« Chuck Brown & The Soul Searchers @ビルボードライブ東京 | トップページ | 中年版「500日のサマー」 〜マイレージ、マイライフ〜 »

2010年3月22日 (月)

おれの止まり木にようこそ 〜『死者の名を読み上げよ』〜

エジンバラ警察の万年警部ジョン・リーバスと愛弟子シボーン・クラーク部長刑事の日常を綴るシリーズ、4年ぶりの翻訳新刊本!
いや〜待ってたよー。本国イギリスでの人気はすこぶる高いこのシリーズ。日本ではあまりぱっとしないらしく、早川書房も一時テコ入れを図ったのでしょうか。ハードカバーで出版されたり、未翻訳だった旧作が文庫で出されたり・・・しかし、これは久々にポケミスに戻っての出版。帯にある「リーバス警部、ポケミスに復帰」のキャッチが不屈の男を思わせていいね!笑。テコ入れの結果が芳しくなかったとしたら残念だが、ハードカバーや文庫の表紙のイラストがいまいちイメージでないと思っていたこともあり、こっちのほうが落ち着く。


『死者の名を読み上げよ』イアン・ランキン著/延原泰子訳
(早川書房 2010年邦訳)


Namingofdead 本作は、2005年7月にエジンバラで開催されたG8を背景に、その前後10日間の出来事を描いている。U2のボノらの呼びかけもあり20万人に膨れあがった市民デモと、警備のためにイギリス全土から集められた警察官たちで騒然とするエジンバラ。しかし、その騒ぎを横目に、はぐれ警部リーバスとクラークは地元大物ギャングの部下が殺された事件を追う。それと並行してリーバスは、エジンバラ城での国際会合に出席していた議員の転落死に不審を抱き、クラークはデモに参加していた母親を殴打した人物を捜すのを断念できない…。


スコットランドでG8のあった週は、未曾有の市民デモだけでなく、ボブ・ゲルドフ主催のコンサート「Live 8」が世界規模で開かれたり、2012年のオリンピック開催地がロンドンに決定したり、警備が手薄になったのを狙ってロンドン地下鉄同時爆破事件が起きるなど、イギリスにとって激動の1週間となった。本作は、これらたくさんの要素を無理なく絡めながら、いつものシリーズの持ち味(登場人物のキャラクターの立たせ方など)は損なわれていない。やっぱり面白いわ〜。

今作のリーバスはたまに芝居がかっている・・・相手が誰であろうと媚びることのない態度とは裏腹に、本人が老いてカドが取れたのが伝わってくるからか。とにかく行動に関しては、定年間近の年齢になろうとも青臭い頃のままに、自分なりの正義を貫き通すリーバスであった。終盤、偽警官への子供じみた仕返し場面には笑った。以前から見られるリーバスのこういう行動は、年を取ると滑稽さが増すだけなのだ。しかし、傍から見たその滑稽さもいまや持ち味なのだ。老いても反抗心を失わないロックミュージシャンのごとく。

この作品はいつもに増して音楽ネタが多かった。イアン・ランキンは本作に限って、ジョージ・P・ペレケーノスのワシントン・サーガのシリーズを意識して書いたところもあるんじゃないかと思ったけど、どうなんだろう。


**************************************


18世紀のパリを舞台にした「ニコラ警視の事件」シリーズ3作目。

『ロワイヤル通りの悪魔憑き』ジャン=フランソワ・パロ著/吉田恒雄訳
(ランダムハウス講談社 2010年邦訳)


Fantomedelarueroyale パリの中心で開催された王太子とマリー・アントワネットの成婚を祝う花火大会は、大惨事を招く結果となった。大勢の見物客や馬車が押しかけるなか、王立警察と対立するパリ市警の陰謀で警備がまったくなされず、花火の爆発による混乱で何百人もが命を失ったのだ。その責任の所在を明らかにするよう命を受けたニコラ警視は、どさくさにまぎれて捨てられたとおぼしき若い女性の絞殺死体を見つける…。


フランスで作られたテレビシリーズが日本でも放映中とあって、翻訳されるのが早いです。が、半年前に読んだ2作目から物語は10年も進んでいるではないか! このあたりは史実を絡めた時代ミステリだから仕方ないのだろうが、10年後でも主な登場人物たちにほとんど変化はない。
今作は割とオーソドックスなフーダニットミステリになっていて読みやすかった。しかし、面白さは1作ごとに減っていく…。もともとこの時代のフランスに特に興味があるわけじゃないので、新鮮みが薄れたに過ぎないかもしれないが。

« Chuck Brown & The Soul Searchers @ビルボードライブ東京 | トップページ | 中年版「500日のサマー」 〜マイレージ、マイライフ〜 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/33889907

この記事へのトラックバック一覧です: おれの止まり木にようこそ 〜『死者の名を読み上げよ』〜:

« Chuck Brown & The Soul Searchers @ビルボードライブ東京 | トップページ | 中年版「500日のサマー」 〜マイレージ、マイライフ〜 »

インデックス

無料ブログはココログ