« 父から子へ受け継がれるもの 〜「BIUTIFUL ビューティフル」〜 | トップページ | ウィンズロウ2作 〜『サトリ』『夜明けのパトロール』〜 »

2011年7月23日 (土)

アメリカ移民100年史 〜『アコーディオンの罪』〜

読み残していたアニー・プルーをようやく読む。

『アコーディオンの罪』E・アニー・プルー著/上岡伸雄訳
(集英社 2000年邦訳)

100年ほど前、シチリア島からアメリカ・ニューオリンズに渡ったアコーディオン職人が魂を込めて1台のアコーディオンを作った。緑のボタン・アコーディオン。このアコーディオンがその後100年、アメリカじゅうを転々とし、さまざまな人種の手に渡る——シチリア系、ドイツ系、メキシコ系、フランス系(ケイジャン)、アフリカ系、ポーランド系、アイルランド系、バスク系、ノルウェー系。そしてそのたびに異なる民族音楽を奏で、その魅惑ゆえに、ときに持ち主たちを過酷な運命に陥れる。そんな罪作りなアコーディオンの物語…。(訳者あとがきより)


Accodioncrimes 『港湾ニュース』の次に上梓された著者の長編2作目。主役は2列ボタンの小型アコーディオンだが、短編集風の各章のとびらにはさまざまな種類のアコーディオンのイラストが添えられている。(『港湾ニュース』では、さまざまなロープ結びのイラストが添えられていた。)

民族音楽に密接な楽器アコーディオンをつなぎの小道具に、描かれているのは名もない人たち(移民の一家)の人生や生きざまであり、そこから浮かび上がるアメリカ移民100年の歴史。一章一章が、風土色たっぷりで、物語の構成もとてもバラエティに富んでおり(緑のアコーディオンが登場人物によって必ずしも奏でられるわけでない)、読み応えがあった。ふー、やはりこの著者の小説は面白い。好きだー。途中の章で緑のアコーディオンに仕込まれたへそくり(大金)が、どの時点で発覚するか、そうやって読者の興味をつなぎとめる手法もうまいね。

総じて登場人物が悲惨な目に遭う話が多いのだが、この著者独特の説話的な文体から「人生はクローズアップで見れば悲劇、ロングショットで見れば喜劇」というチャップリンの言葉を思い浮かべる。特に最終章は感慨深い。
いちばん印象に残ったのは、物覚えがつかないうちにフランス系移民の両親に捨てられ、アイデンティティを得られず虚しさを抱えたまま生きるドロールの物語。切なかった〜。

日本では出版時あまり話題にならなかったのかな? もったいないね。少なくとも先日読んだ『古書の来歴』(同じくピューリッツァー賞受賞の女性作家の小説で、1冊の書物の運命をたどる)よりは、ずっと文学らしい文学だった。


« 父から子へ受け継がれるもの 〜「BIUTIFUL ビューティフル」〜 | トップページ | ウィンズロウ2作 〜『サトリ』『夜明けのパトロール』〜 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ひめさーん、こんにちは(*゚▽゚)ノ

今日の千葉は雷がひどいです。


ひめさんの記事を読んだら、すごく読みたくなっちゃった♪
後で、さっそくアマゾンにいってみます!

ところで
「ツリー・オブ・ライフ」はもう観ましたか?
わたし、何ヶ月ぷりの劇場なのに
トラウマになるほどしんどい作品でした。。
あれが芸術映画だ!
と言われたら
じゃあ、わたし一生芸術解さなくていいです。。
みたいな。
(もし、ひめさんが良いと思っていたら
謝ります、ごめんなさい)

マキより(はあと)


追伸★

頼んじゃった♪
楽しみです~♪

マキ

マキさん こんばんは!ヽ(´▽`)/

おお、読まれるですか! 
実はこの本、すごく分厚くて、私のペースだと2週間かかりました。
途中で「長い、長い」と言いながら読んだくらい。
マキさんならそんなにかからないと思いますが、
長いうえに、お口に合わなかったらすみません!

この作家さんの本で自分がいちばん好きなのは「オールド・エース」です。

「ツリー・オブ・ライフ」はマキさんの好きなブラピと、そしてショーン・ペン。
面白い組み合わせですよね。
実は前から誘われているのですが、
最近、映画館に行くと意識なくす癖がついてしまって、目を開けておくのが拷問。
もう一生、映画館を楽しめないかもしれないと思っているくらいです。

派手派手な映画で試してみようと、先日「トランスフォーマー3」で実験。
が、やはり上映前の予告の時間からまぶたが閉じるのを我慢できず、
上映中は最後までもうろうとしてました。
ひょっとして糖尿病?なんて思ったりもしてますが。

それで、「ツリー・オブ・ライフ」も確実にうとうとします。
しかし、マキさんがしんどいというのは、よほどしんどいですね。
逆に興味が湧くような・・・。タイミングで見にいくかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/40927646

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ移民100年史 〜『アコーディオンの罪』〜:

« 父から子へ受け継がれるもの 〜「BIUTIFUL ビューティフル」〜 | トップページ | ウィンズロウ2作 〜『サトリ』『夜明けのパトロール』〜 »

インデックス

無料ブログはココログ