« 茨の道でも自立を選んだ16歳 〜「プレシャス」〜 | トップページ | 原題は「An Education」〜「17歳の肖像」「ウルフマン」〜 »

2010年4月29日 (木)

壮大な歴史的建造物に秘められたものを思い起こさせる 〜『大聖堂』〜

昨年続編が出たので、それに触発されてようやく読んだベストセラー歴史ロマン小説。

『大聖堂』ケン・フォレット著/矢野浩三郎訳
(ソフトバンク文庫 1991年邦訳)


Pillarsoftheearth いつかこの手で大聖堂を建てたいという野心を抱く石工トム・ビルダーが、凋落一途のキングスブリッジ修道院の再建をはかる院長フィリップと出会い、始まった大聖堂建立。フィリップ一派に恨みを抱く地元の豪族や私欲に走る司教からの執拗な妨害、折からの内乱、大飢饉などにより、何度も頓挫の危機を迎えながらも、やがてトムの継息子ジャックの世代となり、イングランド初のゴシック様式の大聖堂が全容を現す…。


文庫本3巻1800ページをおそれるなかれ、だった。ストーリー主体の小説なので、思っていたよりもはるかに読むのが易しい。一難去ってまた一難と、物語の佳境が短い周期で訪れる。でもって、悪い奴はとことん卑劣で、いつまでたってもそいつらがいなくなってくれないので笑、勧善懲悪の結末を求め、さらに壮大な大聖堂の竣工を楽しみに、先へと読み急ぐことになる。
面白かったです〜。小説というものを初心にかえって楽しんだ感じ。途中で何度が後ろのほうのページをのぞき見するほど。といっても、たびたび佳境を迎えるうちに、ある程度パターンが見えてきて、文学というよりは、クリフハンガー形式で何シーズンにもわたって放送されるアメリカのTVドラマでも見ている気分にふとなったりしましたが…。
しかし、長い物語というのは、じわじわとその世界に浸っていき、すっかりなじんだところでクライマックスを迎えるので、感動するのは容易いのだ。捨て子ジョナサンの出生の秘密が公になる場面では、文字通り鳥肌が立ったよ〜。ちょうど電車に乗ってるときだったので、腕まくりして確認まではしなかったが。

大聖堂竣工までの道のりは、イングランド王権争いによる1120年のホワイトシップ号の遭難から、それに続く無政府時代、王と教会の対立による1170年のトマス・ベケット暗殺(歴史の授業を思い出した!)までの半世紀を背景にしている。有名な史実と小説の中の架空の登場人物との絡ませ方が実はかなり強引なのだが、読んでいる間はそれが気にならないというのは、やはり物語がとてもよく出来ているからだろう。いちばん好きな場面は、まだ建設中の大聖堂を中心に自由民による活気ある街が出来上がっていくところかな。

 

« 茨の道でも自立を選んだ16歳 〜「プレシャス」〜 | トップページ | 原題は「An Education」〜「17歳の肖像」「ウルフマン」〜 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/34444094

この記事へのトラックバック一覧です: 壮大な歴史的建造物に秘められたものを思い起こさせる 〜『大聖堂』〜:

« 茨の道でも自立を選んだ16歳 〜「プレシャス」〜 | トップページ | 原題は「An Education」〜「17歳の肖像」「ウルフマン」〜 »

インデックス

無料ブログはココログ