« 最近観た映画 〜「RED/レッド」「ザ・タウン」〜 | トップページ | 最近読んだ文庫 〜『黒き水のうねり』など〜 »

2011年2月27日 (日)

花粉症に負けた 〜「シリアスマン」「トスカーナの贋作」〜

花粉症の薬を飲んでから映画館に行くというポカを今年もまたやらかした。しかも、1本だけで止めておけばいいのに、せっかく渋谷まで出たのだからという欲が働き2本ハシゴ。だってどっちも渋谷でしか上映してないんだから。
どっちも途中で眠ってしまったので、感想を上げるのが気が引けるが、いちおう。


「シリアスマン」(2009年 アメリカ)

コーエン兄弟が、実際に少年時代を過ごした中西部のユダヤ人コミュニティを舞台に描く異色のブラックコメディ。ごく平凡な人生を送っていた真面目な主人公が、ある日突然次々と不条理な不幸に見舞われ、人生の坂道を怒涛の勢いで転げ落ちていく悲劇の顛末をシニカルなタッ チで綴る…(allcinemaより)

Seriousman 前回のアカデミー賞作品賞や脚本賞のノミネート作であり公開初日、しかも都内では1館だけの上映にも関わらず映画館が空いてた! でも、どうしてだか観て分かった気がした。

これは、ユダヤ教やユダヤ系の風習などに詳しくないと、本当の面白さは理解できない内容なのではないか。少なくともコテコテにまぶされたコーエン流の笑いのツボを理解していないと厳しい。個人的には好きなタイプの映画だったので、途中でうつらうつらしてしまいもったいなかった。

ジェファーソン・エアプレインの「Somebody to Love」の歌詞と曲調が効果的に使われている。最高位のラビが、あの歌詞を否定しなかったところが、ラビの懐の深さをうかがわせて良かった。親父も思い切ってお隣さんと一度浮気しちゃえば案外ハッピーな人生を切り開けたかもしれず…。そして、最後の場面が超絶コーエン兄弟らしい。文字通り、もう笑い飛ばすしかないじゃんって感じ。この終わり方は好きだ。

主人公がラビに相談に行くときに「境界線の知者」というのが登場して、マイケル・シェイボンの『ユダヤ警官同盟』をコーエン兄弟が映画化する予定というのを思い出したけれど、あの映画化の話は流れて、代わりにやりたかったことをこの映画に反映させたのかなと想像。


******************************************


「トスカーナの贋作」(2010年 フランス/イタリア)

イランの巨匠アッバス・キアロスタミ監督がイタリアのトスカーナ地方でロケを行い、主演にフランス人女優ジュリエット・ビノシュと、これがスクリーン・ デビューの英国人オペラ歌手ウィリアム・シメルを迎え、国際色豊かな体制で撮り上げた異色の恋愛ドラマ…(allcinemaより)

Certifiedcopy_3 うーん、手強い。これこそ真ん中あたりで居眠りしてたら台なし! 本当のところの解釈は自由というのは分かる。ビノシュの怖さを生かした映画だというのも・・・ドレスの胸元から安っぽいブラジャーがずっとはみだしてても違和感ないのは、ビノシュくらいだ。私はこの年になって、彼女の良さがわかってきたかも?笑

「本物よりも贋作のほうが美しい場合がある」という言葉が映画の鍵になっているんだろうか。ぱっとは気づかない仕掛けがいろいろとありそうに思わせる。一方で、トスカーナの観光映画をキアロスタミにお願いした?と思えなくもない。微妙にポイントをずらして、例えば広場の彫刻は全貌を見せなかったりするけれども。


« 最近観た映画 〜「RED/レッド」「ザ・タウン」〜 | トップページ | 最近読んだ文庫 〜『黒き水のうねり』など〜 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ひめさん、こんばんは(*゚▽゚)ノ


「シリアスマン」 
わたしもコーエン兄弟だし観たいな~・・って思っていたのですが。。
うーん、ひめさんのレビューを読むと観たくなるんだけど
わたしの中で、コーエン作品には当たり外れがあり・・悩むな~。

今は、とりあえず「英国王のスピーチ」と「ブラック・スワン」
が観たいです~ヽ(´▽`)/

というか
花粉症しんどいでしょう・・(;д;)
わたしは、すぎ花粉思いっきり血液反応出ているんですけど
日ごろのステロイドのおかげ(?)で
毎年セーフなんですよね(;´▽`A``
うちは、親父だけが花粉症なんですが
毎年「せつないな~せつないな~」とこぼしています。。
(どうやら、親父にとって目のかゆみその他花粉症の症状は「せつない」らしいです。。)

↑親父が「せつない」と嘆くのは、一年でこの時期だけなので、なんかはたで聞いてておかしくて!

マキより(はあと)

>マキさん、こんばんは。

花粉症がせつないって表現、なんかわかるわ〜笑
涙と鼻水が止まらないと、自然とそんな気持ちになるものよ。
私はまだ花粉症という言葉を聞いたことがないときから花粉症ですが、
ふだんの家と職場の往復くらいだと症状は割と軽くて助かってます。

「英国王のスピーチ」「ブラック・スワン」・・・うん、この2本は私も見なくちゃと思ってます。
しかし、アカデミー賞は、今年もつまらない結果に。映画を観る前に言うべきじゃないけど「ソーシャル・ネットワーク」でいいじゃんと思いました。

「シリアスマン」は、やはりコーエン兄弟なので、なにげないカットが面白いんです。私は好きでしたよ。

ひめさーん、こんばんは(*゚▽゚)ノ
観てきました、「シリアスマン」

友人は「ふつう・・」と言っていましたが
わたしは、実にコーエン兄弟らしい作品だと思いました♪

ほぼひめさんと同じ感想で
ラスト、本当に「これぞ、コーエン兄弟っ!」でしたね。

まあ、人生なんて理不尽の連続なんだけど
主人公かわいそう通り越して、悪い笑いを誘いますよね。
悲劇は喜劇!

わたしも意地悪なほうだけど
コーエン兄弟も相当意地悪ですね( ̄ー ̄)ニヤリ

観てよかったです♪

マキより(はあと)

>マキさん
こんばんは。
見ましたか〜。ずいぶん時間をかけてあちこちで上映してるんですなあ。
感想、きけて良かった。

トゥルー・グリットより、ずっとコーエン兄弟らしいですよね。
あのブツっとぶったぎって終わるラストが気に入ってる私も意地悪いかも笑

基本、ひねくれたコメディが得意な人たちだと思いますが、ロック好きな息子なんかをみると、それだけじゃないというか、
うん、好きな映画です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/39038445

この記事へのトラックバック一覧です: 花粉症に負けた 〜「シリアスマン」「トスカーナの贋作」〜:

« 最近観た映画 〜「RED/レッド」「ザ・タウン」〜 | トップページ | 最近読んだ文庫 〜『黒き水のうねり』など〜 »

インデックス

無料ブログはココログ