« 「コーヒーでもどうだ?」 〜『夢果つる街』〜 | トップページ | 最近読んだ文庫 »

2010年9月12日 (日)

悪魔の楽器 〜『サキソフォン物語』

『サキソフォン物語 悪魔の角笛からジャズの花形へ』マイケル・シーゲル著/諸岡敏行訳
(青土社 2010年邦訳)


Devilshornサキソフォンの生みの親、アドルフ・サックス(1814〜1894)のことから、この楽器がどのように素早く広く世界を魅了し、同時に疎まれ蔑まれてきたかを、自らもアマチュアのサックス奏者であるジャーナリストが、多くの有名ミュージシャン、楽器職人、コレクターなどへのインタビューをまじえて綴った本。


20世紀初めにサックスがアメリカに伝わって起きた音楽革命(ジャズ登場以前)に匹敵するのは、1960年代の電気ギターくらいなものという。広まったきっかけはヨーロッパの軍隊に取り入れられたことで、理由は大きな音が誰にでも簡単に出せるから。エレキギターも似たような理由だろうから、現代の大衆音楽の最大の特徴は「大きな音」なのかもしれないと思った。

「サキソフォンについて語るとき、全部がぜんぶその他の楽器扱いだ。外部から境界に食い込んできたものとしてのね。交響楽団ではおまけの楽器だし、上流社会からははみ出ているし、まじめな音楽からは外れている。悶着を引き起こすし、社会には同調しないが、これこそはこんなにもおおぜいの人が自分の可能性、機会均等と自由を体現する楽器とみてきた証拠だし、伝統のない音楽を中心で支えてきた理由だね」(仏のクラシックサックス奏者、ジャン=マリー・ロンデクス)

「黒人を介して、サキソフォンは人間の声をもつ楽器になった。白人の名奏者はおおぜいいて、すごい技巧で複雑なことをやっていた。だが、どれもこれも同じ音だった。この楽器で、自分だけのものをつかんではいなかった」(アーチー・シェップ)

うーん、これこそサックスの面白さであり、最初の音は簡単に出せる一方で、ジャズの世界ではプロの音色になるまでには10年はかかるといわれるゆえんでもあるかな。電気を通さない楽器で、これだけ音の個性の幅が出る楽器はないわけで、音の個性がありすぎるゆえに西洋音楽の中では二流楽器扱いをされてもきたわけね。

この本、ジャズに限らず世界中のさまざまな音楽におけるサックスの扱いを取り上げている点で真面目な本ではあるけど、1章まるまる流言(笑)に費やされていたりもして、そんなところも含めてサックスらしいというか、著者のサックスへの熱い思いが伝わる本でした。しかし、サックスに興味のない人にとっては退屈なページも多い本かもしれないすね。私自身は特にテナーサックス大好きだし、長年演奏してもいたので読み通すことができたけれど。欲をいえば、楽器の本体、マウスピースとともにリードについて、もっと触れてほしかった(リード選びにかける神経は相当のものだから!)

サキソフォンの歴史に関するこの本が本国で刊行されて間もなく、この本の中でインタビューされている有名ミュージシャンの多くが亡くなったことは何かの因縁だろうか。


最後に著者曰く「この楽器は多くの広告でずさんな使い方、ときにはばかげた使い方をされている」。ほんとだよ、さすがに最近はあまり見なくなったけど、美女がサックスを抱えたショッピングモールのポスターとか、ばっかじゃないって、いつも思っていた! あと、マンションの部屋のソファーにサックスが立てかけてある不動産のポスターとか。そんなところで吹いたら速攻で苦情が来るっつーの!


« 「コーヒーでもどうだ?」 〜『夢果つる街』〜 | トップページ | 最近読んだ文庫 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ヒカさんは、サックスをまた、吹きたい!って気分にはならないの?
もし、「吹きたいかも」と思ったら、いつでも声をかけてくださいね。

素人BANDに在籍しています(…が、私は楽器が何にもできないので、ただのフォロー隊ですけどね。飲み食いだけ参加してるけれど)

アモさん、こんばんは。
おお、いつの間にバンドを?
ライブの予定があったら声かけてね。
客として行きます笑

サックスねえ、今吹いたらすぐに息が上がってだめと思う。指も相当リハビリしないとだめだろうなあ。
この前、机の上でピアノを弾くマネをしてたら、
左手の指の付け根が筋肉痛になり、
寝ている間に骨折したのかしらと思いましたw

吹きたいという思いはあるんですが、とりあえずバンドでというより一人で。e-SAXという消音装置があって、それだと部屋でも練習できるみたいだけど、6万くらいするので悩んでます。

ウチのアホ娘も大学のジャズ研(スイング方面)でサックスを担当し、マウスピースを探してました。熊本で一番有名な楽器店になくて、全国チェーンの楽器屋に取り寄せ注文していたようです。いろいろあるんでしょうね・・・。

それにしても、何か一つの事に拘って出来てる話は面白いですよね。

>k.m.joeさん
お、娘さんは大学でもサックスを? 
スイング系だと比較的音色の柔らかい、音程の安定したマウスピースを探すということになるのでしょうか。

同じブランドのマウスピースでも一つ一つ音の抜けが違うので、東京だと楽器店でいろいろ吹き比べて選べるのですが、取り寄せだと一種賭けに近いかも。
リードも高いし、楽器のメンテナンスも必要だし、サックスはとにかくお金がかかります。

でも、音色を追求する奥の深さが面白い(奥の深さについては楽器は何でもそうでしょうが)。この本は、まさにその音色についての話でした。

(◎´∀`)ノひめさーんこんばんは♪

さっそく「クリスマスに少女は還る」届きました♪

けっこう厚いっすね。。

↑楽しみ~♪

やー、禁煙2日目で一本だけ吸っちまいました・・・(じこけんお)

わたしの場合
薬というあらゆる毒だらけの体なので
もうこれ以上は無理かも・・(泣)

でも、ひめさんのおっしゃる意味
すごくわかるんです。

うーん、むずかしい。。

わたしって人間がうらなりなので
禁煙とかほんとーに向いてない。

でも、がんばろうとは思ってるんですけど。
(体のためというより、これ以上タバコに束縛されたくないっつーのが本音っす

マキより(はあと)

>マキさん
タバコに束縛されたくない・・・ですねー。
でも、私も禁煙向いてないみたいです笑
だらしないのを悪いと思っていないのが問題かな。

『クリスマス〜』は長くて、文章もちょっと読みづらいけど、読後はほんとにいいですよ。

お久しぶりです。
長いトコどちらにふっ飛んでおられたのでしょうか?
お元気で何よりです。
“アウト オブ ニコチン”なお話をされているから、私も参加します。
ぢつは、10月1日より、私もTRYしています。自分の主治医を含め、嫌煙権を主張する友人たちと約束してしまってね…。
だから、カートンの買い溜めもしないで、その日からは、体に“ニコレット・パッチ”(禁煙補助剤デス。二週間分で6000円くらいだから、2カートン分ね)を貼って過ごしました。
タバコは買っていないけれど、葉巻3本、買ってみましタ。1本100円くらいね。ケチケチ吸えば3日くらい、持ちました。
会社では、吸わないけれど(ストレスない会社ってコトかな?)家で呑む時吸いたくなるね。
私も、吸う習慣が徐々になくなればイイと思っているけど、吸いたい!と思う時は、ガマンしないで、吸おうと思うヨ。

上に記したコメント
oggi
は私の、本名をアレンジしたハンドルネームでした。
ワケわかんなくってゴメンなさい。会社でもボケボケしたことした後、タバコをガマンしているせいだと、言われてしまってマス

>アモさん
久しぶり〜。何をしていたわけではないですが、1週間の旅行から帰ってきて、
その後、仕事がたまりにたまっていて、時間がたつのが早かっただけなんですよ。

そうか、アモさんも値上げをきっかけに!
私も値上げ前のカートン買いはしないと決めて
その時点では意志が固かったんですけどね笑

パッチやってるだけでも偉い! 負けた!笑
葉巻という手があったのか・・・私は結局、家ではかぎ煙草を吸い出して
なし崩し的にダメになってます…。

お酒飲むときはどうしても手持ちぶさた、かつ口寂しくなるよね。
私もサックスやってたときは、吹かないときは吸ってたから分かる。

まあ、なんとか本数減らすよう頑張りますか、お互い。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/36697543

この記事へのトラックバック一覧です: 悪魔の楽器 〜『サキソフォン物語』:

« 「コーヒーでもどうだ?」 〜『夢果つる街』〜 | トップページ | 最近読んだ文庫 »

インデックス

無料ブログはココログ