« ハードボイルドSF 〜「レポゼッション・メン」〜 | トップページ | って、有用植物レベルかい! 〜『素粒子』〜 »

2010年7月29日 (木)

井戸の中の首無し死体と幽霊船 〜『蛇、もっとも禍し』〜

長編3冊、短篇集2冊が邦訳で出ている修道女フィデルマ・シリーズ。これは長編の最新刊(他のシリーズ作品は未読)。

『蛇、もっとも禍し』ピーター・トレイメン著/甲斐萬里江訳
(創元推理文庫 2009年邦訳)

女子修道院で、頭部のない若い女性の死体が見つかった。腕に結びつけられた木片には、アイルランドの古い文字オガムが刻まれ、掌には十字架を握りしめていた。事件を調査すべく海路修道院に向かう途中、フィデルマは乗組員がいきなり消え失せたかのように無人で漂う大型船に遭遇、船内で思いもよらぬ物を発見する。王の妹にして弁護士、美貌の修道女フィデルマの推理が冴える…(文庫裏表紙より)


Subtleserpent 構成はオーソドックスな本格ミステリだが、7世紀の、それもアイルランドが舞台というのが珍しい。この時代までの修道院は男女はっきり分かれておらず、修道女と修道士が結婚して子供をもうけることが認められていたというのは、まったく知らなかったなあ。アイルランドにおいては地位や権利に男女差なく、なかでもヒロインのシスター・フィデルマは法廷弁護士であり、裁判官としての資格も持ち、でもってアイルランド五王国の一つ、モアン(マンスター)国の姫の生まれという、まだ若くして、彼女に逆らうのは愚か者くらいという立場の女性なのだ。

あとがきにもあったが、スーパーウーマンすぎて、私も主人公にそれほど魅力を感じなかったが、著者はケルト研究の権威として知られる人で、アイルランドの土着文化と結びついた、ローマから見たら辺境の地に根づいたキリスト教の話としてはまあまあ面白かった。


おそらくアイルランドの古い歴史知識なんて大抵の日本人にはちんぷんかんぷんだろうとの配慮もあり、歴史的背景の訳註がたっぷり巻末に添えられているのはうれしいが、逆に専門的になりすぎて、読む勢いを削いでしまうのが難点。最初のうちは付け合わせながら読んでいたが、途中からやめてしまった。でも、背景はなんとなく察せられるし、ストーリー理解にはまったく問題なかったと思いますよ。


« ハードボイルドSF 〜「レポゼッション・メン」〜 | トップページ | って、有用植物レベルかい! 〜『素粒子』〜 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/35948750

この記事へのトラックバック一覧です: 井戸の中の首無し死体と幽霊船 〜『蛇、もっとも禍し』〜:

« ハードボイルドSF 〜「レポゼッション・メン」〜 | トップページ | って、有用植物レベルかい! 〜『素粒子』〜 »

インデックス

無料ブログはココログ