« 2010月2月に観たDVD | トップページ | Chuck Brown & The Soul Searchers @ビルボードライブ東京 »

2010年3月14日 (日)

登場人物が超有名ってだけの 〜シャーロック・ホームズ〜

土曜日は体調不調のなか、1本はネットでチケットを購入してしまっていたのと、もう1本は前売りチケットを今使わないとムダになりそうという理由で映画館をはしご。休日の新宿は人が飽和状態で、気が狂いそうだった。しばらく行きたくない〜。


「シャーロック・ホームズ」(2009年 アメリカ)
★★★

Sherlock 実は小説の私立探偵ホームズは1冊も読んでない。怪盗ルパンは学校図書館にあったのをほぼ全部読んだ。子供のときなので、本の表紙または挿絵に描かれていたシルクハットに黒マントのシルエットのルパンのほうが、チェック柄の鹿狩り帽子にケープ姿のホームズよりも、単純に分かりやすい格好良さだったからかもしれない。当時の読書家の友人はホームズのほうが面白いと言っていた記憶あり。

それにしてもこの映画、ちっとも19世紀末のロンドンらしくなかったわ。ホームズ役のロバート・ダウニー・Jrの顔や演技がイギリス人に見えないのが大きいかな。ストーリーは、原作に基づいているのかどうか知らないけれど、今のミステリー作品と比べたらほとんどひねりのないもの。だから他の楽しみどころをと探しながら見ていたのだけど、体調悪いせいもあって乗れなかった…。

シリーズの序章くらいのつもりで作られていて、パイレーツ・オブ・カリビアンのジョニー・デップのような子供のアイドルを目指しているのかもと思った。ダウニー・Jrは「アイアンマン」のほうが似合っていると思う。ちなみにガイ・リッチー作品は初見。


***********************************

「Dr. パルナサスの鏡」(2009年 イギリス/カナダ)
★★★

あははは、相変わらず我が道を行くテリー・ギリアム監督なのであった。
こっちも舞台はロンドン、出演者にジュード・ロウがいて、首つり場面が出てくるなど「シャーロック・ホームズ」とだぶるところがいくつかあり、最初はまるで続きを見ているような錯覚。でも、断然こっちのほうがわくわくするものがあった。

それに、こっちの映画は時代は今のようだったが、よほど19世紀末な感じがした。というか、時代がいつとか、実はどうでもよい感じ。ビジュアルも、テリー・ギリアムがいろんなところで目にして気に入ったモチーフをちりばめたふうで、そのむちゃくちゃさ加減は長新太の絵本並みに痛快。
でも、テーマは意外とシンプルで、見終わった後からじわじわくるものがある。やはり惜しいのはヒース・レジャーが途中で亡くなったこと。「ダークナイト」に続いてこんな役を引き受けたら、そりゃ精神的にきついわ〜。ヒース・レジャーが演じ通していたら★4つ。
でも、この役はあまりヒース・レジャーに合っていない気も…。対して、クリストファー・プラマーや、リリー・コール、トム・ウェイツ、ヴァーン・トロイヤーなどは映画の世界に合っていて良かったです。

« 2010月2月に観たDVD | トップページ | Chuck Brown & The Soul Searchers @ビルボードライブ東京 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ひめさん、こんばんは♪

おお、ひめさんは
あの人ごみとうぶん行きたくないか~・・・。

マキは
なんというか、普段がものすごく静かな生活なので
(精神状態以外は・・・)
たまに原色の世界に入ると
ワクワクしちゃうところはあります。

「シャーロック・ホームズ」
うーん、マキはいっそ見送っちゃおうかしら・・?

ガイ・リッチー
「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」と
「スナッチ」しか観ていませんが
マキは二作品とも好きでした。
(だって、すげーアホなんだもん♪)

ああ、ヒース・レジャー。
本当に、オール彼で演じてほしかったです。

言われてみれば
この作品の中で、彼だけやけに現代的というか
少なくとも絵本向きとはいえない雰囲気でしたね。

ただ、マキなんて
あらためて彼の男前っぷりに気づかされ
一人くらくらしてました。
(わーん、なんで死んじゃったのよ~)

マキより(はあと)


パルナサスの鏡。
ヒースで通しで見れたら★★★★★!!!!
生き返って続きを撮影してくれるってんならいくら星をあげても良いわ。

シャーロック・ホームズは、ま、あんなもんでしょ。
面白かったじゃない(笑)

>「シャーロック・ホームズ」

この手の映画は吹き替えと字幕どちらがリアルでしょうかね??
TOHOシネマでポンとがたまって1回無料で見れるんですわ・・・

ちなみに先週、パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々
見てきました。けっこう笑えました。

>マキさん
こんばんは。
新宿の人混み、楽しんでいただけたら幸いです(なんでや)。
あの街、東京の中ではいちばん馴染みがあったのですが、
行くたびに人が増えている気がします。
ルミネに買い物に行ったら10%セールやっていて、大混雑で
うぎゃ〜といいながら逃げてきました。
年のせいですね…。

シャーロック・ホームズ、どこが面白いの?と思いましたよ、私は。
そして確かにこれもアホですが、一つもワクワクしないの。
見送っていいともー!

ヒース・レジャーの顔は、日本人受けするのかなあ。
出演作品では「恋のからさわぎ」が一番好きです。

>えむさん
こんばんは〜。
ヒースの代役3人、ストーリーは辻褄合わせてたけど、
即興なのがバレバレで、中途半端な映画になってしまっていたのが残念でした。
ヒース追悼というよりは、映画として残念。

シャーロック・ホームズは、こんなの見てたら頭がますます悪くなる感じ。
あんなもんでしょ、なんて言ったら古典ミステリや英国ドラマファンは嘆いちゃいますよ(^-^;

>goodさん
私もパーシー・ジャクソンのほうを見れば良かったよ〜。
もしくはディズニーのお姫様のやつ。
ホームズ、そういえばそうですね、字幕のほうが雰囲気あるのかな。

TOHOシネマ、いつもカード作ろうとして作ってない。
あれって入会費や年会費がいるんでしたっけ。今度作ろうかな。

いやーー頭が良すぎるんだよーーーヒメヒカゲさんは。
少しネジ緩めたほうが・・・っていらん世話だ(^^;
私程度のオツムには丁度良いよ~。
でも、やっぱりミステリーファンの人からすればお子チャマ過ぎでしょう。

パーシージャクソンは、いちいち笑えたよー。
単にギリシャ神話好きなので、神話になぞらえてるだけで楽しめるの~♪
アバターの主役の子が出てる「タイタンの戦い」も観なくちゃだわ。

>あれって入会費や年会費がいるんでしたっけ。今度作ろうかな。

無料です!
6回行けば1回タダですぞ!

月に1回行く計算ですとプラスで年に2回タダになる。(年に14回みれる)
お得!

>えむさん
うーん屁理屈がすぎましたか。
何か書いて埋めようとすると、どうしてもねえ…。すみませんねsweat01

でも、好きか嫌いかが前提にあって書く映画の感想などというのは、
読む人によって「同意できる文」か「屁理屈」のどちらかしかないので
仕方ないんです。

>goodさん
返事ありがとう。
そして、新ブログ開設おめでとうございます!

6回で1回タダは新宿ピカデリーと一緒だわ。
職場から近くにあるので次回入会してみる!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/33770624

この記事へのトラックバック一覧です: 登場人物が超有名ってだけの 〜シャーロック・ホームズ〜:

« 2010月2月に観たDVD | トップページ | Chuck Brown & The Soul Searchers @ビルボードライブ東京 »

インデックス

無料ブログはココログ