« ハッカーは何を夢見る? 〜「ソーシャル・ネットワーク」〜 | トップページ | 中部ヨークシャーのアンタッチャブルとか! 〜『午前零時のフーガ』〜 »

2011年1月17日 (月)

カントナだからね。 〜「エリックを探して」〜

社会派といわれるケン・ローチ監督。意表をついてのほのぼのコメディ!

「エリックを探して」(2009年 イギリス/フランス/イタリア/ベルギー/スペイン)

マンチェスターの郵便配達員エリック・ビショップは、しょぼくれた中年オヤジ。2度の結婚に失敗した彼は、7年前に出て行った2度目の妻の連れ子2人を一人で育ててきた。しかし、その2人の息子はいまやすっかり問題児。おまけに、未だに心から愛しているものの、今さら合わせる顔がないと感じていた最初の妻リリーと再会しなければならなくなり、気持ちが沈んでいた。そんな彼の心のアイドルは、地元フットボールクラブの英雄、エリック・カントナ…(allcinemaより)

Lookingforeric この映画、マンチェスターユナイテッドで「キング」と呼ばれたエリック・カントナは出演だけでなく、原案と製作にも携わっている。で、まずは主人公のオヤジの部屋の壁に貼られた等身大のエリック・カントナのポスターに吹き出すんだけど、カントナだから嫌みがないのよ。で、クライマックスのどたばた展開も、数々の武勇伝?を残したカントナが題材なので、これまた大いにありです。

落ち込んでやけを起こしたオヤジが息子の部屋からくすねたマリファナを吸うと、カントナが目の前に出現。オヤジの愚痴に対して、次々とフランス語で格言を繰り出して励ます。カントナの姿は他の人には見えない。要するにオヤジの妄想なんだけど、夢見る若い子がやるような妄想をオヤジがやって違和感ないのは、彼がサッカーのサポーターだから(というのを先日読んだ『ぼくのプレミア・ライフ』で私も理解したつもり)。

一方で、郵便局の仲間たちとの愉快なやりとりや、息子を守ろうとして味わう恐怖など、一つ一つの場面がとても自然で、完成度が高い。ひとことでセンスが良い。面白かったです。


« ハッカーは何を夢見る? 〜「ソーシャル・ネットワーク」〜 | トップページ | 中部ヨークシャーのアンタッチャブルとか! 〜『午前零時のフーガ』〜 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

まだ1月ですが、今年見た中でナンバー1かも!!!!
私、この映画見て、多分泣くところでは無いところで泣いちゃいました(笑)

俳優、カントナ。
自分で、企画を持ち込んだとかなんとか!なかなかですなー。

ようやく映画の情報にも目を通し始めまして、もう終わりかけている見たい映画が何本もあることに気づき、慌てて行ってきました。

あの年頃の子供を持つ親が見たら、ひやひやするところがありそうです。

カントナくらいは私でも知ってまして、で、年上のように思っていたら、年下だったわ。時間の感覚をなくしている…。
「クリクリのいた夏」も良かったね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/38498699

この記事へのトラックバック一覧です: カントナだからね。 〜「エリックを探して」〜:

« ハッカーは何を夢見る? 〜「ソーシャル・ネットワーク」〜 | トップページ | 中部ヨークシャーのアンタッチャブルとか! 〜『午前零時のフーガ』〜 »

インデックス

無料ブログはココログ