« これからのSF大作映画のスタンダード? | トップページ | 2010年1月に観たDVD(2) »

2010年1月31日 (日)

2010年1月に観たDVD(1)

「ミルク」(2008年 アメリカ)
★★★★☆

Milk ガス・ヴァン・サント監督。ゲイであることを公表し、社会的弱者の権利擁護のために公職を目指したハーヴェイ・ミルクの伝記ドラマ。

アメリカでは同性愛の問題はすなわちキリスト教の問題なので、ミルクらの戦いも命がけなのだ。ショーン・ペンはもちろん、キャスティングがそれぞれはまっていて良かった。ミルクの2番目の恋人なんか、登場した途端からやっかいなにおいをぷんぷんさせていた。そして、ジョシュ・ブローリンはやはり優れた脇役なのだ。
映画の中でミルクの天敵として描かれているのが、ゲイの公民権剥奪を目論む保守派の広告塔となった歌手アニタ・ブライアント。前回の大統領選挙で共和党の副大統領候補になったサラ・ペイリンと姿がだぶります。ただ、ときどき流れる当時の記録映像(?)と映画の映像の区別がまぎらわしくて、なんとなく居心地悪い。



「愛のむきだし」(2009年 日本)

★★★★

Ainomukidashi 園子温監督/脚本。昨年の邦画のベストランキングに入っていて初めて知った映画。4時間の大作でDVDが上巻下巻に分かれているとは気づかず、上巻は昨年暮れ、下巻は今年になって見た。

●良かったところ
深夜にやっているサブカルなテレビドラマ+純文学という感じの作風で、特に前半は展開がまったく読めないままテンポよく進むのが面白かった。終盤に「うわ〜、失ってしまったのか! 最も大切な○○を!」というかなり切ない衝撃があり、そこで終わってもいい映画になると思ったのだが、その後のどんでん返しにはめっちゃ感動! 主演の西島隆弘の痛々しい笑顔が良かった。AAAというアイドルグループのメンバーらしいが、よく見つけてきたなと思った。

●だめだったところ
何度も映し出される少女(演じている人は20歳を過ぎているが)のミニスカ、パンちら、太もも・・・うぜー。主人公が盗撮男だからといってやりすぎ。ネット上にもこの手の画像が溢れ、見たくなくてもつい目に入ってきてしまう。この映画が一般に評価されたことで、日本ではロリコン・セクハラが市民権を得ていると勘違いするやつが今以上に増えないことを願う。

あと、父親の恋人役の女優がミスキャストである気がしてならなかったが、それ以上にいろいろ考えてしまったのが安藤サクラの起用。私は彼女のデビュー主演作を映画館で観たときに、このルックスでヒロインはないわと思った。しかしいつの間にか、演技だって素人丸出しなのに、売れっ子になっていて驚き!(同時に借りた「罪とか罰とか」にも出演していて、こちらはつまらなくて途中で見るのをやめた)。
で、その安藤のデビュー作の中で、特にインパクトがあったのが、彼女が雨の中でびしょ濡れになりながら泣くシーンだった。大スクリーンで見ちゃいけないものを見たというインパクト。ところが、この「愛のむきだし」でも、彼女は雨のシーンで意味もなくびしょ濡れ姿で登場するのだ。園監督もおそらくあの映画を観たのだろう、そして確信してやっているのだろうと思う。でも、やっぱり彼女が女優として騒がれるのは、今のところ、何かの反動にすぎない気がする。そんなことをぐるぐる考えていたので、映画の終盤の彼女の行動もよく理解できなかった。

« これからのSF大作映画のスタンダード? | トップページ | 2010年1月に観たDVD(2) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ひめさん、こんばんは(o・ω・)ノ))

「ミルク」
マキも観損ねた作品で、できたら観たいんですよね。
(やっぱ「レスラー」ととも)

↑実は
昔からショーン・ペンって苦手な役者の一人で。
でも「シーズソーラブリー」を観てから
許せる、というか納得できる、というか。
(まあ、お前は何者?という価値観は置いといて!)

役者って
巧さだけじゃないんだよな~って
つくづく思います。

「愛のむきだし」

↑なんつー、トリッキーなタイトルヾ(*゚A`)

昔、同監督の「自殺サークル」を劇場で観て
なんかやりきれない気持ちになっちゃって・・・。
もう、二度と観ないだろうな・・・
と思っていたんですが
これは年末観にいく予定だったんですよね。
(結局友だちにふられて観ることは叶わなかったんですが・・)

そーいや、安藤サクラ
よく知らなくて、ぐぐったら
「クヒオ大佐」に出ていた彼女だったんですね!
↑なんかちょっとイラっとする友人役だったんですけど
主役の友人役の何者でもない感じがしました。

個人的には
ボ・ガンボスのボーカルの人(故人)に似てる!
と思いました(≧∇≦)ノ

マキより(はあと)

>マキさん
こんばんは!
ショーン・ペンは私もそんなに好きな俳優というわけじゃないけど、
この人の人間を見つめる目が好きというか。
独自のポリシー持っていてぶれることがないんですよね。
基本的にくそまじめだけど、懐も大きいと思うんです。
なんか応援したくなります。

園監督は、前からちょっと気になって何か見ようと思ってましたが、
この映画のことはまったく知らなくて。
これはパワーがあって楽しい映画だったなあ。

安藤サクラは、いつもイラッとする役かもしれない笑
私、ひどいこと書いてるなと思うけど、
ここまで気味の悪い役を演じられるというのも
もしかしたら度胸と才能と賜なのかな。
よく分かりません(*^-^)

3年くらい前にケーブルのヒストリーチャンネルで、ドキュメンタリー映画の「ハーヴェイ・ミルク」をみて、興味をもってね、この映画が公開されたその日観たよ。
私も思ったけど、ジョシュ・ブローリンは、ダン・ホワイトに恐ろしく似ていてさ、今日たまたまWOWOWでやってた、ジョシュ・ブローリンがブッシュ役も、すごく、雰囲気だしていて、ホントのカメレオン役者だぁ~って思うコトしきりでしたね。
しかし、この映画というか、事件ってのは、無宗教が多い日本人が評価するのってとても、難しいものだよね。物語として捉えた場合はマイノリティを認めないアメリカ人の一部を非難できちゃうけれどもさ、あの国に存在する、たくさんのキリスト教徒のコトを考えると、単純にそこを、個人それぞれの解放として受け入れられるのか?とかね~
去年、町山智浩の「アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない」って本を読んだのだけれども、この21世紀においても、キリスト教原理主義の人たちって、もう頑ななまでに聖書を信じて生きているんだもの……。

>アモさん
「ミルク」、公開時に見そびれてようやく見ました。
ドキュメンタリーのほうも面白そうですね。
ブローリンの化けっぷりは目を見張るよね!
ブッシュ役も予告だけ見たけど、あの一見よくある顔で得してるのかな。
「アメリカン・ギャングスター」の悪徳警官役以来、すっかりお気に入りです。

アメリカはどうしてこんな歪んだ宗教の国になってしまったんだろうね。
というか大都会と田舎の人たちの宗教に対する考え方が違いすぎ。
国土が広いのが関係してるのだろうか。
1970年代後半になってもこんな揺り戻しがあるのかと思ったけど、
今またその時代に戻っている気配もあるし(進化論教えないとか、結婚まで性交渉持たないとか)、いつもせめぎ合いしている感じね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/33187985

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年1月に観たDVD(1):

« これからのSF大作映画のスタンダード? | トップページ | 2010年1月に観たDVD(2) »

インデックス

無料ブログはココログ