« 赤い色って苦いってこと知ってた? 〜『エージェント6』 | トップページ | 「“バーン”の数が多すぎる」〜『冷血の彼方』ほか »

2011年10月23日 (日)

良心の呵責、取り払います 〜『謝罪代行社』

『謝罪代行社』ゾラン・ドヴェンガー著/小津薫訳
(ハヤカワ・ミステリ 2011年邦訳)

失業したクリスら4人の若い男女は、依頼人に代わって謝罪する仕事を始めた。ある日、彼らの一人が指定の場所に行くと、壁に磔にされた女性の死体が! 依頼人は死体に謝罪し、それを録音して送ること、死体を始末することを求めた。家族の身を守るため拒否はできなかった。やがてさらに不可解な事件が起き、彼らを悲劇が襲う…(裏表紙より)

Sorry ドイツ育ちのクロアチア人作家、その目新しさにひかれて読む。
職がない若者たちが主人公なのはタイムリーな気がした。が、彼らが始めた謝罪代行社というのが、現実感に乏しすぎる。そんな仕事に需要はあるのか? 手紙ですませればよくない? しかし、これが大当たりしてしまうらしい。そこから先もよく理解できないことばかり。なんでそういう行動に出るのかなあと感じること多々。終盤、すべての発端となった出来事の主犯らしき男が姿を表すが、これまた深く掘り下げられていない気がしてしまう。

破滅に向かっていく物語がもともと好きじゃないせいもあるだろうけど、むー、すっきりしません。でも、これが英米とは違うドイツらしさか? フランスのミステリ などに近い感じはするので。

ポケミス創刊35周年記念作品にこの作品を選ぶとは、思い切ったことをしたね。ドイツ推理作家協会賞受賞作。

*************************************

『文章教室』金井美恵子
(河出文庫)

恋をしたから〈文章〉を書くのか? 〈文章〉を学んだから、〈恋愛〉に悩むのか? 普通の主婦や女子学生、現役作家、様々な人物の切なくリアルな世紀末の恋愛模様を、鋭利な風刺と見事な諧謔で描く…(文庫カバーより)

Bunshokyoshitu 1983年の作品。恥ずかしながらというか、金井美恵子、初めて読んだ。前からエッセイみたいなのは目にしていたけど。
この辛辣なユーモア、好きだわ〜。刊行当初はモデルとなった人物は誰か、いろいろ言われたんだろうけど、その点はそれほど興味を引かない。登場人物、それぞれ与えられた役割を期待通りにこなしてくれて(と読み終わったあとに気付くが、予想していたわけではない)、それが楽しかった。続篇も読んでみようっと。

« 赤い色って苦いってこと知ってた? 〜『エージェント6』 | トップページ | 「“バーン”の数が多すぎる」〜『冷血の彼方』ほか »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/42648116

この記事へのトラックバック一覧です: 良心の呵責、取り払います 〜『謝罪代行社』:

« 赤い色って苦いってこと知ってた? 〜『エージェント6』 | トップページ | 「“バーン”の数が多すぎる」〜『冷血の彼方』ほか »

インデックス

無料ブログはココログ