« 親愛なる殺人犯様、力を貸してもらえますか? | トップページ | 「いつだって準備はできてるよ」 »

2010年11月30日 (火)

神に対してと同じくらい愛についてさめている。

『ある島の可能性』ミシェル・ウエルベック著/中村佳子訳
(角川書店)

物語は世界の終わりから始まる。喜びも、恐れも、快楽も失った人類は、ネオ・ヒューマンと呼ばれる永遠に生まれ変われる肉体を得た。過去への手がかりは祖先たちが残した人生記。ここに一人の男のそれがある。成功を手にしながら、老いに震え、女たちのなかに仔犬のように身をすくめ、愛を求めつづけたダニエル。その心の軌跡を、彼の末裔たちは辿り、夢見る。あらたな未来の到来を。命が解き放たれる日を。(ブックカバーより)


Lapossibiliteduneile 『素粒子』の続編的内容で、これも面白かった。人間についての醒めた考察などにうなずくところがたくさんあるのは、たぶん私もダニエルと同様に個人主義が許される国で生まれ育ったからだろう。

昆虫などの下等な動物には、たった一度の生殖の役目を終えたらすぐに死んでしまうものがいる。生命やその生命が築いた社会の真の目的が、子孫を残すことであることは人間も変わりない。年老いて、容姿も衰えて、生殖能力を失った人間に生きる意味はあるのか。生き続ける価値のある人間がどれほどいるのか。そんなことを私もこの年齢になってぼんやり考えなくもない。この小説の登場人物たちが同様の思いに至り取る行動は、極端すぎる。しかし、心の底に深く根をおろした無力感、敗北感は理解できる。

そして、その人生を何千年も後のネオ・ヒューマンが俯瞰する。生きる苦しみから逃れるために、彼等は永遠の人生を手に入れ、さまざまな欲や感情から解放されたはずだったが、旧人類への理解を深めていくにつれ・・・最後の章はもの悲しく美しい。この本のカバーのイラストは素晴らしい。

ところで、永遠の命が幸せをもたらさないなら、他人への永遠の愛はどうだろうか。両思いなら互いが生存しているうちはよいかもしれない。でも、片方が早くに死んでしまった場合は? 片思いの場合は? これも悲惨な話になりそうだな。 ネオ・ヒューマンが光合成で生きているという設定は、究極のエコロジーだ。人類存続の可能性の高い手段だ。今から遺伝子書き換えの研究に取り組んで備えるべき!?


« 親愛なる殺人犯様、力を貸してもらえますか? | トップページ | 「いつだって準備はできてるよ」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ひめさーん、こんばんは(◎´∀`)ノ

この本、とてもおもしろそう。。
すぐに頼みたいけど、ここしばらくアマゾンから本やらDVD届くので
母の機嫌がよろしくない(泣)

ひめさんは元気ですか?
わたしは、やっとやっとです(;ω;)
今日も歯科大で
「痛い~」と三回ぐらいわめいて
あさっては整形です。。
わかっていても
たまにこんな日々に心底うんざりしたり。
(まあ、でも単純な人間なので、すぐ立ち直るのですが・・)
今日は、歯科大帰りに
お洋服を買って、それだけで豊かな気分になったり。

あ、なんか記事と関係ないことばかり書いてしまって
ごめんなさい。

マキ(もう師走かあ~・・)より


マキさん、こんばんは!
連日の病院通い、痛いの続きで、どうしたって気分は塞ぐよね。
買い物やおいしいもので自分を労るのはいいと思います。
私は背中から指先にかけてジンジン痺れる症状があるのですが、
どうせ加齢のせいだろと放ったままです。

この本は、私はとても面白かったけど、中年以降向きです。
若い人はうんざりする要素多し。かなりシニカルですし。
あと、下ネタがたっぷり笑 これはテーマがテーマなので仕方ないんですけど。
でも、人によっては、良い意味でダウナーな気分にさせてくれる本です。

いつか読んでみてくださいませ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/37907647

この記事へのトラックバック一覧です: 神に対してと同じくらい愛についてさめている。:

« 親愛なる殺人犯様、力を貸してもらえますか? | トップページ | 「いつだって準備はできてるよ」 »

インデックス

無料ブログはココログ