« 群像劇って難しいね 〜「黴菌」〜 | トップページ | 愛菜ちゃん!愛菜ちゃんだよね? 〜「キック・アス」〜 »

2010年12月30日 (木)

銃社会アメリカの危うさを描き続ける 〜『夜は終わらない』〜

本作より著者の名前からミドルネームの「P」が消えたらしい。

『夜は終わらない』ジョージ・ペレケーノス著/横山啓明訳
(ハヤカワ・ミステリ 2010年邦訳)

ワシントンDC。麻薬、貧困、人種間の争いが蔓延する街——。刑事ラモーンは、この街の犯罪との終わりなき闘いに日々神経をすり減らしている。そんな彼でさえ、やるせなくなる事件が起きた。犠牲者は少年で、しかも息子の友人。事件の解決を心に誓い捜査を始めたラモーンは、20年前の未解決連続殺人事件との類似点に気づく…。(裏表紙より)

Nightgardner ノンシリーズの本作は、なんと警察ミステリ。主人公は型破りなことを好まず、家庭を第一に考えているごくノーマルな刑事で、ペレケーノスの他の作品に比べると若干地味な印象を受ける。しかし、取り上げるテーマは、探偵デレク・ストレンジ・シリーズから引き続き、ワシントンDCおよびその近郊の、貧困者の吹き溜まり地域に生まれ育ったばかりに犯罪に巻き込まれ、死んでいく子供たちのこと。特に銃社会の犠牲になる青少年をペレケーノスは描き続けている。巻末には(おそらく暴力犯罪に巻き込まれて)現実に亡くなった子供たちの名前を羅列して、哀悼の意を表している。

ソウルミュージックに関するネタや、どこかに西部劇的なドンパチ場面を入れてくるのは、いつものペレケーノスなのだが、なんだかどんどん生真面目になってきていやしないか。実際、生真面目にならざるを得ないくらい問題は深刻なんだろうね。アメリカではマスコミもこうした実態を、取るに足らないことのようにほとんど報道しないと、以前に著者自身があとがきで書いていた。


***************************


『ぼくのプレミア・ライフ』ニック・ホーンビィ著/森田義信訳
(新潮文庫 1992年邦訳)

ところで、本田圭佑は今冬にイングランドプレミアリーグに移籍できるの?どうなの?というのが目下最大の関心事だったりして、こまめに海外サイトまでチェックしてるオレ。この冬はアジア杯があって移籍が難しいとしても、夏にはリバプールあたりにいてほしい!
で、思い出して、出版されて以来ずっと積ん読していた本をようやく読む。とっくに映画にもなっているんだけどね…。


Feverpitch 熱狂的アーセナル・ファンの著者が、11歳のときに突然フットボールに恋に落ちて以来のフットボール漬けの人生を、記憶に残っている試合とともに振り返ったエッセイ風小説。
綴られているのは1968年〜91年の出来事で、もはや時間がたちすぎていることもあり、試合に関する内容はまったく手に負えない(選手名などわずかしか知らない)。しかし、熱中の対象をフットボール以外のものに置き換えて想像すると、生活のすべてがフットボールの試合優先で回っている著者の気持ちにところどころ同調できる。

著者が挙げる「いつまでも記憶に残る試合、満足度の高い試合の条件」が印象に残ったので書き出してみる。(1)ゴールは多ければ多いほどいい(2)とんでもなくひどいミスジャッジ(3)観衆の大声援、特に大逆転劇における(4)雨でグチャグチャになったピッチ(5)敵のペナルティミス(6)敵に出されるレッドカード(7)乱闘。
・・・年期の入ったサポーターといっても、自分のような気まぐれ素人ファンが思うところとほとんど同じと分かったのがこの本を読んでの収穫。波乱こそ、スポーツ観戦の醍醐味か。


« 群像劇って難しいね 〜「黴菌」〜 | トップページ | 愛菜ちゃん!愛菜ちゃんだよね? 〜「キック・アス」〜 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/38266404

この記事へのトラックバック一覧です: 銃社会アメリカの危うさを描き続ける 〜『夜は終わらない』〜:

« 群像劇って難しいね 〜「黴菌」〜 | トップページ | 愛菜ちゃん!愛菜ちゃんだよね? 〜「キック・アス」〜 »

インデックス

無料ブログはココログ