« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月18日 (日)

東も西も、北も南も、神のものである 〜『わたしの名は赤』『オスカー・ワオの短く凄まじい人生』

深夜にサッカーばかり見てるせいで電車で居眠り。読書がはかどりません。


『わたしの名は赤』オルハン・パムク著/宮下遼訳
(ハヤカワepi文庫 2012年新訳)

1591年冬。オスマン帝国の首都イスタンブルで、細密画師が殺された。その死をもたらしたのは、皇帝の命により秘密裡に製作されている装飾写本なのか……? 同じころ、カラは12年ぶりにイスタンブルへ帰ってきた。彼はくだんの装飾写本の作業を監督する叔父の手助けをするうちに、寡婦である美貌の従妹シェキュレへの恋心を募らせていく…(文庫カバーより)


Watashinonahaaka 一度は読んでみようと思っていたトルコの作家。『わたしの名は紅』(藤原書店)が新訳で文庫化というので購入。こういうふうにミステリ小説の形式をとっていると、犯人探しの目的ができて、膨大な固有名詞登場に対する素養不足にひるむことなく読み進められるね。
でも、この小説のテーマは犯人探しなんかではなくて、16世紀のオスマン帝国で隆盛をきわめた細密画(ミニアチュール)の名人絵師たちが、自分たちとはまったく異なる技法(遠近法など)で描かれた西欧の絵画を知ることによって起きる心の葛藤。時代の変わり目において、滅びようとするものが最後の輝きを放つかのように、細密画工房の職人たちの修行の様子や、珈琲店に集う人々などイスタンブルの市井がこまやかに描かれていて、そこもまた魅力だ。

イスラム文化圏の絵画芸術についても、ほとんど知らなかったのでとても面白かった。偶像崇拝の禁止はよく知られるところだが、絵画も正当には認められず、その代わりに写本の挿絵(細密画)というかたちで絵画が発展してきた歴史があること。オスマンの細密画は中国とペルシャの系譜にあり、彼の地の高名な絵師の画風を忠実に写しとるのをよしとし、個性を出すのは邪道とされた。それによって、高貴な女性はみな細い目をもつ中国美人に描かれていることなど。

絵師たちが美少年を追いかける楽しみをたびたび語っているが、以前のイスラム圏では、女性を守るという名目でそっちは大目に見られていたらしい。最後の最後で、著者が自分自身をこの小説の中にこっそり忍び込ませていたことを知ってニヤリとする。


******************************************


『オスカー・ワオの短く凄まじい人生』ジュノ・ディアス著/都甲幸治、久保尚美訳
(新潮クレスト・ブックス 2011年邦訳)

オスカーはファンタジー小説やロールプレイング・ゲームに夢中のオタク青年。心優しいロマンチストだが、女の子にはまったくモテない。不甲斐ない息子の行く末を心配した母親は彼を祖国ドミニカへ送り込み、彼は自分の一族が「フク」と呼ばれるカリブの呪いに囚われていることを知る。独裁者トルヒーヨの政権下で虐殺された祖父、禁じられた恋によって国を追われた母、母との確執から家をとびだした姉。それぞれにフクをめぐる物語があった…(書籍カバーより)

Oscarwao
ピュリツァー賞と全米批評家協会賞を受賞作。
少し前に読んだハイチが舞台の探偵小説『ミスター・クラリネット』でデュヴァリエ独裁政権について読み齧り、これは同じ西インド諸島のドミニカ共和国が舞台で、やはり登場する強烈な独裁者トルヒーヨ! 都市に権力者の名前をつける例はほかにもあるけれど、国で最高峰の山を自分の名前に改名してしまうほどだからどれだけやりたい放題だったかうかがい知れるってもんよね。で、半世紀にわたって日本国を相手に訴訟が続けられてきたドミニカ移民も、このトルヒーヨ政権時に渡航したんだと考えると心底ぞっとするわ。

オタクがはまりこむマンガやアニメ、SFやファンタジーには詳しくないので、ドミニカの暗い過去、一家が味わってきた苦難とともに、ポップカルチャーの軽やかさも備えたこの小説の複合的な面白さを感じ取れたかどうかは自信がない。本の帯にある推奨の言葉もあまりぴんと来ないんだけど、知らない国のことが豊富に盛り込まれた小説は好物なので、入り組んだ構成にちょっと戸惑いながらも楽しめた。

抑えつけるものから自由になろうとする中で壮絶な経験をし、アメリカに渡って女手で2人の子供を育て上げたオスカーの母親の描かれ方が強烈だ。そして、主人公のオスカーについては、最後に思わず発見できたものに感動する姿にしんみりきた。この終わり方はよかった。

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

インデックス

無料ブログはココログ