« 落日のスパイたち~「裏切りのサーカス」〜 | トップページ | 超シンプル! 〜「ル・アーヴルの靴みがき」〜 »

2012年5月 4日 (金)

「あなたは大切な子」忘れないで 〜「ヘルプ 心がつなぐストーリー」

「ヘルプ ~心がつなぐストーリー〜」(2011年 アメリカ)

キャスリン・ストケットの全米ベストセラーを映画化した感動のヒューマン・ドラマ。人種差別意識が根強く残る1960年代のアメリカ南部を舞台に、勇気ある行動で世の中に大きな波紋を投げかけた作家志望の若い白人女性とメイド(ヘルプ)として働く黒人女性たちとの友情の軌跡を綴る…(allcinemaより)


Help 南部のミシシッピ州、「分離すれども平等」の欺瞞がまだ根強く残る時代という舞台設定において、白人と黒人の間に築かれる友情が題材と聞くと、ひねくれものの私は一応警戒してみるのです。安易に泣かせたいだけの映画ではないのかと。ここにも欺瞞を見つけて嫌な気分になってしまうのではないのかと。

で、実際に観たら、泣けた〜笑 隣の席に自分と同世代の、やはり一人で来ていた女性が座っていたのだが、涙を拭うタイミングがいちいち同じで、途中から気まずくなった〜笑

アカデミー賞でもゴールデン・グローブ賞でも、エイビリーン役のヴィオラ・デイヴィスが主演女優賞のノミネートに終わり、ミニー役のオクタヴィア・スペンサーが助演女優賞を獲得って、何か不公平な気がしてしまう。デイヴィスの役柄・演技のほうが好きだった。スペンサーの顔つきや役柄って、昔からアメリカ映画で好まれてきた黒人そのものじゃない? やっぱひねくれてるか、わたし笑


**********************************************


気づいたら観たい映画がいろいろ上映中で困るよまったく。昨年度の映画賞で話題だった映画もこの時期に集中するからかな。1日2本消化も考えたけど、いまの私には贅沢だってことで、1日1本、厳選していくしかない。

次はアキ・カウリスマキの「ル・アーヴルの靴みがき」。「ブライズメイズ」などコメディー系もたまには観たいし、ロバート・ファン・ヒューリック原作の「王朝の陰謀」、話題の史実を扱った「オレンジと太陽」も気になる。しかし、そんなことを言っていたらアカデミー賞の「アーティスト」は観ないで終わってしまいそう。うん、たぶん観損なうだろうな。その後もアレクサンダー・ペインの「ファミリー・ツリー」、アルモドバルの「私が、生きる肌」などが控えている。忘れないように自分用にメモしておく。

« 落日のスパイたち~「裏切りのサーカス」〜 | トップページ | 超シンプル! 〜「ル・アーヴルの靴みがき」〜 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

やっぱり、この設定は警戒しちゃうんですよね。しかもベストセラーって。
女優さんの違いは分かりませんが、「黒人像を上手く演じた黒人」が評価されたってことですかね。なんだかサッチモの笑顔を思い出しました。

>k.m.joeさん
オクタヴィア・スペンサーのもって生まれた顔にケチつけるわけではないですが、
そうそう、まさにサッチモ顔です!
そして、太っていて、陽気でパワフルで、笑わせてくれる役。
この人を初め、黒人も白人も型にはまりすぎているのが気になりましたが、
でも、映画の内容は思っていたより抑えが効いていましたよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/45127642

この記事へのトラックバック一覧です: 「あなたは大切な子」忘れないで 〜「ヘルプ 心がつなぐストーリー」:

« 落日のスパイたち~「裏切りのサーカス」〜 | トップページ | 超シンプル! 〜「ル・アーヴルの靴みがき」〜 »

インデックス

無料ブログはココログ