« 炎はその命を手放さなかった 〜『火焔の鎖』ほか | トップページ | Big Daddy Kane with special guest Kurtis Blow »

2012年4月21日 (土)

2組の夫婦の対比が面白い 〜「別離」〜

去年の7月で止まっていた映画メモ、再開!となればいいんですけど。


「別離」(2011年 イラン)

テヘランに暮らす夫婦ナデルとシミン。妻のシミンは娘の将来を考え、海外への移住を計画していた。しかし準備が進む中、夫のナデルは、アルツハイマー病を抱える父を残しては行けないと言い出す。夫婦の意見は平行線を辿り、ついには裁判所に離婚を申請する事態に。しかし離婚は簡単には認められず、シミンは家を出てしばらく別居することに。一方ナデルは父の介護のため、ラジエーという女性を家政婦として雇う。ところがある日…(allcinemaより)


Nadersiminseparation アスガー・ファルハディ監督・脚本・製作。昨年のベルリン国際映画祭金熊賞をはじめ、主要な欧米の外国映画賞をほぼ総なめにしたイラン映画が公開。都内ではたった1館って少なすぎるだろ?

ナデルとシミン夫妻はおそらく高学歴で生活にもゆとりがある。古いしきたりにそれほど縛られることもなく、きわめて現代的な考えの持ち主だ。対して、この夫婦とあることをめぐって裁判で争うことになる家政婦のラジエーとその夫は、貧しく保守的。妻はイスラムの戒律に背くことを死ぬほど恐れ、夫は家長としての面子が汚されることに激怒する。結局、この2つの夫婦の対立も平行線のままで、「嘘をついているのはどっちなのか」というミステリー要素もはらみ、会話中心の内容ながら最後まで緊張感を保ち、目が離せない。珍しく映画館で眠くならなかった!

対アメリカ・対イスラエル姿勢を明確に打ち出すなど、何かと話題のイランなので、その国の映画が欧米で評判となれば、イラン・バッシングを増長させる要素をもった内容なのかもと考えていた。たしかに刑罰の重さ、女性の境遇などイスラム国ならではの面はあったが、家族の問題については普遍的で、純粋に映画の出来の良さを評価されたらしいことが分かり安堵。
見終わって印象に残るのは、人知れず苦しんでいた娘のテルメー。両親の離婚に振り回される子供という、最近では忘れがちな、そして珍しくもないためかまずは映画のメインテーマになりにくい題材に思わず感動させられて、むしろすごく平和的な映画じゃないかと、ほのぼのしてしまったほどだ(戦争や犯罪映画、心が病んでる人の映画に比べればってことですが)。

この娘役の子がとても雰囲気が出ていて、あとで調べたら監督の実娘だった。ラジエーの幼い娘役の子も、いかにもイラン映画の子役らしい顔をしていて愛らしい。

映画館を出たところで、若い女性が友人と「ラジエーの行動が理解できない」と腹立たしげに話していたが、いや、あの女性は単に教育が欠けているだけと思えば、理解できる範囲。むしろ、アルツハイマーの義父をおいて離婚をしてまで、娘をつれて国を出たがるナデルのほうが身勝手じゃんと私は感じたけど、イランの国の事情を暗に示しているのかもしれずなんともいえない。ちょっとひっかかるところではありました。

« 炎はその命を手放さなかった 〜『火焔の鎖』ほか | トップページ | Big Daddy Kane with special guest Kurtis Blow »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/44970861

この記事へのトラックバック一覧です: 2組の夫婦の対比が面白い 〜「別離」〜:

» 2組の家族から [笑う学生の生活]
17日のことですが、映画「別離」を鑑賞しました。 娘の教育のため海外移住を考えているシミン、父の介護のため反対のナデル シミンは家を出て 別居となり ナデルは介護人を雇うのだが・・・ アカデミー外国語映画賞を受賞もした本作 イラン映画だが ここに描かれている...... [続きを読む]

« 炎はその命を手放さなかった 〜『火焔の鎖』ほか | トップページ | Big Daddy Kane with special guest Kurtis Blow »

インデックス

無料ブログはココログ