« ボッシュ刑事、キツネとタヌキに振り回されるの巻〜『エコー・パーク』〜 | トップページ | 初老たちの「のだめ」とも 〜「オーケストラ!」〜 »

2010年5月 9日 (日)

2人のラスト・チャイルド 〜『ラスト・チャイルド』〜

早川書房創立65周年およびハヤカワ文庫40周年記念作品として、異例の?ポケミスと文庫版同時刊行(ポケミスの背表紙はゴールド色!)。CWA賞最優秀スリラー賞受賞に続き、先日、本国のMWA賞最優秀長篇賞受賞も決定したそうで、どんだけ鳴り物入りなんだと思うが、実際、そんな雑念など軽く吹っ飛ぶ面白さだった。


『ラスト・チャイルド』ジョン・ハート著/東野さやか訳
(早川書房 2010年邦訳)

Lastchild アメリカ・ノースカロライナ州。双子の妹アリッサが失踪してから1年、13歳の少年ジョニーは妹はまだ生きていると信じて疑わず、学校をさぼり犯罪歴のある住民を見張るなどして、独自に捜査を続けていた。父親は娘がいなくなった後に家から出て行ったまま。美しい母親は以前から彼女を狙っていた町の権力者に囲われ、薬づけとなっている。唯一、ジョニーのことを心配して見守る大人はハント刑事。しかし、彼も少女失踪事件にのめり込むあまり、家庭を崩壊させていた…。


ジョン・ハートは『キングの死』で作家デビューして、これが長編3作目。前作『川は静かに流れ』を読んだときに、登場人物たちが直情的で辛辣なのが印象に残ったが、それがこの人のスタイルなのか。本作の人間関係もかなりぎすぎすしている(良くいえばエモーショナル)。が、本作はオーソドックスな警察ミステリーという面があるので、それはあまり気にならない(刑事たちのやりとりは本来辛辣だ)。また、健気で想像力豊かな少年を主人公に据えたことで、子供の冒険+友情の要素が加わり、個性的な小説になっている。

家出同然の身なりで、何かに取り憑かれたように憔悴し、大きくてきょときょと動く黒い目ばかりが目立つ小柄な少年がバスに乗り込んでくる・・・プロローグからして強烈な印象を残すジョニーのキャラクターがなんといっても魅力的だ。特異なキャラクターをもう一人挙げるとすれば、警察から犯人として疑われる大男の脱獄囚リーヴァイ。黒人とインディアンの血を引くリーヴァイ(『グリーンマイル』に登場する人物を彷彿とさせる!)と少年ジョニーは、ノースカロライナの歴史に関連するある因縁で結ばれており、これが終盤で神々しいともいえる感動を呼ぶ。
少女失踪事件の真相は痛ましいものながら、それまで読みながら頭の隅に引っかかっていたことが一気に腑に落ちる構成力も素晴らしい。翻訳ミステリにおける今年のNo.1は、本当にこれで決まりかも。

 

« ボッシュ刑事、キツネとタヌキに振り回されるの巻〜『エコー・パーク』〜 | トップページ | 初老たちの「のだめ」とも 〜「オーケストラ!」〜 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ひめさんおはよー\(^o^)/


えー、今年No.1ミステリですって(@_@)
マキも読まなきゃ…♪

でも、なんか今
マキの中で、第二次森茉莉ブームが来ちゃってて
鴎外の末っ子森類の本まで買う始末なので(^〜^;)
直ぐに読めるかは判りませんが
とにかくAmazonで頼まなきゃ!

あ、そーいや「犬の力」も途中でとまってるんだったけ…(;´д`)


あ、ところでひめさんは読んだ本など
どうしてますか?
なんか、気がつけば、というか気が向けば
ブックオフに売るようにはしてるんですけど。
なんせ、あそこは三百冊で二千円の世界ですから…(泣)

どんどん増えるでしょ、本やCDって。
CDはまだ薄いからマシだけど、本はハードカバーなんてめためたかさ張るじゃないですか?


皆さん、どうなされているのかな〜?
って、いつも思うんですよね…。

マキより(はあと)

>マキさん
こんばんは〜。
森類って誰?と、鴎外の子どもたち調べた。文芸一家ですね、知りませんでした。
その後にこのミステリを読んだらギャップ大きいと思う(^-^;
今時のアメリカンだからさあ。

本は、私はマキさんほど読まないので、何度かの引っ越しのときに処分したくらいです。今は部屋の広さだけは十分あるので、本棚に収まらないのは床に積んでます。それでも、大した冊数じゃないですよ。

300冊2000円て、安いよね!ショックだわ。
あそこは本の価値は均一なんでしたっけ?
ネットオークションという手もあるけど、手間ばかりかかっちゃいそうだしね。
紙の本は、あと数十年したら出版されなくなり、高値がつくかも! んなことないかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/34609007

この記事へのトラックバック一覧です: 2人のラスト・チャイルド 〜『ラスト・チャイルド』〜:

« ボッシュ刑事、キツネとタヌキに振り回されるの巻〜『エコー・パーク』〜 | トップページ | 初老たちの「のだめ」とも 〜「オーケストラ!」〜 »

インデックス

無料ブログはココログ