« R&Bの枠に収まらぬ、ジャネル・モネイというジャンル 〜Janelle Monae〜 | トップページ | パワードスーツは抑止力となるか 〜「アイアンマン2」〜 »

2010年6月14日 (月)

ドリュー・バリモア監督作 〜「ローラーガールズ・ダイアリー」

映画館の最終上映が18時台なんて、普通に会社勤めしていたら平日は観に行けないですよ。午前中より夜間の上映をもっと増やしてほしい。特に岩波ホール。はなっから定年退職者しか眼中にないみたいじゃありませんか。そのためにシニア料金は他の映画館より高く設定されているのだと思われても仕方なし。


「ローラーガールズ・ダイアリー」(2009年 アメリカ)
★★★★

「25年目のキス」「ラブソングができるまで」のドリュー・バリモアが、「JUNO/ジュノ」のエレン・ペイジを主演に迎えて記念すべき監督デビューを飾ったガールズ青春ストーリー。アメリカの田舎町を舞台に、母親に逆らうこともできない大人しい女子高生だったヒロインが、ワイルド&パワフルな“ローラー ゲーム”の世界と出会ったことで、それまでの殻を破って自らの意志で歩み始める姿をさわやかに綴る。(allcinemaより)


Whipit_2 原題は「Whip It」。はっきり言ってストーリーは単純だし、コメディ色が強いため展開も荒っぽい。映画の出来はそれほど優れたものではないと思うが、監督ドリュー・バリモアの個性はちゃんと出ているのではないかしら。「箸が転んでもおかしい年頃」と言うけど、そういう年代の感性を今も大事にしているのは伝わってくる。
そして、男に媚びる女らしさというものに一切興味のなかった元ガールとしては、頼もしげな先輩ローラーガールズたちが登場した時点で、気持ち先走ってうるっと来たよ。その心境がどういうものか、自分でもよくわからないけど、フェミ的なものだけではないと思う。

脳天気な内容のようで、最後の決勝戦の場面はきちんと締めてくれた。あの結果は誰もが清々しいと思うだろう。
かつての青春映画スター、ジュリエット・ルイス(今はパンクバンドのボーカルをやっているらしい)の憎まれ役がいいわ。あの顔つきが。マーシャ・ゲイ・ハーデンの母親役も好演。あと、主人公のボーイフレンドの配役もぴったり。アンドリュー・ウィルソンが、オーウェンとルークの兄弟というのをすっかり忘れていた!


« R&Bの枠に収まらぬ、ジャネル・モネイというジャンル 〜Janelle Monae〜 | トップページ | パワードスーツは抑止力となるか 〜「アイアンマン2」〜 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

(◎´∀`)ノひめさん、こんばんは♪

って、腰大丈夫ですか?
実は、わたしも中学生の頃からヘルニアで
(MRIでみると、典型的なヘルニアみたいっす。。)
腰痛のしんどさは、多少経験があるので
今のひめさんをお察しするっす。。
(腰痛は、一に安静二に安静っすよ~
って、マキが言っても説得力ないけど・・)

>男に媚びる女らしさというものに一切興味のなかった元ガールとしては

わかります~
わたしも、過去何度
「かわいくない女だなー」と言われて、キレたことか。。
でも、最近
明らかに異性にこびてる系のおなごをみると
イラっとするのって
実は、わたしのどこかで嫉妬というか
そーゆーのにあこがれていて、でも絶対自分は無理だし。。みたいなジレンマの作用なんかな~
などと思うんす。

まあ、ひめさんもわたしも
一生かわいくない女なんでしょうね、たぶん。。
(って、こんなにかわいいのに~~)

ジュリエット・ルイスって
昔、ナチュラルボーンキラーズの彼女が嫌過ぎて
なんかな・・・という感じなんですよね。。
(当時この男役がファンだった・・)
でも、でこっぱちはタイプっす♪

(映画と関係ないコメントばかりで
申し訳ないっす)

マキより(はあと)


>マキさん こんばんは。

久々に腰痛来ました。家ではいつも床に座っているので、くつろいでいるときはどうしても横座りなんですよね。でもまさかそれでぎっくり来るとは・・・。

>明らかに異性にこびてる系のおなごをみると
>イラっとするのって
>実は、わたしのどこかで嫉妬というか
>そーゆーのにあこがれていて、でも絶対自分は無理だし

確かにそういう心理はあるかもしれないですね。
そういうおなごに対して、昔は、主体性はないのか?と軽蔑もしてましたが、
今になってみると、彼女らのほうがしたたかで、賢かったんじゃないかと
思うこともたまにあったりしてね。
その要領のよさに、昔は自覚なく嫉妬していたかもしれないです。

ナチュラル〜は観てないのですが、
私も大人になってからのジュリエット・ルイスはどちらかといえば苦手で。
でも、その苦手な感じがこの映画ではうまく生かされてると思います。
ネタバレになるので詳しく書けませんが。

>家ではいつも床に座っているので
軽くショック受けた。自分は実家の子供時代からほとんど腰掛け生活(洋風ってわけじゃなくてね)。
なので家では当然のように何かに腰掛けてる。床に座るなんて皆無だわ。
そういえば友人宅に遊びに行くとだいたいお膳に座布団だったなぁ。女の子座りができなくて恥ずかしい思いをしたものです。

>Yama Yama Cさん
私が家で腰掛けで過ごしたのは10代の受験勉強のときだけでーす。
今となっては少数派なのか? そうかもね。
反対に床に座るのが皆無というのが驚きなんですけど。
そうか、Yama Yama Cさんのスタイルの良さの秘訣は椅子生活だったか!

実家を出てからもソファ一つ買ったことないですよねえ。
背もたれ付き座椅子は買ったことあるけど、
座っているとなぜか具合が悪くなるので結局は使わずじまい。
あ、蛍光灯取り替え用に買った丸椅子ならあります!

パソコンもあぐらか正座で打ってます。
もちろん冬は、コタツ生活です。
横座りは姿勢にも悪そうなので、もうやめようと思う・・・。

スタイルがいいって…あ、皮肉かw
小学生の時から猫背を指摘され、お腹が出っぱってると言われ続ける私です。
なるほど、こたつ好きの人は自然と床に座る生活になるのかもね。私がこたつにはあんまり馴染まなかったのは九州育ちだからかな。
四畳半一間の貧乏アパート時代もベッドをソファ代わりにしてたし、安いパイプ椅子とか必ずあったよ。
それはそうと腰だいじょうぶ?整形でレントゲン撮ってもらった方がいいよ。

>YamaYamaCさん
足がすらりとしていて長いという、出会った頃にそんな印象を持ったもので、皮肉のつもりはないっすよ( ̄▽ ̄)
こたつは、実家のときは掘りごたつだったので、逆に冬は椅子座りしてたんだ、そういえば。

腰は運動不足だろうね、でも運動のために使う金はなし。もっと歩くようにするかねえ。あと、地味に家でストレッチ・・・だめだ考えるだけで続かない。

まるでドリューの半生を描いた自叙伝的な???
私、もうずっと終始号泣でしたよぉ。
ドリュー大好き!!!

ウィー アー ナンバー2!!!

おっと。
さ~て、あの国が負けるようにウルグアイ応援しよ~っと。←ほんとに根性ワル(^^;

>エムさん
こんばんは。
私も韓国の試合は大抵負けろ〜と思ってみてますが、
今大会の韓国はチームとしてスマートな印象で、上手いし、
グループリーグのときは応援して見てたんですよ、珍しく( ̄▽ ̄)
でも、さすがにトーナメントになると、気持ち複雑。
どこまでも韓国とカップリングでいろいろ言われるのうんざりっすよ、ほんと。
でも次、日本が勝たないとまたもやもやしちゃうから、日本頑張れ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/35254175

この記事へのトラックバック一覧です: ドリュー・バリモア監督作 〜「ローラーガールズ・ダイアリー」:

« R&Bの枠に収まらぬ、ジャネル・モネイというジャンル 〜Janelle Monae〜 | トップページ | パワードスーツは抑止力となるか 〜「アイアンマン2」〜 »

インデックス

無料ブログはココログ