« 70年代のラオスが舞台のミステリー「シリ先生シリーズ」ほか | トップページ | 残されていた謎のメッセージ 〜『深い疵』『湿地』ほか »

2012年7月16日 (月)

「おれは犬はちっとも好きじゃない」〜『晩夏の犬』『特捜部Q―Pからのメッセージ―』〜

『晩夏の犬』コナー・フィッツジェラルド著/加賀山卓朗訳
(ヴィレッジブックス 2012年邦訳)

猛暑のローマで、男がめった刺しにされ殺された。被害者は動物愛護の活動家で、闘犬ビジネスの摘発に関わり、マフィアの恨みを買ったと思われた。捜査を率いるローマ警察の警視ブルームはプロにしてはどこか稚拙な手口に違和感をおぼえるが、被害者が現役国会議員の夫で、大物マフィアの娘とも愛人関係にあったことから、否応なく早期解決を迫られる。そんななか捜査線上に一人の男が浮上し、時を置かず捜査チームのメンバーが殺される。やがて明かされる事件の異常な動機と、加速する死の連鎖――ブルームは犯人を追いイタリアの街を疾走するが…。(文庫カバーより)

Dogsofrome ローマ警察の警視ブルーム・シリーズ第1弾。といっても、著者はイタリア在住のイギリス人で、主人公ブルームはアメリカ人。子供の頃に両親とイタリアに滞在中に銀行強盗に巻き込まれ、両親は亡くなり、孤児になったブルームはそのままローマに住み着いたという設定。警察の中でも異色の存在だし、街の大物マフィアに歯向かえば「この古代都市、地球上で最も偉大な首都の運営方法をわしに教えようというのか? さっさと祖国に帰って勉強し直すがいい」といなされる。

600ページ以上の長編。最初は犯罪現場など一つのシーンの描写がくどすぎて、面白みに乏しいんじゃないかと危惧したが、いや、これは侮れない。読み終わるころには小説の世界にはまっていた。
第一に孤高の警視ブルームに嫌味がない。思いついたのがイアン・ランキンのリーバス警部。…というか、キャラクターがだいぶ被る。著者は絶対にあのシリーズを意識してるでしょ? マフィアのボスであるインノチェンツィの存在は、リーバス警部シリーズのビッグ・ジェル・カファティを思わせるし。あっちのシリーズが終了した今、こっちを楽しみにしたくなる。

あ、ちなみにブルームは犬嫌いだが、猫は眼中にもないとか(笑

殺人犯は、特に目新しいタイプではないが、死に際が印象に残った。本当にこんなことを考えながら死んでいくものなのかもしれないね。


********************************************************


『特捜部Q ―Pからのメッセージ―』ユッシ・エーズラ・オールスン著/吉田薫・福原美穂子訳
(ハヤカワ・ミステリ 2012年邦訳)

「特捜部Q」―未解決事件を専門に扱うコペンハーゲン警察の新部署である。今回「Q」のカール・マーク警部補と奇人アサドのコンビが挑むのは、海辺に流れ着いたボトルメールの謎。ボトルから取り出された手紙には「助けて」との悲痛な叫びが。書き手の名前の頭文字はP。だが手紙の損傷が激しく、内容の完全な解読は難航した。Pはどうやら誘拐されたようだが、過去の記録に該当する事件は見当たらない…。(裏表紙より)

Flaskepostfrap シリーズ3作目も楽しい!おもしろーい!!! 北欧のミステリ賞「ガラスの賞」受賞作とのことだが、この3作目がいちばん完成度が高い気はする。たぶん誰が読んでも楽しめそうという点でいうと、R・D・ウィングフィールドのフロスト警部シリーズに匹敵するのではないかしら?

新興宗教にまつわる犯罪というのは、北欧ミステリーの得意分野なのかな。そんなイメージ。本作では、両親の信教により狂わされた男が、同じような熱心な新興宗教の信者一家を破滅させていく。
犯人は十数年も前から同じ犯罪を繰り返しており、その最新の犯罪のリアルタイムなストーリーと、ボトルメールを手がかりとする警察の過去をさかのぼっての捜査が並行して描かれ、サスペンスフル。果たしてカールたちは犯人を突き止め、現在進行中の犯罪を食い止めることができるのか。古い未解決事件を追っているのに、最後は時間勝負になるのは1作目の「檻の中の女」と同じだ。

シリア人とされるアサドの正体は依然として明かされないが、警部補のもう一人の部下ローセまでがこんな秘密を抱えていたとは。次作も楽しみです。

« 70年代のラオスが舞台のミステリー「シリ先生シリーズ」ほか | トップページ | 残されていた謎のメッセージ 〜『深い疵』『湿地』ほか »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ひめさーん(*゚▽゚)ノ

少しだけ
お久しぶりです!
(なんせpcが使えなかったので。。泣)

>『特捜部Q ―Pからのメッセージ―』

Qシリーズ
わたしのアマゾンでも必ずおすすめしてあって。。

でも
ひめさんの記事読んだら
さっそく読みたくなってきた!

でも、今の(副作用で)ポヨポよ頭で
はたして読めるのか
不安ですが。。
(しかし、買ってしまうんだろうな~)

禁煙も
つまづきつつも
続行中なので
余計頭がボーっとしちゃって。。

仕方なく
今は
食エッセイや旅エッセイなぞ
よんでいるのですが
そろそろまともに小説を読みたくて。。

まったく
本に依存しているわたしです。。

最近、何か
おもしろい映画はありましたか?

マキより
ひめさんへ(はあと)

マキさん、こんばんは〜。
ご無沙汰しております。オリンピックやサッカーばかり見てて、
ツイッターはやるけど、ブログ放置で、映画の感想も書いてない…。
といっても「ダークナイト ライジング」を観ただけなんですけどね。

お休みしてたのは、PC不調のせいでしたか。
禁煙、これだけ続けられたらもう確実じゃないですか!尊敬します。
クスリの副作用というのは集中力が続かないみたいな感じかな。
連日の暑さも関係してるかもしれませんね。

特捜部Qシリーズは、エンタメ小説として優れていると思います。
それ以上を求めてはいけない、って感じです笑
私は好きですけどね、こういうの。
子供のときの読書の楽しみに似てる。単純に楽しいから読むという。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/46349645

この記事へのトラックバック一覧です: 「おれは犬はちっとも好きじゃない」〜『晩夏の犬』『特捜部Q―Pからのメッセージ―』〜:

« 70年代のラオスが舞台のミステリー「シリ先生シリーズ」ほか | トップページ | 残されていた謎のメッセージ 〜『深い疵』『湿地』ほか »

インデックス

無料ブログはココログ