« 4月・5月に観たDVD | トップページ | Sugarfoot's Ohio Players@ビルボードライブ東京 »

2010年5月30日 (日)

元エリート軍人のおたずね者スーパーヒーロー 〜『キリング・フロアー』〜

先に読んだジャック・リーチャー・シリーズ8作目『前夜』が面白かったので、1作目にさかのぼってみた。

『キリング・フロアー』リー・チャイルド著/小林宏明訳
(講談社文庫 2000年邦訳)


Killingfloor 元軍人のジャック・リーチャーは、兄から聞いたブラインド・ブレイク(1930年代に没した実在のブルースギタリスト)の伝説に興味をもち、放浪の旅の途中でジョージア州の田舎町に立ち寄る。しかし、歩き着いたその日に、身に覚えのない殺人容疑でいきなり逮捕される。実はリーチャーは、この街で進行するある大きな陰謀に都合よく利用されたのだった。容疑を晴らしたリーチャーは、個人的な思いから真犯人を捕らえるために街に残る。そして間もなく、商店街の人通りもほとんどないのに財政だけは潤っている小さな街のいびつな姿に気づくのだった…。


これは楽しかった! どうやらこのジャック・リーチャー・シリーズは、軍人として鍛え上げられたサバイバル能力と抜群の推理力を兼ね備えた主人公が、おたずね者として放浪しながら、行く先々で探偵&用心棒のような働きをする(ラブロマンスもありの)物語のようだ。
『前夜』は8作目ながらこのシリーズの前章となる内容。軍隊が舞台で、ある程度は真実味のあるシリアスな内容と感じたのだが、この1作目は、悪の一味は容赦なく殺していくところからして、純粋な娯楽小説。主人公が並み外れたスーパーマンなので安心して読めることも約束されている。息抜きで楽しむにはうってつけ! しかし、犯罪ネタについてはしっかり下調べて書かれてあるようで読み応えがあり、プロットもひねりがあって飽きさせない(まさかブラインド・ブレイクの話がそこでつながるとは!)


あとがきによると、著者のリー・チャイルドはイギリス作家だが「英国を舞台にしたのでは書きえないもっと広がりのある、開放的なプロットをつくりたい」という理由で、アメリカのディープ・サウスを舞台に選んだという。その意図するところはよく分かる。どこの国が舞台かで、どんなタイプの小説も、書ける内容と書けない内容、人物のキャラクターづくりにも大きく影響するものだなと改めて感じた。


******************************************

打って変わって日本の純文学。翻訳の、しかもストーリーがはっきりしたものばかり読んでいるので、すんごい隔たりがある。

『笙野頼子三冠小説集』笙野頼子
(河出文庫)

純文学の守護神にして永遠の「新人」、笙野頼子。デビュー後暗黒の十年を経て、立て続けに受けた三つの栄光——野間文芸新人賞受賞作「なにもしてない」、三 島由紀夫賞受賞作「二百回忌」、芥川賞受賞作「タイムスリップ・コンビナート」を一挙収録。いまだ破られざるその「記録」を超え、限りなく変容する作家の 栄光の軌跡。(文庫裏表紙より)


Sankanshosetu日本文学で今も尊ばれているのは、作者自身のことなのか完全な創作なのか、その境目があいまいなこういう私小説なのかなと思った。となると、体験的に共通点があったり文体などが生理的に合えばハマルという感じで、この人の作品はすっと文章に入っていけるところと、ゴリッとして消化の悪いところの半々だった。たぶん消化しにくい部分がない小説は、日本では文学とは呼ばれないのかもしれないけど。
好きなのは、この3作品の中ではいちばん早く書かれた「なにもしてない」。エッセイ風で分かりやすいというのもあるけど、湿疹の話からいきなり帰省の話になり、そして引っ越しの話と取り留めなく続いてきて、最後にヒヨドリの餌付けの場面で、初めて達観したようなユーモアを感じ取り、息苦しさから解放された気がした。このヒヨドリの部分はかなり好き。


« 4月・5月に観たDVD | トップページ | Sugarfoot's Ohio Players@ビルボードライブ東京 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

(◎´∀`)ノひめさん、こんばんは♪

わあ~、頼子読んでくれたんですねっっっ!
って、喜びつつ
わたしはまだこれ未読で。。

>この人の作品はすっと文章に入っていけるところと、ゴリッとして消化の悪いところの半々だった。

わたしもまったく同じ読書感で
この人はえらいとっつきにくい部分があるというか
たぶん意識的に、己を貫き通しているんだろうけど。
だから、一冊読むのに
骨が折れて、なかなか次にいけないんですよね。
(わたしは三冊目でストップしてます。。)
でも、最近では久しぶりに読み応えする本に出会った
という感じなので
休み休み読んでゆきたいっす( ̄▽ ̄)

ちなみに今は
岡本太郎の「人間は瞬間瞬間にいのちを捨てるために生きている」を読んでいるのですが
すごいですね、太郎。
(はっきり言って、芸術おんちのわたしには
彼の芸術がどこまで理解できているか、ほとんど不安ですけども。。。)

あ、それと
今日まででした「ノーラーガールダイアリー」・・・(泣)
悔しいので
明日、ドン・ジョバンニ・・を観にいきたいっっっ
とか思ってるんす。

マキより(はあと)


>マキさん
こんばんは。
膝の痛み、なかなか和らがないようですね。
今がいちばんいい気候ですからね、出掛けたくなって当然です。

笙野頼子は前から何か読んでみようと思ってたので、
いいきっかけになりました。
マキさんの「頼子」との名前呼び捨てが受けた!
この人は「ショウノ」と名字で呼ぶのが似合っているイメージなので、
「ヨリコ」には意表を突かれました笑 
私もいずれもう1冊、読んでみようと思ってます。

岡本太郎は、なぜか川崎市の美術館に3度行く機会があって、
3度行っても良かったです。
難しさを感じさせず(そこがいい)、とてもポップだった。
本はどんな感じなんでしょうかね。

(*^ω^*)ノ彡ひめさん、こんにちたは♪


>出掛けたくなって当然です。


・・ありがとう(つд⊂)エーン

って、ノーラーガールって何だよ?
って感じですよね。
ごめんなさい、ローラーガールです。

もう、ひめさんの優しさに勇気凛々
いつものシネマックスで、ドン・ジョバンニを観る予定です♪
(ほんとはコスチューム劇って得意じゃないけど。。。)

>マキさんの「頼子」との名前呼び捨てが受けた!

はは、これは親近感というか
馴れ馴れしさです。。

マキは好きな作家は
たとえば
吉行淳之介→じゅん
森茉莉→まり
というように、名前呼びつけなんですが
大ファンにかかわらず
沼正三だけは、ぬま!と呼んでいます(* ̄ー ̄*)
(でも、ごく近所の医院に、マキが名づけた「沼」が居るので
(めためた沼っぽい医者なんす!)
家族の前ではフルネームで呼んでいます!
って、家族と沼正三の話をする機会もないに等しいですが・・・)


>難しさを感じさせず(そこがいい)、とてもポップだった。


そーなんですね。
いいな~、マキも生の太郎を体感したいっす。。


>本はどんな感じなんでしょうかね。

まず、読みやすい!
言葉選びはナイーブながら
トータルでシンプル!というか。

すごくステキな人物だって
文章から伝ってきます♪

マキより(はあと)

ごめんなさい、こんにちは♪
です・・・( ̄Д ̄;;
(挨拶までもうろくする始末・・・泣)

巻き

>マキさん
こんばんは〜。
ドン・ジョバンニ、私もちらっと見にいくかと思いましたよ。
その前にローラガールと、
あとSoul Powerは見にいく義務!があるわけですが・・・。

沼っぽい医者ってwww、どんな人なのかまったく想像つかないけど、
一度会ったら「あ、沼だ・・」と納得できるかも。

岡本太郎は一時期テレビによく出ていて、
笑われる対象にも平気でなっていましたよね。
でも、絶対、染まったり転んだりしない。
テレビに出続けて変わってしまう人が多いけど、
そんなところもすごいなと思っていました。

で、まあ、天才で変人という安直な連想なんですけど、
最近、ノラ猫の餌やりで訴えられた将棋の加藤一二三元名人って人、
私は無知で初めて知った人物でしたが、
↓このサイトが面白くて、にわかファンになりました笑
http://2chart.fc2web.com/123.html

入力ミスは、文章に勢いがあるってことで、気にしない気にしない。コメント欄ってそんなものよ。

(o・ω・)ノ))ひめさん、こんばんは♪
(って、しつこい?)

>その前にローラガールと、
>あとSoul Powerは見にいく義務!があるわけですが・・・。

千葉、打ち切りみたい・・(泣)
Soul Powerは知らないですっっっ
(調べっか!)

>沼っぽい医者ってwww、どんな人なのかまったく想像つかないけど、

いや、本当に沼っぽい人物というか
沼付近に生息する生き物みたいな・・・。
マキが「沼が、沼が」と言うもんだから、家族もすっかり沼呼ばわりっす。
(とにかく気味の悪い親父なんすよ~)

↑一度ひめさんにも会わしたいくらい、そうしたら絶対
「あ、沼・・」って思ってくださると思う自信あるっすヽ(´▽`)/


>最近、ノラ猫の餌やりで訴えられた将棋の加藤一二三元名人って人、

あ、知らない・・。
最近、ますますうとくなってしまって・・・( ゚д゚)ポカーン
URLありがとうこございます!
さっき、ささっと読みましたが、おもしろいです♪
&ひめさんこんなサイトも読んでるんだ~♪
とミーハー心も疼きましたぜ!
(マキもおかえしに、長年読んでいるサイトを紹介しようと思いましたが、一般の人なので
押し付けになっても・・など、気にしすぎてやめました。。)

マキより(はあと)


>マキさん こんばんは。
今日は東京タワーの展望台に初めて登ってきました。
同じ場所でやっていたマイケル展にも行って
そしてなぜかアナクロ情緒たっぷりな蝋人形館へも・・・笑いすぎた。

Soul Powerはごく個人的な興味対象なので(好きなミュージシャンたちが出る)
おすすめというわけじゃないのです。
すみませんsweat01 いや謝ることでもないけれど。

>ひめさんこんなサイトも読んでるんだ~♪

ふふふ、会社の昼休みなどに2ちゃんねるのまとめサイトなどはよく見てますよ〜。
長年読んでいるサイトなんて、面白そうじゃありませんか。
ウェブ上では一般の人、有名な人、関係ありません。
気が向いたら紹介してくだせえ。こっそりと、ヒントでも。

(* ̄0 ̄)ノひめさん、こんにちは

東京タワー行って来たんですね♪
マキは、うんと子供の頃、両親と
十代の終わり、当時の男と入りましたよ、蝋人形館♪

>そしてなぜかアナクロ情緒たっぷりな蝋人形館へも・・・笑いすぎた。


そーそーそーヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
なんかトータルでしみじみしちゃう場所ですよね♪

今は、高速から眺めるだけです。。

>気が向いたら紹介してくだせえ。こっそりと、ヒントでも。

わわ、ごめんなさい
もったいつけるつもりはまったくなく(;´Д`A ```

実は
ブログをはじめる前から
読んでいるかも。。。

もしかして、すでに知ってるかな?


http://www.otearai.net/

ひめさんにもフィットするような気がするんだけどな~

あ、この夏は
若松孝治の「キャタピラー」が観たいっす!

マキより(はあと)

>マキさん
こんにちは。
私は人生の半分以上を東京で暮らしてるのに、今回初めて行ったのだタワー。
もっと高い電波塔ができると知ってから興味を持つって変ですけどね。

蝋人形館は、ジャーマンプログレロックの部屋ってのがあって、
日本人100人中1人知っているか知らないかのようなミュージシャンの蝋人形が
あるのですよ! それが可笑しかった。
有名人の蝋人形は、予想通り、マドンナやジュリア・ロバーツあたりで時間が止まっていて、マキさんの好きなブラット・ピットもあったけど、似てなさ度はいちばんでした。

教えてもらったHP、あとでじっくり見てみます。ありがとう。

キャタピラーかあ、これまた社会派だなあ。
主演女優が海外で賞を取ったんですよね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/34944457

この記事へのトラックバック一覧です: 元エリート軍人のおたずね者スーパーヒーロー 〜『キリング・フロアー』〜:

« 4月・5月に観たDVD | トップページ | Sugarfoot's Ohio Players@ビルボードライブ東京 »

インデックス

無料ブログはココログ