« ドイツの歴史ミステリ ~『首斬り人の娘』『濡れた魚』 | トップページ | 「オースティンの霊にお詫び申し上げたい」~『高慢と偏見、そして殺人』ほか »

2012年12月25日 (火)

「アガサ・クリスティばりだな」「まったくね!」~『サンタクロースは雪のなか』『喪失』『やし酒飲み』

『サンタクロースは雪のなか』アラン・ブラッドリー著/古賀弥生訳
(創元推理文庫 2012年邦訳)

クリスマスの季節、あたしはとっておきのサンタクロース捕獲計画を立てている。一方で父は、経済的困窮を打開するため、バックショー荘を映画撮影に貸し出すことにした。屋根修理基金を集めたい司祭がそれに便乗し、大女優に『ロミオとジュリエット』を演じてもらえることにもなった。けれど上演の夜、大雪で屋敷が孤立してしまい…(文庫カバーより)

Iamhalfsickofshadows はぅ~楽しかった! 最後はフレーヴィアと一緒に叫んだぜぃ!
化学実験(とりわけ毒物)が大好きな11歳の少女フレーヴィアのキャラクターが、個人的には4作目にしてようやくしっくりきた感じ。周りの大人や姉たちも魅力を増して……要するにこの小説の世界にすんなり入りこめるようになったということだけど、これこそシリーズ作品の醍醐味ってやつね。

化学知識だけは誰にも負けないフレーヴィアが、サンタクロースの存在は信じていて、姉たちにそれを実証するために、強力な鳥もちを開発して屋根の上の煙突に塗りつけ、サンタを生け捕りにしようとする。・・・おいおい、これのどこが「科学的な計画」なんだ? しかもサンタを捕まえたら、残りの子供たちはプレゼントをもらえなくなってしまうじゃないか。

てわけで、この底抜けの無邪気さ(たまにそそっかしい)がフレーヴィアの持ち味。しかし、事件となると、今度はその無邪気さを武器に大人を油断させるという名探偵ぶりを発揮。この作戦は、身近な人たちにはとうにバレてるらしいんだけど笑、そんなところが、大人たちの間をちょこまか走り回る姿とあいまってかわいらしくてたまらんです。

あと、負けず嫌いでもあるのね。映画の撮影隊や村人らでいっぱいの屋敷で死体が見つかり、シリーズでおなじみのヒューイット警部補が駆けつける場面。

「あたしたちは玄関広間をはさんで見つめ合った。別々の方角からやってきた二匹のオオカミが、羊でいっぱいの空き地で出会ったみたいに」

ここ、吹いたわ。フレーヴィアは本当は警部補が大好きみたいだけど、どうかこのままライバル関係を続けてくれ。

本作もほのぼのとするところ、しんみりするサイドストーリーもあって、ところどころで笑った。11歳の少女の目線で語られる物語だけど、さまざまな機微が盛り込まれているのが、またいいの。原題は"I am half-sick of shadows" 。テニスンの詩の有名な一節らしい(検索しまくった後に、扉に掲載されてるのに気づいた)。
*
*
*
『喪失』モー・ヘイダー著/北野寿美枝訳
(ハヤカワ・ミステリ 2012年邦訳)

当初は単純な窃盗と思われたカージャック事件。だが強奪された車の後部座席に乗っていたはずの少女はいっこうに発見されない。捜査の指揮を執るキャフェリー警部の胸中に不安の雲が湧きだしたとき、今回とよく似た手口の事件が過去にも発生していたことが判明した。犯人の狙いは車ではなく、少女だったのか! 事件の様相は一変し、捜査に総力が注がれる。だが姿なき犯人は、焦燥にかられる警察に、そして被害者の家族に、次々と卑劣きわまる挑発を…(裏表紙より)


Gone 2012年度アメリカ探偵作家クラブ最優秀長篇賞(エドガー賞)受賞。日本からはあの東野圭吾の『容疑者Xの献身』もノミネートされて話題になった回の受賞作だ。あの、と言いながら読んでいないけれど(映画はなんとなく見たけど)、すごく売れた「あの」を破っての受賞というのは、日本では強力な宣伝文句になるのか、ならないのか。たぶんならない気がする…。「あの」がアメリカで最も権威のあるミステリー小説賞にノミネートされたと聞いても、私は「あの」を読まなかったから。

これ、シリーズ作品の5作目だったのか…でも、それほど問題なく読めたと思う。警部がなぜたびたびホームレスと一緒に野宿するのかが不思議だったけれど。
内容は、現代ミステリーとしてはオーソドックスなものかな。真犯人が明かされていく展開とか、よくできていて面白かった。ただ、警察を欺く極めて頭のいい犯人という設定なのに、犯人が犯行を重ねた先にどういう結末をつける気でいたのかが明かされないまま終わったのは残念だったかも(私が見落としてたかな?)

著者は英国エセックス生まれの女性。最近読んだものの中では、アイルランドのタナ・フレンチとイメージがかぶる。
*
*
*
『やし酒飲み』エイモス・チュツオーラ作/土屋哲訳
(岩波文庫)

「わたしは、十になった子供の頃から、やし酒飲みだった」――。やし酒を飲むことしか能のない男が、死んだ自分専属のやし酒造りの名人を呼び戻すため「死者の町」へと旅に出る。その途上で出会う、頭ガイ骨だけの紳士、幻の人質、親指から生まれた強力の子……。神話的想像力が豊かに息づく、アフリカ文学の最高傑作。(文庫カバーより)

Palmwinedrinkard_2 タイトルだけは知ってたよ!今年初めて文庫になったんで買った。
まず思ったのは私が昔からよく見る夢の内容にとてもよく似ているということだ。童話のようでもある。そしてユーモアもある。こんなに有名な文学作品がこんなに読みやすくって、楽しくていいのかしら?と思ったほどだ。アフリカらしさを感じるのは「やし酒」や「ジュジュ」といった言葉くらいだ。本が刊行された60年前は新鮮だったかもしれないものが、シュールな漫画をある程度かじってきた私には、どこか懐かしい気もする、なじみを感じさせる世界だ。

ところが、巻末の文芸評論みたいな解説を読むと、「恐怖」がベースにある物語と書いてあったり、アフリカ神話とのつながりが説明されていて、しばらくポカンとしました。

« ドイツの歴史ミステリ ~『首斬り人の娘』『濡れた魚』 | トップページ | 「オースティンの霊にお詫び申し上げたい」~『高慢と偏見、そして殺人』ほか »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

「やし酒のみ」は20代前後で読んだ気がします。ヒメヒカゲさんが、見られた夢と重ね合わせるのは解ります。アフリカのお話というのは、想像オンリーというより、生活観から派生した不思議さを感じるんですよね。そんなに詳しくはないですが・・・。あと、ラテンアメリカもそんな感じがします。先進国は、科学の発達が、何かを邪魔しているんですかね。日本の昔話もかつてはアフリカ的だったんじゃないかと思います。

>k.m.joeさん
例年のように年末年始は、ネット環境から離れた実家に帰っていました。
本年もよろしくお願いします!
欧米の先進国はキリスト教の影響も大きそうですね。
キリスト教が広まったことによって、聖人の話に置き換えられたり、
一神教に反するものは消えていったり。

ひめさーん、こんばんはヽ(´▽`)/


>『やし酒飲み』

これ、ぜひ読みたいです♪
さて、アマゾンアマゾン!

今日は
地元の映画館で「テッド」観て来ました~ヽ(´▽`)/
↑しもネタ満載ですが
ぬい族愛にあふれた、とっても心がぬくくなる作品でしたぜ!

↑記事と関係ない話で
申し訳ないっす。。

マキより(はあと)

>マキさん

こんばんは!
「テッド」とは意外と思いましたが、そっか、ぬい族という共通点が笑
私も見たいなと思ってます。
トラと漂流した227日も見たいな。

最近見たのは唯一「レ・ミゼラブル」です。
ヒュー・ジャックマン、いい声してるな〜くらいでしょうか感想は。

『やし酒飲み』はとぼけたユーモアが好きでした。
マキさんはどういうふうに読むのかなあ。

ひめさーん(◎´∀`)ノ

お久しぶりです♪

まだ「やし酒飲み」はよんではいませんが
わざわざ、船橋のららぽーと迄出向き
アンダーソン新作
「ムーンライズ・キングダム」観てきましたよ~♪

めっちゃ良かったですヽ(´▽`)/
↑とにかく隅々まで、アンダーソン♪

わたしは
初めて、ブルース・ウィリスという役者を
いい!と思いましたぜ!

おすすめです♪

マキより(はあと)


マキさん こんにちは!

最近映画館から遠ざかっている私も、これだけは1日も早く見たいと
日曜日に行ってきましたよ「ムーンライズ・キングダム」

ほんと隅々までアンダーソン監督でした!
ひまを持て余している子どもが考えること、感じることもぎっしり。
そして、人情劇みたいなところもすごく良かった。
エドワード・ノートンが主人公の男の子に(見つかったとき)かけた言葉にぐっときた。

監督、期待を裏切らないですね!

ふふっ、ブルース・ウィルスは私は昔からけっこう好きなんですよ。
今回みたいな役だと「16ブロック」なんかも近い感じです。

ひめさーん(◎´∀`)ノ

>監督、期待を裏切らないですね!

はいっ♪
隅々まで、アンダーソンファンにはたまらない作品でしたね♪

色使い、構図はもちろん
人物設定まで。

わたし的には
二人の現実のクールと
二人の関係のクール
どちらも、心にぐっときました。
↑確かに、12歳の頃って
わたしもあんな感じでした。

月の昇る王国
二人にぴったりだ!


>エドワード・ノートンが主人公の男の子に(見つかったとき)かけた言葉にぐっときた。

はい♪
ブルースもノートンも
とても良い役柄というか。。

切ないんだけれど
わたしには
心がぬくくなる作品でした♪

あ、「テッド」続編決定みたいですね。
期待はしないで観に行く予定です( ̄▽ ̄)
↑ぬいファンだもの♪

マキより(はあと)

>マキさん
気づくの遅れてごめんねー。

そうそう、12歳って、後で考えるといちばんわけのわからない世界を
頭のなかで構築してそれに酔ってたりする年頃ですよね。

私的には二人が家出した理由を、ちゃんと大人が理解して
おおらかに包んであげるところが好きでした。

「テッド」も見ましたよ!
可愛かったね。あんな可愛い性格のくまさんとは思わなかった。
星一徹というセリフが飛び出したり、字幕が大胆で
なぜか広川太一郎を思い出してみたりなんかしちゃったり。
続編か・・・もうひとつ別のぬいぐるみが出てきそうな予感(笑

ひめさーん(◎´∀`)ノ
↑しつこいって!
↑だって、すっごく良かったんだもんっ!

>私的には二人が家出した理由を、ちゃんと大人が理解して
おおらかに包んであげるところが好きでした。

うんうん♪
わたしは、家出中の二人の無表情で
さめているんだか
熱いんだかわからない会話が好きです。
少女の本の読み聞かしとか。
後、主人公がブルースのキャンピングカーでの二人の会話も♪
妙にいい。


>星一徹というセリフが飛び出したり、字幕が大胆で

ライバルはくまもん!
字幕の監修、町田智浩さんらしく納得♪
↑わたしと妹で、マッチと言ったら町田さんですヽ(´▽`)/

>なぜか広川太一郎を思い出してみたりなんかしちゃった
り。

あ、知らないかも・・。
さっそくぐぐってみやす!


>続編か・・・もうひとつ別のぬいぐるみが出てきそうな予感(笑

それ、わたしも妹も話していたんすよっ!
「次は、絶対いろんなぬいが出てくんじゃん?」
と。
だから、わたしたちまったく期待はしていないけれど
絶対観に行きたいという♪

全てはアンビバレントですよなあ。。

マキより(はあと)

マキさん、こんばんは〜。

マキさんのやりとりを通じて、あの映画のよかったところが次々と思い出されてきたよ。

少女が読んでた本は実在の本だったのかな。英語タイトルなのでわからないけど、
最後におさらいが出てきたよね。
普通の人にはわざとつまらない場面を読んでいる感じがした笑

無表情だけど、少女が忘れた双眼鏡を取りに戻る少年が頼もしかったよ。

あと、ブルースがベットを少年に与え、自分はキッチンの床に寝ているのも
何気ないけど、すごく温かい気持ちになるし。

テッドの字幕・・・あ、そうだ!くまもんが出てきたところが
一番驚いたんだった!笑
そうか、町田さんが監修ね。
この映画、向こうでの公開からずいぶん日数たっているから、一度は日本公開が
見送られたんじゃないかと思うけど、公開したら大ヒットというところが
小気味いいですね。

続編は、テッド対チャッキーでもいいかも(冗談よ)

ひめさーん(◎´∀`)ノ

昨日から「やし酒・・」読みはじめました♪

っと、
また記事とはまったくの無関係なのですが
今日「世界でひとつのプレイバック」
観てきました♪

本当は少年とトラが観たかったのですが
タイムテーブルの関係上
世界に・・にしたのですが
期待しなかったのが良かったのか
時々、泣いてしまうほど。。

親父役のデニーロが脇役に徹しつつ
ものすごい存在感&安心感で
作品をまとめているように
わたしは思いましたヽ(´▽`)/

マキより(はあと)

マキさん、こんにちは〜。

「世界でひとつの〜」評判いいみたいですね。
私も見に行こうかな。

最近映画みるにも1800円というのがネックで、
といってレディースデイは週半ばで疲れていたり、見る機会減った。
単にどんどん不精になっているだけですが…。

デニーロもいいですね。
この人やブルース・ウィルスとかは、
どんな映画も出ているだけで安心する存在なんだと思います。

ひめさん、こんばんは(◎´∀`)ノ


最初、ちら読みして放置してしまった
「やし酒飲み」読みました~♪

なんというのか
わたしの(秘かな)どストライクといえばいいのか・・?
↑今でも児童文学好きなもので。。ヾ(;´Д`A
それに
摩訶不思議な物語って
子どもの頃から大好きなのも手伝って
まるで、一冊の美しい絵本を読む感覚でした♪

こんな物語
日本人の小説家は書けないだろうなあ。。
なんて思ってしまったり。。


本当に
あっというまに読み終えてしまうほど
誰にでも読みやすい作品なのに
読み終えた後、
「わたし、やし酒飲み 読んだんだよなあ。。(* ̄ー ̄*)」
と、悦に入れるというか
たぶんわたし死ぬまで、
この物語を忘れないと思います!

ひめさん、こんな美しい物語を紹介してくださり
どうもありがとう。

マキより(はあと)


追伸・・☆

なにげに、完璧な紳士(と一族)
好きだったり...( ´艸`)プププ

まきさん!こんばんは。
ブログほったらかしだったの、すみません。
「やし酒飲み」に関するやりとり覚えててくれたんですね〜ありがとう。

そうだね、児童文学や絵本に似た所ある!
私もそんなふうに読んでいたかなあ。
なのに巻末の解説がやたら硬くて、違和感あったわ(笑

完璧な紳士はわりと前のほうに出てきた話ですね。
なに、この小説!自由すぎる!と吹き出したことを覚えてます。

うん、確かに日本にもシュールな小説はあるけど
ここまでテライのないものはないかもしれませんね。

いつも感想を返してくれてありがとう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/48467274

この記事へのトラックバック一覧です: 「アガサ・クリスティばりだな」「まったくね!」~『サンタクロースは雪のなか』『喪失』『やし酒飲み』:

« ドイツの歴史ミステリ ~『首斬り人の娘』『濡れた魚』 | トップページ | 「オースティンの霊にお詫び申し上げたい」~『高慢と偏見、そして殺人』ほか »

インデックス

無料ブログはココログ