« 題材はアメリカンコメディの定番 〜「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」〜 | トップページ | 長編ブラックユーモア小説 〜『ウサギ料理は殺しの味』〜 »

2010年7月19日 (月)

敵は我の中にあり。〜「インセプション」〜

大好きなクリストファー・ノーラン監督、今作も期待を裏切らず!

「インセプション」(2010年 アメリカ)
★★★★★

空前の大ヒット作「ダークナイト」でセンセーションを巻き起こしたクリストファー・ノーラン監督が自ら書き下ろしたオリジナル脚本を、レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙はじめ豪華キャストを起用し、壮大なスケールで映画化したSFクライム・アクション超大作。相手の夢の中に入り込み、潜在意識の中の価値あるアイデアを盗み出す一流産業スパイの男を主人公に、彼と彼のスペシャリスト集団が夢の中で繰り広げる最後にして最も危険なミッションの行方を、複雑かつ巧みなストーリー展開と驚異の映像で描き出していく。(allcinemaより)


(以下、ネタバレ)

Inception 面白かったー。奇抜なアイデアに基づく難解な設定、重厚で大仕掛けな映像と音楽、主人公が抱える深い苦悩、許すべからざる犯罪のにおい、銃撃戦による派手な殺し合い、そして主人公たちのターゲットとなるあの人は、登場人物中で最も悪だと最初は予感させたのに・・・以上のもろもろの重たい要素を吹き飛ばす、思いがけず明快で、清々しく健康的ともいえる結末!(誰も不幸になっていない!…観る人によっては「プレステージ」並みの恐怖を感じるおまけがあったが、無視したい人は無視できるレベルに抑えているのもセンスいい。)
ノーラン監督、すげ〜! 今作はチームもの的要素を取り入れたことで、青少年向けエンタテインメント作品の作り手としても一級であることを証明してしまったな。そして、やはりこの監督には、リドリー・スコットとも共通するイギリス人独特のクールさを濃厚に感じる。


キャストはすみずみまで豪華だった。エレン・ペイジのキャスティングだけは最初は意外な感じがしたけれど、見終わった後では納得。映画のターゲットを考えると彼女やジェセフ・ゴードン=レヴィットのような若いスターは必要なのだろう。
ケン・ワタナベが、単なるアジア人枠ではなく、しっかりその持ち味を見込まれて起用されていたのも嬉しかった。映画の舞台は日本から始まるが、料亭らしきところのセットはキル・ビルみたいだった。キリアン・マーフィとマイケル・ケインもバットマン・シリーズから引き続きの起用。マーフィはやっぱりクセモノをにおわす役が似合う。あと、いままで意識したことがなかったけれど、トム・ハーディーはエロい笑


***************************************************


「トイ・ストーリー3」(2010年 アメリカ)
★★★★☆

Toystory3 「1」も「2」も観てないのに気まぐれで、映画館に行ったついでに観たのだけれど、この1作だけ観てもぜんぜん問題のないつくりになっていた。初めてこのシリーズを観る子供も当然多いわけだから、当たり前かもしれないけれど、その点も含めピクサーの、子供はもちろん大人もしっかり楽しめる映画作りのレベルの高さはさすがだと改めて感心。
たぶん今作で初めて登場したと思われるおもちゃたちのキャラクターが、みんなちゃんと個性があって印象に残る。この描き分けがすごい。特にバービー人形ファミリーのケン人形! さすがバービーあってのケン。大いに笑わせてもらった!

« 題材はアメリカンコメディの定番 〜「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」〜 | トップページ | 長編ブラックユーモア小説 〜『ウサギ料理は殺しの味』〜 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

(◎´∀`)ノひめさーんこんばは♪

って、なんて罪作りな記事なのっっっ(泣)

もう絶対みたーいっ
それまでは、週末ハルナが来るので
アリエッティみたいな~
でも足が無理だろうしな~ぐらいの気分だったんすけど
これは絶対観たいっっ( ̄Д ̄;;
(つーか、うちの両親銀座で観ようと思ったら
満員御礼で観られなかったんすよ)

うー
ソセゴン倍飲みして、家族にも嘘ついて
観る覚悟ぐらいありますぜ!!

なんかね
最近ずーとコンディション悪すぎだし、気持ちもゆれたりなんかしてるし
映画もDVDだけだし
こんな大きな作品でも観たい気分でいっぱいなんす(*`ε´*)ノ

つーか
言い訳っすか。。

マキより(はあと)

マキさん、こんばんは!

うーん、辛いところだなあ。
この映画、上映時間が2時間半と長いところもしんどいよね。

十分理解できないまま流して鑑賞したところも多い映画だったので
(それでも面白さは十分)、私はもう一度見ようと思っています
・・・なんて書くとますます罪作りですか( ̄◆ ̄;)
今日も歩きながらちらちら考えてたら、
もしかしたらこの映画は最初から終わりまで全部、ある男の夢の中のことだったのではないか?と思えてきたり…。

ご両親、がっかりだったかあ。映画館でもネット予約が普及してからというもの、
便利は便利なんだけど、たまに映画館の窓口で満席といわれて帰っていく年配の人たちをみかけると、なにか間違っている気がしてきます。
でも、満席だったのは東京都心だったからと思いますけどねっ。

アリエッティもインセプションも夏いっぱいやりそうな勢いあるんで、
マキさんのコンディション良いときに行けたらいいなあ。

(*゚▽゚)ノひめさん、こんばんは♪

二時間半って・・・
今のマキには無理って
いくら頭の半分以上麦味噌のマキでも
わかりました。

でも、まだ当分上映されますよね~?
だったら、まだ観るチャンスあるかな?とか
淡い期待を・・(*´Д`*)

>映画館でもネット予約が普及してからというもの、

マキの場合、その日のコンディションの問題があるし
その日その時に決めたい派なんすよ、基本的に。
だから、ネット予約とか
そんな自由気分を邪魔されるみたいで
好きじゃないです。
つーか、わたしに前日予約とか無理ですっ!
(なんせ、その日の計画もまったくできない女ですから・・)

マキ(子供の頃から大の計画嫌い)より(はあと)

マキさん、こんばんは。

ちっとも長く感じない2時間半だったけど、
痛くて集中できないと何倍も長く感じるでしょうからね。
うん、もうしばらく待ったほうがいいかも。
この映画自体はDVDでもぜんぜんOKよ。

私もその日の気分で決めたい派です。
何しろ通勤定期を持つのも嫌いで持っていなくて縛られるの嫌い。
しかし同時に、映画は中央前よりの席で見なきゃ嫌だというのもあって、
結局ネットに頼ってしまっているなあ。

結局、東京は人が多すぎるのがいけないんです!(私もその一人なのに…)

千葉ではインセプションの先行も、トイストーリー3もガラガラでしたけど?(笑)
たまには千葉に見においで~(ギリギリ東京在住なんですけどね^^)

あーーーー、面白かったなー。
どっちも満点映画でしたが、長年の応援からトイストーリーに軍配!かな。

>>「プレステージ」並みの恐怖を感じるおまけ
・・・・って何ですか?

>えむさん
私は23区の端で見て、やはり席はあいてました。
でも、新宿と銀座は別なんだよね。
ここ最近、尋常じゃない混み方。
(もしかしたら渋谷もかもしれないけど、渋谷は行かないから分からない。)
ある年代から上は、映画は都心で楽しむというのがデフォルトですから、
その楽しみがかなえられないのはちょっと気の毒です。

解釈によってはプレステージ並みと私は感じたけど、できるだけネタバレしたくないので、よろしければツイッターのダイレクトメールのほうで。

「インセプション」きのう@有楽町マリオン、観てきました。
ここもほぼ満員……テレビなどのPR効果は充分だね。そしていま…団塊の世代のご夫婦の50歳割引率の方々が高いね!

うーん、アイデアがすばらしいね。私はココでネタばれをかいてしまいそうだわ。ラストシーンをどう、とらえるのかで、観た人の楽観・悲観な気持ちもあるのかなぁ~。ヒカさんはどちら?
私は本編も楽しんだけれども、ラストシーンからエンドクレジットに至るまでが、とても好きでありましたね。
後に知ったけれども、エディット・ピアフのあの曲の題名の和訳は「水に流して」だってのもイイなぁ~
どうでもイイだろうけれどもレオくんは、カミさんに振り回される役がここんトコ続いていて、本人はそれをどう思ってんのか聞いてみたいくらいよ。
「レボリューショナリー・ロード」「シャッターアイランド」そしてコレ…
でもその三本とも泣くシーンが似合うのですが…

>アモさん
そうですね。アイデアが。特に夢の層が深まるほど時間が長くなるというのは
夢の特徴をうまく使っていて面白かった。
ラストシーンは私は楽観的に解釈しましたよ。
深読みするような内容でもなかったもんね

しかし、大げさな仕掛けのマジックを見せられたという印象がある一方で、
夫婦の話には深い情念があって、なんとも不思議な映画です。

ディカプリオは確かに似たような役が続いてるよね。って、私はどっちも見てないけど(シャッターは原作は読んだ)。
それ以外もシリアスで、悩む役が多くないですか?
泣いても嫌みがないところが受けているんでしょうかね。

(◎´∀`)ノひめさーん、こんばんは♪

やっと観て来ましたよ~ヽ(´▽`)/
(今日、家族で)

うん、おもしろかった!
わたしは、監督の過去作品『メメント』を想い出したりしました。

わたしには
出ている役者がよくって
と、いっても主役のディカプリオには「あー大人になったのね・・」ぐらいしか思いはなく・・。

なんかねー、チームがすごくよかった!
渡辺健はもちろん、一番個人的にぐっときたのが
トム・ハーディー(*´д`*)ハァハァ
ひめさんじゃないけど、彼はエロい~♪
(だから良いのかも・・はあと)
もろタイプっす。

ジョセフ・ゴードン=レヴィットもいい♪
あーゆー男も好きだ♪

って、わたしって・・・。
(だって男が好きだし・・・はあと)

あ、エレン・ペイジも良かった♪
あの唯一植物系というか、清らかな感じがいいと思いましたよね。
(だって、もし彼女がブラピの奥さんとかだったら
作品が台無しになる気がする・・)

結果
観てよかったです(*´σー`)

関係ないんですが
今週末、ハルナが来るので「キャタピラー」鑑賞予定なんすよ!
(きっと、千葉はガラガラだろう)
それも楽しみっす!

つーか
やっぱ劇場はいいですね~ヽ(´▽`)/
(今日は二ヶ月以上ぶりにスクリーンを観て、マジで感激して泣きそうになっちまった・・・)

マキより(はあと)

夢って云えば
実は、昨夜 なぎら健一と山田詠美が実は夫婦だった・・・
って夢をみて・・∑(゚∇゚|||)

目がさめてあまりの驚きに
つい家族に
「ねーー、なぎら健一と山田詠美が実は結婚しているって夢みた~」
と、叫んでしまい
それを聞いた親父が
「山田詠美はともかく、なぎらって・・・、なぎらかよ・・」
となんどもなぎらを連発していて・・。

わたしの潜在意識って
なぎらでいっぱいなんでしょうか?

(わーん、ひめさん強く否定してくださーい(号泣))

マキより

>マキノコさん
おお、この酷暑の中、マキさんは少し体調が回復したかしら。
映画に間に合ってよかった!
すごく気に入った1本というわけにはいかなったみたいですけど、
映画館の楽しさは堪能されたようですね。

いつも感想ありがとうございます。
この映画って、私も作品が好きというより、監督すげーという思いが
先に立ってしまって、面白いポジションにある映画です。

トム・ハーディーは、映画を見ているときは意識してなかったのに、
見終わったら無性に気になっちゃって笑
ディカプリオがああだから、貴重な色気でした〜。
巷ではレヴィット人気が急上昇みたいですよ。
ヒース・レジャーに似てるという噂もあって。

「キャタピラー」は、私は予告を見ただけでびびってしまって(軟弱)、
きつそうな内容ですが、見ないことには判断できませんね。

つづき

山田詠美となぎら!
接点なさそうだよね笑
でも、なぎらは悪くないよ。
楽ちんな気持ちにさせてくれそうじゃないですか。

>わたしの潜在意識って
>なぎらでいっぱいなんでしょうか?

認めたらもっと楽になるよ!


冗談す。マキさん、面食いでしたもんね(*^-^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/35808504

この記事へのトラックバック一覧です: 敵は我の中にあり。〜「インセプション」〜:

« 題材はアメリカンコメディの定番 〜「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」〜 | トップページ | 長編ブラックユーモア小説 〜『ウサギ料理は殺しの味』〜 »

インデックス

無料ブログはココログ