの身の上に起きた奇跡とやらは二の次で、ロドリゲスのたたずまい、歩んできた人生からうかがい知ることができる気品にやられたよ! 証言の中に出てきた「地に足がついた男」という表現がほんとぴったり! 音楽ドキュメンタリーととらえていたから、こんなところで感動させられたのは意外だった。

どこかで音楽に興味のない人には退屈かもしれないという評を見たが、いやいやそれは違います。中高年じゃないとこの映画の感動どころが分からないかもしれない、と言い換えておく。


****************************************************************


「愛、アムール」(2012年 フランス/ドイツ/オーストリア)

ミヒャエル・ハネケ監督。こちらはカンヌのパルムドール賞、アカデミーの外国語映画賞など、各国の賞を受賞しまくり。
ジャン=ルイ・トランティニャン主演を楽しみにしていたが、妻役のエマニュエル・リヴァの演技がすさまじかった。
夫は最後、どこへ行ったんだろ? わからなかったよ〜。
映画の冒頭はしっかり目を凝らしておく必要があったんだろうな。しかし、2度目を見るには内容が重い…。

« 「リーチャーを呼んでくれ」~『アウトロー』『スケアクロウ』ほか | トップページ | 災い転じて… 読書メモ『遮断地区』ほか »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ひめさーん(◎´∀`)ノ


>愛おしい映画だった〜。

まさにまさに!

アンダーソン作品は、愛おしいんですよね。
決して幸福ではない各々主人公にもかかわらず
愛に溢れている(o^-^o)

観ていると
だんだん心がぬくくなっていくのがわかります。
&センス!

今、わたしが一番好きな監督です♪


>「シュガーマン 奇跡に愛された男」

絶対観たいですヽ(´▽`)/
早くdvd化しないかしら?
スウェーデンミステリ&映画から、
妙に親近感あるし♪

マキより(はあと)

つーか、今アマゾンで頼んじゃいましたヽ(´▽`)/

めっちゃ楽しみ~♪♪

マキより

>マキさん こんばんは

アンダーソン作品のメモくらい残しておかなくちゃと
サボってた映画メモ、旅行前にあわてて書きました笑

シュガーマン、気に入るかな?心配だわ〜。
外したらごめんね。スウェーデンぽいところもミステリぽいところもあまりない。
でも、わたし、この人の生き方にすごい好感を持ったの。
たぶんそういう人がいっぱいいたから賞もとれたと思うのだけど。

ひめさーん、こんばんは
&おかえりなさい(◎´∀`)ノ


「シュガーマン」
なんとリージョン違いで見られず・・(号泣)

↑己のまぬけに腹がたつっっっ(;-ω-)ノ

再度頼むつもりです。。
はあ。。
んにしても、アホだよな、わたし。。

「遮断地区」
平行読みなので、まだ100pほどですが
面白いですっ( ̄ー+ ̄)

↑買ってよかった~♪

マキより(はあと)

マキさん、こんばんは!
 
リージョン違いですか!(>_<) そういうこと、あるんですよね。
というか、字幕もなしのDVDを見れちゃうのはすごいわ。

いま調べたら映画館でまだやってるよ。千葉だと舞浜、都内だと有楽町などで。
けっこうロング上映になっているみたい。
体調が良ければ映画館もありではないでしょうか。

『遮断地区』は楽しんでもらっているようでよかった。
こういうの読むと、私はやっぱりイギリスの作家が好きだなと思うんですよ。

ひめさーん、こんにちは(◎´∀`)ノ

昼まっから
すでに、アルコール漬けのマキノコです( ̄▽ ̄)
↑処置なし。。


>というか、字幕もなしのDVDを見れちゃうのはすごいわ。


いえいえ。。
わたし、自分の名前のローマ字すら
おぼつかない女なんすよっっ!
完全に、酔っ払い注文でした。。反省。

>いま調べたら映画館でまだやってるよ。千葉だと舞浜、都内だと有楽町などで。
けっこうロング上映になっているみたい。


やー
千葉市から、舞浜って車でもけっこあってですね。。
↑千葉県は無駄に広いんす( ´艸`)プププ

ということで
たぶん、DVDになっちゃうんだろうなあ~泣。

わたし、映画は
基本、映画館でそれなりの銭を払い
スクリーン鑑賞するのが流儀でして・・
かなり不本意なのですが。。

「遮断地区」
平行読みだから、なかなか進みませんが
わたしも英国ミステリ好きかも。。
↑なんせ、カズオ・イシグロ死ぬほど好きだし。

マキより(はあと)

マキさん、こんにちは。
自分のブログなのにほったらかしで、コメントに気づかずごめんね。
これに懲りず、よろしくお願いしますm(_ _)m

映画館の件は仕方ないよね。
私でも最近は平日はもちろん、休日ですら出かけるのためらいますし。
言い訳させてしまってすまぬ。

そっか、千葉は広いよね。交通機関も東京経由になってしまうことあるしね。

カズオ・イシグロか。代表作の『日の名残り』を読んでいなくて残念ですわ。
先に映画版を見てしまったもので。

英国ミステリーの伝統的特徴って、漠然とですが、
視線がクールというか、悲劇も滑稽にみせてしまう客観性というか、
うまく表現できないけど、人間の多面的な描き方がちゃんとできてるなあという。
とりとめないですが…、そういうところが性に合う感じです。

ひめさーん、こんばんは(◎´∀`)ノ

>「遮断地区」


実はですね、これも読み止しで。。

で、改めて
最初から読み直したら
おもしろいって評したら失礼な作品かもなのですが
圧倒的な作品の力でもって
読み終わりましたヽ(´▽`)/

とにかく
ミステリとしても一級品というのか
人物一人ひとりに
魅せられたり
嫌悪したり。。

ひめさんの言うとおり
わたしも、小児性愛者って
嫌悪感しかなくて、
というか、嫌悪通り越して憎悪かな。。?
そんな偏見しかなかったのだけれど
彼は育ちも
現在もかわいそうな人だなあ。。
と、わたしまで悲しくなってしまった。。
↑反対に、彼の父親が嫌過ぎる。。
↑やっぱり、わたしって根から単細胞なんだろうな。
↑だって、こいつに対して色々深く考えたくもないんですもの。。

あの、よければ
彼女の作品で、次におすすめを教えて欲しいんです!
お正月に大事に読みたいなあ・・(はあと)


内田百けんを改めて
何度も繰り返し読んだりしていたのですが
最近、体調もあり
ビールも限られた中、
ほとんど読書で過ごしています。
おかげで
一日の大半シラフなので
ひめさんから知った本をまともに読めるように!
↑アルコールがそれなり入ると
わたしは集中力が続く無く
量のある海外ミステリを読みきる力をなくして
それこそ、出だしから面白いのに
読み止しだらけで。。\(;゚∇゚)/

↑ちなみに
今は「特捜部Q」を最初から読み直しています♪

かなりの
今更コメントごめんなさい。。

巻きより(はあと)

マキさん、こんばんは!

「遮断地区」覚えていてくれたんですね〜。
ありがとうございます!
12月になって毎年恒例のミステリーベスト10などがあちこちで発表されてますが、
この小説、かなり上位に入ってます。好評だったみたいでヽ(´ー`)ノ

ミネット・ウォルターズは私は好きですが、好みが分かれる作家のようです。
その中でも「遮断地区」は癖がないほうかな。
この路線だったら「破壊者」もいけますよ。
癖があるほうでいえば「蛇の形」が好きです。
とにかく弁のたつ作家さんで、敬遠する男性がいるのがこれを読むと分かります笑

名前が似てるという理由にすぎないですが、
マキさん、サラ・ウォーターズという作家は読みましたか?
この人も面白いですよ!

ひめさーん、こんばんは(*゚▽゚)ノ

体、いまいちなのに
無理やり、週末御徒町まで寄席に行ったら
その後、地獄。。(;´▽`A``

↑今週も病院ばかり・・という。。

>この路線だったら「破壊者」もいけますよ。
癖があるほうでいえば「蛇の形」が好きです。

きっと
両方買いますっ!

教えてくださり
どうもありがとう。

↑ちなみに、週末に会った
友だちにも「遮断地区」すすめちゃいました♪

「捜索部Q」
おもしろすぎるので、このシリーズ読み進めたいです♪
次は「キジ殺し」ですね♪
関係ないですが
デンマークもクローネなのですね。
デンマークのミステリって初めてですが
わたし的に超フィット( ̄ー ̄)ニヤリ
文句なしにおもしろいっっっ!
↑アサド~(はあと)


「チューダー王朝弁護士シャードレイク」
あっという間に読んじゃいました♪
主人公がせむしという苦悩が
自分のちんばと重なり
ブログ書こうかな・・?と思ったほど。
今は、具合が良くないので無理ですが
気がのったら、一つの記事にしたい。
↑これも次のも読みたいです~♪

「わが目の悪魔」
も、あっちゅう間に読んでしまいました♪
読みやすかったこともあるし
この手の話って
ノンストップですよね♪

赤ずきん・・買ったはずなのに
みあたらなく
今は「ディミター」読んでいます♪
↑拷問部分はしんどく、読み飛ばしてしまいましたが。。

ひめさんおすすめの本は
本当におもしろいヽ(´▽`)/

これからも
お願いします!

>マキさん、サラ・ウォーターズという作家は読みましたか?

今からぐぐって来ます♪

巻きより(はあと)

マキさん、こんにちは!

すごい勢いで本を読んでるんですね!
なんか感動してしまいました、というか恐縮です_(._.)_
大して冊数を読んでない、しかもかなりジャンルの偏った私の感想を参考にしてくださるとは…。

最近、私は読書もあまりはかどってないんですよ。
サッカーのネタばかり、ネットで漁って夜が更けてしまう毎日です(-_-;)

体調がかんばしくないのですか?
読書といえども、つい無理して起きていてしまったりするので、気をつけてくださいね。

「ディミター」最初は重いですけど、
個人的は今年いちばん感動した本かもしれません。
自分の年齢なんかも関係していると思うのですが…

ひめさん、こんばんは~(*゚▽゚)ノ

>すごい勢いで本を読んでるんですね!


いや、わたしは
もはや病気で。。
たとえば、ここにあげた本は数日で読み終わりました。
アル中がアルコールに溺れるように
本に溺れてしまうから
まともに日常がおくれなくなってしまうんですよね。。(u_u。)

お風呂以外
ごはんを食べるときさえ
左手に文庫ですから。
当然、家族とも口をきかず
メルのレスすらせず。。
完全に依存してしまうので、
アル中が禁酒しないといけないように、
わたしも家族から、
「読む時間を決めなきゃ。。」と呆れ半分忠告される始末です。。泣。
ちなみに精神科の主治医からも。。

ゲームやネット依存症と同じです。。

買ったら買っただけ読んでしまうので
買うタイミングを考えたり。。

依存症って嫌ですね。。

もうすぐ、Qのきじ殺しが終わります。
このシリーズ、
事件自体は陰惨なのに
カールやアサド等のキャラクターからか
ほがらかに読め
もううれしくて( ´艸`)プププ

「破壊者」はまだとどかないんですよ~。

「ディミター」
ひめさんのコメント読んだら、
大切に読もうと思って
お正月まで封印かも・・!

>体調がかんばしくないのですか?

そーなんですよ。
唾液腺が炎症おこしちゃって
抗生剤も効かなくて、結局ステロイド増やされ。。(;д;)
↑年末年始は入院したくないので!

明日は
友人と幕張で映画の予定です♪

巻きより(はあと)

マキさん こんばんは!

マキさんの本中毒の症状、びっくりだ! 
そんな集中力続かないもん、腰とか目とか肩とかいろいろ痛くなってくるし…
本当の本読みは違うね。
確かに、依存する理由にもよると思うので、なんともいえないですが。

Qシリーズは扱われてる事件と、レギュラー登場人物のギャップが酷いよね。
こんな楽しんで読んでいいのかしらと思うわ笑

いろんなところに炎症が起きるね、ほんと油断ならない。
年末年始、おだやかに過ごせますように。

今日は映画に行っているのですね。
ゼロ・グラビティ見たいわ〜。プレーンも笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/51399817

この記事へのトラックバック一覧です: ここ半年くらいを思い出して映画メモ:

« 「リーチャーを呼んでくれ」~『アウトロー』『スケアクロウ』ほか | トップページ | 災い転じて… 読書メモ『遮断地区』ほか »

インデックス

無料ブログはココログ