« 悪行は生き延びる | トップページ | 社長秘書でコールガールで富豪の妻で女優 〜抱擁のかけら〜 »

2010年2月11日 (木)

Zapp featuring Shirley Murdock @ Billboard LIVE tokyo

ブラック系のミュージシャンはいろいろ来日しているが、今をときめく人たちは興味があっても、聴き込んだ曲がないというだけでパスしてしまって、結局、親分のロジャーはとっくに亡くなっているにもかかわらずザップとかを聴きに行ってしまうのだ。でも、会場はほぼ満席だった。若い人も多かった。


Zapp

10日に行ったのはザップ featuring シャーリー・マードック

シャーリー・マードックは故ロジャーに見いだされ、最初はザップのバックコーラスとして、その後ソロシンガーとしてもデビューしたわけだが、この日のライブの白眉は、なんといっても彼女の歌声でした! 熱く歌い上げた「As Wey Lay」最高! こんなにうまい人が、今では名前を聞かないとはどういうこと? あーもったいない。
でも、マードックはこのライブの前座なのね。最初の2、3曲ではけて、あとは「Computer Love」のときにちょっと出て来たくらい。彼女メインのライブでも良かったのにとちらっと思った。


さて、ザップのほうはというと、もうこれは演芸ショーではないか! 一応コンセプトはファンクの歴史? 他人のヒット曲も取り入れつつ曲を短くつないで、その合間にメンバー全員が何度も衣装替え(歌舞伎の早変わりのような)して登場し、それがアフロヘアだったり、ヒップホップスタイルだったりして、年代を表している。
これはこれで楽しくて良い。もともとザップは余興も含めて客を盛り上げるのに長けていて、これも実は継続してやっているライブスタイルなわけだ。でも、アーティストとしての万能な才能の持ち主ロジャーがいないことで、音楽ライブが演芸ショーに変わってしまったのは否めず。もう少し曲をじっくりフルで聴きたかったなという思いが…。
トーキングモジュレーターもロジャーは楽器として使いこなしていたが、他のメンバーに同じことを求めるのは無理なんだろうなあ。残りのメンバーが音楽で食べていく方法がこれだというのも分かるので、応援したいですけど。


今回初めてビルボードライブのカジュアルシートという席に座った。飲み物込みで6500円は、他の席に比べてかなりお得感があって、また利用したいと思ったけど、ステージから離れるだけ、冷静にみてしまうところはあるかも。


Dance floor(Live)
http://www.youtube.com/watch?v=M-Bcq658Ba4

So ruff so tuff(Live)
http://www.youtube.com/watch?v=IHFSB1vRcYw

Computer Love
http://www.youtube.com/watch?v=AVuJ16Tabbk

« 悪行は生き延びる | トップページ | 社長秘書でコールガールで富豪の妻で女優 〜抱擁のかけら〜 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

シャーリー・マードックはザップの括りで語られる事が多いけど、中々実力派ですよね。肩書きが損をする残念な例。JBのパックで歌ってた女性陣みたいにソロでも有名になりうる存在感はあるんですが・・・。

>k.m.joeさん
いや〜本当にマードック、とんでもない歌声の持ち主でした。
あの小錦並みの体格あっての声ですかね(見た目もインパクトあり)。
そしてうまいんですよ。
ザップは彼女のバックバンドで良いと個人的に思ったんですけど、
といって彼女がザップの曲を歌うわけにいかないし・・・
ともかく前座じゃもったいない!
どこかで新譜が出るというニュースを目にしました。期待ですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/33341030

この記事へのトラックバック一覧です: Zapp featuring Shirley Murdock @ Billboard LIVE tokyo:

« 悪行は生き延びる | トップページ | 社長秘書でコールガールで富豪の妻で女優 〜抱擁のかけら〜 »

インデックス

無料ブログはココログ