« たまっていた読書メモ | トップページ | 「コーヒーでもどうだ?」 〜『夢果つる街』〜 »

2010年8月29日 (日)

2つの心残り 〜「瞳の奥の秘密」〜

米アカデミー賞最優秀外国語映画賞を受賞したアルゼンチン映画。

「瞳の奥の秘密」(2009年 スペイン/アルゼンチン)
★★★★


Ojos ちらし等からヨーロッパテイストのしっとりとした大人の映画を予期していたが、殺人事件とその真犯人を追う者たちという親しみやすい題材に加えて、映画館では随所に笑いが沸き起こっていたのであった。みんな、映画の雰囲気の飲み込みが早いなあ、さすが大人の観客たちだなあと感心した次第です。それと、やはり映画にしろドラマにしろ、こういう題材が受けやすいのは万国共通なんだろうなとも。

出世に関してライバルほどずる賢くなく、若い女性上司に好意を抱いているが、上司というだけで弱気になってしまう検事エスポシトは、ある殺人事件のとばっちりを受けて人生を狂わされ、ブエノスアイレスを去ることに。しかし、彼の潜在意識には2つの未練がくすぶり続けており、その思いが25年を経て、小説を書くことに向かわせる。

主演のリカルド・ダリンはきっと本国では人気の俳優なんだろう。馴染みのない者の目から見ると、ちょっとばかりしまりのないニヤケ顔。ヒロインは愛嬌があるけどガチャ目だし。しかし、映画の場合、知らない顔の俳優がやっているから雑念が入らないですむというメリットが必ずあって(もちろん演技が不自然でないのが前提)、この2人の場合も次第に親しみが湧いてくるのだ。

他方で、新婚の妻を殺された夫の老けメイクには、思わず吹き出しそうになってしまった。しかし、そのメイクの滑稽さをさらに上回るのが、真面目な銀行員の彼が悲しみ・憎しみと折り合うためにとった手段。
うーん、人間てどんな滑稽なことをしでかすか分からないものね。


« たまっていた読書メモ | トップページ | 「コーヒーでもどうだ?」 〜『夢果つる街』〜 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

そう、そう、主演の二人のメイク(私は老けさせたのか、若作りさせたのかがわかんなかった)が自然だってのに、カミさん殺されちゃったダンナの老けメイクは、ちょっとぉ、困っちゃったねっ。
東京拘置所の死刑執行するトコの一部を先日テレビで流して、死刑論が取り沙汰されたけど、まぁ、ホントは、このダンナのとった行動もイイ選択ねぇ~とも思ったりしてマス。
パブロが道化役(クラウン)ぽかったから、なんかあーしたカタチは客の気持ちをグッと引き寄せるところあるね。

ヒカさんのいうトコロの“映画の場合、知らない顔の俳優がやっているから雑念が入らないですむというメリットが必ずあって…”て、ホント納得ですね。ファンになっちまうと、プライバシー知りたがって結局調べちゃって、演技しているときの裏側のカオまで想像するよねー。はぁ~知りたがりがイケないのか、情報過多なのか…

>アモさん
昔の映画だったら老けメイクのあらも目立たないし、たぶん昔の人も気にしなかったと思うけど、映像がよくなって、撮り方がリアル追求しちゃったりすると、浮くね、老けメイク。
私も主演の2人、若いのか年とってんのか混乱した。ちょっと分かりづらい映画でしたね。パブロは、ギャングのバックにアルゼンチンの公安みたいのがついてたら、エスポシトはいずれ・・・と考えて犠牲になったのかね。あそこも見てるときは、なんでそこまでと理解しづらかったわ。

好きな俳優が出てるときはつまらない映画も良い映画に思えたり、演技上手い人だと興味ないと思っていても引きこまれたり、いろいろですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/36429998

この記事へのトラックバック一覧です: 2つの心残り 〜「瞳の奥の秘密」〜:

« たまっていた読書メモ | トップページ | 「コーヒーでもどうだ?」 〜『夢果つる街』〜 »

インデックス

無料ブログはココログ