« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月27日 (日)

「あたし、毒物についてはとてもくわしいの、悪いけど」 〜『パイは小さな秘密を運ぶ』〜

『パイは小さな秘密を運ぶ』アラン・ブラッドリー著/古賀弥生訳
(創元推理文庫 2009年邦訳)

11歳のあたしは、イギリスの片田舎で、化学実験に熱中する日々をすごしてる。ある日、何者かがコシギの死体をキッチンの戸口に置いていき、父が尋常ではない恐れを見せた。そして翌日の早朝、あたしは畑で赤毛の男の死に立ち会ってしまう。男は前日の晩に、父と書斎で口論していた相手だった…。活溌な少女の活躍を温かくのびやかな筆致で描く、CWAデビュー・ダガー受賞作。(文庫裏表紙より)


Sweetnessatbottom 歯列矯正はめてる少女探偵が活躍する話なので、コージー・ミステリに分類されると思うが、これがなかなか、侮れない! 単純な殺人事件でお茶を濁していないし、ウィットに富んだ文章も楽しい。化学知識をはじめ雑学的にもかなり読み応えあるのではないかしら。
そして、なんといっても怖いもの知らずの行動力と科学捜査に役立つ知識を兼ね備えた主人公フレーヴィアがチャーミング! 母親が生まれてすぐに亡くなっており、父親は子供たちに無関心、2人の姉たちからは常にいじめられる末っ子という立場ゆえ、とっても愛情に飢えている子供なのだが、それをつゆとも表に出さず化学知識で武装して、姉たちのいじめに対抗する健気さが愛おしいっす。

フレーヴィアが化学に興味を持ったのは、亡き母親の蔵書の中に『化学入門』があったのがきっかけ。
「何よりも好奇心をそそられたのは、あらゆるもの、すべての創造物——万物!——が目に見えない化学の絆で結ばれていることを知ったとき。見ることはできないけれど、この世のどこかにほんとうの安定があると知って、なぜか妙にほっとした」
11歳の少女がこんなふうに考えることに泣けたよ、おばさんは!(笑) 以来、フレーヴィアは化学者だった伯父が残した実験室を「あたしの至聖所」と呼び実験に熱中する。とりわけ夢中になったのは毒物の精製! ここらへんは子供らしいと言えるかな笑。勝手な捜査で地元警察からすっかり目を付けられてしまったフレーヴィアの続編での活躍が楽しみです。

著者はカナダ人。さまざまな職業を経て70歳になってからこの作品でCWAデビュー・ダガー賞を受賞。それまでも短編や童話を書いていたそうだが、この作品に満ちているウィットは、経験豊富な年齢ゆえ滲み出てくるものなのだろう。


2010年6月26日 (土)

スペイン版『大聖堂』 〜『海のカテドラル』〜

『海のカテドラル』イルデフォンソ・ファルコネス著/木村裕美訳
(RHブックス・プラス文庫 2010年邦訳)

Lacatedraldelmar 物語の舞台は14世紀のカタルーニャ。領主によるたびたびの理不尽な仕打ちに絶望にした農奴バルナットは、城に囚われた妻フランセスカのもとから餓死寸前の幼い息子アルナウを救い出し、バルセロナに逃亡する。そして、陶工である義弟のもとに身を寄せるが、逃亡の際にやむを得ず殺人を犯したバルナットは、匿まわれることを条件にここでも自由を束縛され、奴隷同然の生活を強いられる。息子だけでも自由民にとのバルナットの願いは、かなえられるのか…。


以上は、この小説のほんの出だし。息子のアルナウは、やがて“海の仲仕(バスターシュ)”として“海の聖母教会(サンタマリア・ダル・マール)”の建設にかかわるが、ときに時代の渦に巻き込まれ、やっと掴んだ平安もすぐ奪われるの繰り返し。数奇な運命はどこまでも続く・・・てことで、ひと言で表すと、フューダリズムのもとで自由を渇望しながら生きた男の物語ということになる。

聖堂の完成までと並行して紡がれる時代小説というとケン・フォレットの『大聖堂』。これはそのスペイン版ともいえる。ただし、こちらの大聖堂は今も実在している(バルセロナに旅行したときに立ち寄った記憶がないのが残念だ)。また、歴史上の人物が主人公と深くかかわってくるのをはじめ、封建制を維持するための悪しき慣習、戦争、疫病とユダヤ人迫害、異端審問など、中世ヨーロッパの生々しい実話が盛り込まれ、そのえぐさといったら、この民族がのちの時代、例えば中南米などで見せた残虐さもさもありなんと思えてしまうほどだった。小説の巧みさならケン・フォレットのほうに軍配が上がるが、歴史オタクにはこっちのほうが受けるかな。


************************************


『数学的にありえない』アダム・ファウアー著/矢口誠訳
(文春文庫 2006年邦訳)

Improbable 巨大な陰謀に巻き込まれる天才数学者。密かな人体実験で謎の研究を進める科学者。倒れることを知らない最強のCIA工作員。いくつもの物語が絡み合う超高速の追跡劇!(文庫の帯より)


日本で刊行時に翻訳ものとしてはかなり話題になった小説の文庫化。バイオレンスとユーモアも入ったサスペンス小説なんだけど、SFでもあるのかな。“ラプラスの魔”をはじめとする物理学や数学の理論、またはユング心理学などについては、ほとんど知識がないし、これを読んで多少知り得たつもりもないが、難解さを感じずに読めてしまうのは、本来人間が理論の存在など知らなくても漠然と感じていることを、娯楽小説の中で確認できるからかも。
後半のバイオレンスアクションな展開部分は、長すぎて個人的にはちょっと退屈だったが、ラスト近くで主人公が「もう一人いたんだ」と気づくところでは、おおー!そんな仕掛けがあったのか!と鳥肌が立った。確かに頭を刺激してくれる小説だ。で、映画「アイアンマン2」を観て思ったのだけれど、小説に登場する女スパイのロールモデルは、アメコミのブラックウィドウということでいいのでしょうか?


2010年6月20日 (日)

ビートの帰還 〜ソウル・パワー〜

存在だけは以前から知っていたアフリカでの音楽祭の映像が、今になって日の目を見て、日本の映画館で観られる(それも全国公開)というのは、ちょっとした驚きだよ。これもサッカーW杯開催でアフリカが注目されたおかげかしら?


「ソウル・パワー」(2008年 アメリカ)

1974年10月、アフリカのザイール(現・コンゴ民主共和国)で、後に“キンシャサの奇跡”と呼ばれる世紀の一戦、王者ジョージ・フォアマン対挑戦者モハメド・アリの世界ヘビー級タイトルマッチが行われた。そして、この一大イベントに合わせて、アメリカの黒人ミュージシャンがルーツへの回帰をテーマに総出演した音楽祭が同地で開催された。本作は、アリのドキュメンタリー映画「モハメド・アリ かけがえのない日々」のために撮影された125時間ものフィルムを基に、この歴史的音楽イベントの知られざる舞台裏と熱狂のコンサートシーンを1本の映画にまとめた音楽ドキュメンタリー。(allcinemaより)


Soulpower 黒人版ウッドストックというと、これまではドキュメンタリー映画「ワッツタックス」を残した1972年のスタックス・コンサートという認識だったが、3日間にわたるこの音楽祭「ザイール'74」のほうが、規模でも出演者の豪華さでも、ウッドストックと比較するのにふさわしいというのがよく分かった。
アメリカからは、ジュームス“GFOS”ブラウン、B.B.キング、ザ・スピナーズ、ビル・ウィザース、セリア・クルース&ファニア・オールスターズ、ザ・クルセイダーズ、ダニー“ビッグ・ブラック”レイなど、アフリカからはミリアム・マケバ、タブー・レイ・ロシェローらの、当時のステージの様子が見られるだけで貴重!
そして、40年近くを経た今だからなお一層、生々しさやパワフルさが際立って感じられる演奏に歌! 自分たちのルーツであるアフリカに帰っての特別のライブだからってのもあるだろうが、この頃の黒人音楽のかっこよさや芳醇さは、今の若者だって格別だと思うのではないか。

別の映画のために撮影したフィルムからの流用だから仕方ない部分はあるんだろうが、3時間くらいの長さがあってもよかった。90分しかないのに、むりやり編集した感ありありの舞台裏の映像が続いてじりじり(分かる人が見ればいろいろと面白そうだけど)。ようやくコンサート本番が始まったと思ったら、1グループ1曲きりでカットされてあっさりと進んでいくので、とてももったいないと思った。
マヌ・ディバンゴやヒュー・マセケラ、シスター・スレッジのステージでの演奏も見たかったよ。あと、JBの自伝ではポインター・シスターズも同行したことになっているんだけど…。実はシスター・スレッジだったのを、JBが記憶違いしたというのはあり得そうだ。(追記:調べたら、やはりポインター・シスターズも出演したらしい。)

「ワッツタックス」でのリチャード・プライヤーの役回りを、このドキュメンタリーではモハメド・アリが担当していて、そこは明らかに「ワッツタックス」を意識した編集なんだろうと思うが、アリはしゃべってもカリスマというのがよく分かる。とても即興でしゃべってるとは思えない。オリジナルのアリのドキュメンタリー映画も観なきゃ。

上の写真は、おそらく宿泊ホテルでの場面。アリがいて、カメラが回っていて、ギャラリーもたくさんいるのに、皿もって上半身裸で割り込んできて、黙々と朝食食べるビル・ウィザース。


おまけで。今同じような音楽祭をやったらこんな面子になるのでしょうか。
2010 FIFA World Cup™ Kick-off Concert
http://www.youtube.com/2010FIFAWorldCupVEVO


2010年6月14日 (月)

パワードスーツは抑止力となるか 〜「アイアンマン2」〜

昨日、しばらく横座りしていて立ち上がった瞬間に、軽いぎっくり腰をやってしまった。そのあと映画館には行ったのに、今日はそれを口実に会社を欠勤。雨の日に仕事休むのって気分いいけど、立ったり座ったりが容易じゃなく、横になっても痛いのでまいる。


「アイアンマン2」(2010年 アメリカ)
★★★★

Ironman2 前作のラストで、アイアンマンであることを自ら公表したトニー・スターク。本作では始まって早々、自社主催の大々的な見本市の開幕式で、観衆にパワードスーツの装着まで得意気に披露してしまう場面でさっそく笑わせてもらった。慢心ぶりが鼻を突くヒーローだが、演じるのがロバート・ダウニーJr.だと、とぼけた味わいが出て憎めないんだよなあ。ドーナツ店の看板の上でドーナツ食べている場面(写真)も唐突で、可笑しかったです。

アイアンマン効果を受けての敵対国でのパワードスーツ開発を、核兵器開発になぞらえるところも面白かったんだけど、前作のテレンス・ハワードに代わってローディ役を演じるドン・チードルにはやっぱり違和感。ほかにいくらでもいるだろうがよ、軍人らしい黒人俳優が。あと、原作に登場するのかもしれないけど、女スパイ役のスカーレット・ヨハンソンも、ただ色っぽいだけで邪魔くさかったわあ。監督のジョン・ファヴロー自身が共演してみたかっただけじゃない?と思ったり。

それに対して、敵役のミッキー・ロークとサム・ロックウェルには大いに楽しませてもらった。特にロシア語を話すロークが渋くてカッコイイ。知的な役もいけてんじゃん。俳優としての第2の黄金期が来てるか?


ドリュー・バリモア監督作 〜「ローラーガールズ・ダイアリー」

映画館の最終上映が18時台なんて、普通に会社勤めしていたら平日は観に行けないですよ。午前中より夜間の上映をもっと増やしてほしい。特に岩波ホール。はなっから定年退職者しか眼中にないみたいじゃありませんか。そのためにシニア料金は他の映画館より高く設定されているのだと思われても仕方なし。


「ローラーガールズ・ダイアリー」(2009年 アメリカ)
★★★★

「25年目のキス」「ラブソングができるまで」のドリュー・バリモアが、「JUNO/ジュノ」のエレン・ペイジを主演に迎えて記念すべき監督デビューを飾ったガールズ青春ストーリー。アメリカの田舎町を舞台に、母親に逆らうこともできない大人しい女子高生だったヒロインが、ワイルド&パワフルな“ローラー ゲーム”の世界と出会ったことで、それまでの殻を破って自らの意志で歩み始める姿をさわやかに綴る。(allcinemaより)


Whipit_2 原題は「Whip It」。はっきり言ってストーリーは単純だし、コメディ色が強いため展開も荒っぽい。映画の出来はそれほど優れたものではないと思うが、監督ドリュー・バリモアの個性はちゃんと出ているのではないかしら。「箸が転んでもおかしい年頃」と言うけど、そういう年代の感性を今も大事にしているのは伝わってくる。
そして、男に媚びる女らしさというものに一切興味のなかった元ガールとしては、頼もしげな先輩ローラーガールズたちが登場した時点で、気持ち先走ってうるっと来たよ。その心境がどういうものか、自分でもよくわからないけど、フェミ的なものだけではないと思う。

脳天気な内容のようで、最後の決勝戦の場面はきちんと締めてくれた。あの結果は誰もが清々しいと思うだろう。
かつての青春映画スター、ジュリエット・ルイス(今はパンクバンドのボーカルをやっているらしい)の憎まれ役がいいわ。あの顔つきが。マーシャ・ゲイ・ハーデンの母親役も好演。あと、主人公のボーイフレンドの配役もぴったり。アンドリュー・ウィルソンが、オーウェンとルークの兄弟というのをすっかり忘れていた!


2010年6月 7日 (月)

R&Bの枠に収まらぬ、ジャネル・モネイというジャンル 〜Janelle Monae〜

たまに音楽ネタというと取り上げるのが懐かしい人たちばかりで、自分でも情けなく思っていたところへ、久々に気になる若手あらわる! その名はジャネル・モネイ(ジャネール・モナエ)。まずはこのミュージックビデオにノックアウトされたよ。曲はもちろん、このビデオ自体も、アメリカ黒人エンターテインメントの粋を感じさせて素晴らしい出来。

Janelle Monáe - Tightrope ft. Big Boi
http://www.youtube.com/watch?v=pwnefUaKCbc


Janellemonae そして、5月に出たアルバム『The Archandroid』を手に入れたわけですが、ビデオ映像で見るジャネル自身が踊りが上手いので、ダンサブルでファンキーな音楽が中心だと予想していた。ところが、開けてびっくり玉手箱(我ながら言い回しが陳腐…)。オールディーズなポップス/フォークから、ジャズ、クラシック、ジョン・バリー風の映画音楽、JBやスティービー・ワンダー、ハードロックまたはフージョン風なギターサウンド、イギリスのポストパンク、アフリカ風コーラス、そしてもちろんコンテンポラリーなR&B/ヒップホップと、実にいろいろなサウンドに溢れているではありませんか!
今はさまざまな古い音楽がサンプリングなどで使われているとはいえ、最初に通しで聴いたときは「まさかその時代のその音楽を持ってくるか〜」と、あっけに取られた。とともに非常に凝った曲アレンジ、透明感があってクセのないジャネルのボーカルに魅せられた。1曲ごとの曲調に合わせて歌い方を変えてくる表情の豊かさ。それも堂に入っていてちっとも新人らしくない。なんだか妙に自信に満ちているのが面白い。


ジャネル・モネイはアウトキャストのビッグ・ボーイに認められて頭角を現してきたようで、しかし、もともとはミュージカル女優を目指していたとのことで、どこかで目にしたジュディ・ガーランドに例える評には膝を打った。まさにそんな雰囲気だよ!
なんでも、このアルバムもミュージカルを意識したストーリーがあるらしく、これより以前に出た7曲入りのEP盤『Metropolis』が第1章で、このフルアルバムが2章と3章。ライナーノーツに説明が書かれているが、英語に疎くて、ジャネルは2719年からやってきた女性という設定(笑)くらいしか分かりません。それとは別に、1曲ごとに、何にインスパイアされて作った曲かという短いコメントが載っていて楽しめます。よく分からないコメントも多いけれど、アーティスティックな素質を持っているのは確かなよう。

髪型も風変わりなジャネル・モネイは、たぶん子供の頃からかなり個性的だったんじゃないかと思わせる。その彼女のやりたいことを最大限に汲んで、ここまで凝ったアルバムを完成させることができるプロデューサーやサポート体制は大したものだよ、ほんと。アメリカ音楽ビジネス界の底ぢからを見る思い。


親しみやすいメロディが乗っていて、どの曲も印象に残るが、通常、何回か聴いていると後半のほうの曲がお気に入りになってくるクセがあるものだから(レコードだとB面、このアルバムだと第3章)、現時点で気に入っているのは、イギリスのニューロマンティック風の「Wondaland」、もろスティービー・ワンダーな「Say You'll Go」あたり。もちろん、最初の序曲に続く3曲メドレーのめくるめく感じも良い。

ラストに入ってるフルオーケストラサウンドの「BabopbyeYa」は9分近くある大曲! こんな曲をミュージカルのステージで歌い上げるのを夢見て育ったんだろうなあ。やっぱり変わってる子だなあ。大いに売れたら、このアルバムを本当にミュージカル化、なんてこともあるかもしれません。

2010年6月 6日 (日)

Sugarfoot's Ohio Players@ビルボードライブ東京

Ohioplayers オハイオ・プレイヤーズは中学生のときに最初に好きになった黒人バンドで、白人のロックよりもブラックのほうがかっこいいじゃんと密かに思わせてくれた人たちなのだ。それだけ思い入れがあったのに・・・いやいやーずっと疎くて知らなかった、現在は 2つのオハイオ・プレイヤーズが活動中であることを! そんなのってありっすか?


昨日見にいったのは、初期からの中心メンバーであるギター兼ボーカル、リロイ“シュガーフット”ボナー率いるオハイオ・プレイヤーズ。
http://www.youtube.com/watch?v=C2VGY8IaDqI

でも、今回のライブに行くにあたり、近年のライブ映像を動画サイトで探して目安をつけておいたのはこちら。70年代半ばにヒット曲を連発していた頃のもう一人の中心メンバー、キーボードのビリー・ベックが参加(ゲストか?)している。ギターの人が”クセのない”シュガーフットに見えなくもなくて勘違いした。過去に来日のライブ見てるのに…、改めて見直せば声も違うのに…。
http://www.youtube.com/watch?v=27UX12PW6ZE


ビデオを見る限りじゃ後者のバンドのほうがイキがよさそうだ。というのも昨日のシュガーフット、年齢のせいか、体調が万全でないのか、歌とパフォーマンスは一生懸命やってたけれど、長く立っているのが大変そうだったから。
でも、「Sweet Sticky Thing」に始まり、最後の「Fire」まで、ヒット曲ばかり、聴きたい曲がほとんど聴けて良かった。個人的にしびれたのは「Funky Worm」と「Pain」のメドレー。この2曲はジュニー・モリソンの曲ということになるのだろうか。いつ聴いても飽きないのは、この辺りのシンプルなファンクだったりするかも。


« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

インデックス

無料ブログはココログ