« 2人のラスト・チャイルド 〜『ラスト・チャイルド』〜 | トップページ | 脱北に焦点を当てた映画 〜「クロッシング」〜 »

2010年5月23日 (日)

初老たちの「のだめ」とも 〜「オーケストラ!」〜

またもや週末頭痛を抱えて映画2本はしご。

「オーケストラ!」(2009年 フランス)
★★★☆

Concert モスクワのボリショイ劇場で清掃員として働くアンドレイは、かつては天才指揮者として知られていたが、ブレジネフのユダヤ人排斥政策によってユダヤ人演奏家が楽団を追われることに反旗を翻し、解雇された過去を持つ。ある日、パリのシャトレ座から楽団に出演依頼のファクスが届いたのを目にしたアンドレイは、30年前の楽団仲間を集め、ボリショイ交響楽団になりすましてパリに乗り込む計画を思い付く…。


またもやユダヤ人迫害が題材の映画かよぉ〜という思いが頭をかすめたが(監督のラディ・ミヘイレアニュがルーマニア出身のユダヤ系)、今はさまざまな職業で生計を立てるスラブ人、ユダヤ人、ロマら元楽団員をはじめ、バリバリ共産党員である元マネージャー、新興のロシア大富豪、さらに赤字を抱えるパリの劇場支配人らの思惑が交差するドタバタ劇が楽しかった。

クラシックファンならラストのあの1曲で満足かも。30年前に「中断された演奏」の雪辱を果たすためにも、あそこはフル楽章だったのだ。しかし、それにしても多くのことをあの時間帯に詰め込みすぎではないのか。まあ、演奏を流しながら種明かしをするというのは面白い試みではあるけど、音楽にかぶさる映像がうるさかった。

出演者の中で唯一の若い女性が、「イングロリアス・バスターズ」のメラニー・ロランだった。やっぱり綺麗。しかし、開いた胸元ばかりを撮していると感じたのは気のせいか。

 

« 2人のラスト・チャイルド 〜『ラスト・チャイルド』〜 | トップページ | 脱北に焦点を当てた映画 〜「クロッシング」〜 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/34837952

この記事へのトラックバック一覧です: 初老たちの「のだめ」とも 〜「オーケストラ!」〜:

« 2人のラスト・チャイルド 〜『ラスト・チャイルド』〜 | トップページ | 脱北に焦点を当てた映画 〜「クロッシング」〜 »

インデックス

無料ブログはココログ