« テレビのライブ音楽番組がひどい。 | トップページ | 頭とは関係なく心は動揺するのだ »

2009年12月30日 (水)

10月〜12月に観たDVD

感想アップしないままでの年越しは、やはり心残りなので簡単にメモ。今年も寝ないまま早朝の高速バスで帰省するのだ。年賀状はついに書かなかった…。
皆様、良いお年をお迎えください。


「ダウト 〜あるカトリック学校で〜」(2008年 アメリカ)
★★★★
トニー賞とピュリッツァー賞を受賞した戯曲の映画化。冒頭での神父の説教「疑いは確信と同じくらい強力な絆になり得る」が、この映画の内容をすでに暗示。男性すべてを毛嫌いしていそうな(?)厳格な校長シスターにメリル・ストリープはぴったり。胡散臭いところがありそうな(?)世俗的神父にフィリップ・シーモア・ホフマンはぴったり。純真なようで「面倒を避けたいだけ」と言われてしまう若いシスターにエイミー・アダムスはぴったり。演技力がものをいう、こういう心理ドラマをいちばん楽しんでいるのは、実は出演者?


「その土曜日、7時58分」(2007年 アメリカ/イギリス)
★★★★
兄が生活費に困っている弟に強盗計画を持ちかける。狙うのはなんと彼らの両親が営む宝石店…。歪んだ家族愛を背景としたスリリングなサスペンスで、俳優たちの真に迫った演技が見どころ。お金をかけなくても、実力派俳優を使えばこれだけのものができるというのを、80歳を過ぎたシドニー・ルメット監督が示した気がする。原題は「BEFORE THE DEVIL KNOWS YOU'RE DEAD」。


「イエスマン YESは人生のパスワード」(2008年 アメリカ)
★★★★
すべてに後ろ向きな銀行員の男(ジム・キャリー)が、「なんでもYesで応じる」生き方に変えたところから、すべてが好転し始める…。融資の申し込みには片っ端からOK、スパムメールによる勧誘にもYesで返事を出しちゃうなど、今風なネタの盛り込み方がなかなかセンス良い。さほど期待していなかったけど、何度か爆笑したわ〜。元気が出る映画だ! ヒロインのゾーイ・デシャネルは前からファンだけど、期待するほどには弾けないのだ、いつも。でも、ガールズバンド「ミュンヒハウゼン症候群」(ナイスネーミング!)が面白かった。ゾーイの歌声がかわいい。


「画家と庭師とカンパーニュ」(2007年 フランス)
★★★☆
「クリクリのいた夏」が良かったジャン・ベッケル監督。生まれ故郷に戻った画家が雇った庭師は、国鉄作業員を退職した幼なじみだった…。絵を描くことに虚しさを感じ始めていた画家が、境遇も価値観の異なる男から得た友情によって、再び目的を見つけるラストがいい。


「魂萌え!」(2006年 日本)
★★★☆
桐野夏生原作、阪本順治監督。長年連れ添った夫が亡くなった直後に、妻は夫には親しい女性がいたことを知ってしまう…。平穏な生活を送ってきた主婦が、第二の人生にしっかり向き合うまでを描いた映画。妻役の風吹じゅんは雰囲気はいいけれど、演技はそれほどこなれていない気がする。単独主演にはちょっときつい。映画「ひまわり」を思いだす場面があった。


「キャラメル」(2007年 レバノン/フランス)
★★★☆
ベイルートのエステサロンを舞台に、世代や境遇が異なる女性たちがそれぞれに抱える悩みと友情を描く。その悩みの一つひとつに、お国柄や宗教上の風習が絡んできて面白い。終盤、なんとか悩みから抜け出せそうな若い女性たちと対照的に、子持ちの中年女ジャマルの悪あがきがみっともなくて、そこが良い。サロンの向かいの店の老女ローズになると、もう…。監督も主演も務めてしまうナディーン・ラバキー。美人監督の呼び名に異論なし。タイトルの「キャラメル」の謎は、キャラメルを脱毛に使うからだった。


「アラトリステ」(2006年 スペイン)
★★★☆
17世紀スペイン、フェリペ4世時代の一人の傭兵の生き様を描く。ヴィゴ・モーテンセン主演。ベラスケスの「セビーリャの水売り」「ブレダ開城」が映画の中に小物として登場するのはともかく、映像自体が、色彩とか陰影を含めて絵の世界のまんまに再現されている凝りよう。当時の絵画を資料にしたと思われる場面・構図も多い。架空の主人公を通して、20年以上にわたる戦争の虚しさが伝わってくるが、歴史映画というよりは任侠映画風味。


「エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか?」(2005年 アメリカ)
★★★☆
巨大企業破綻の真相に迫るドキュメンタリー。エンロンはブッシュ親子に最大の献金をしていた企業。エネルギー業界の規制緩和を陰で導き、ついには電力供給を操作してカリフォルニアを停電させることまでやってのける…。その間のエンロンのトレーダーたちの電話での会話が生々しい。しかし、粉飾決済と巨額の負債を知っていながらエンロンとぐるになって儲けに走った金融機関はえぐいのお。オタク学生からマッチョに変身した社長のスキリングのキャラクターはバブルそのもの。社員同士で人事考課させて毎年15%の社員が解雇されていた、その時点でまともな企業じゃなかった。


「道」(1954年 イタリア)
★★★
レンタル100円だったから借りた、フェリーニの代表作。見始めはピエロの才能を開花させる女性の話だと思っていた(爆)。その女性が「白痴」の設定というのを見終わって知って、ズッコけた。単に無口で従順なだけじゃないの? ああいう女性は、日本の昔の小説や映画では定番ともいえるタイプなのだが。アンソニー・クイン演じるザンパノは良かった。「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」の主人公に野卑なところが似ていると思った。昔の映画は、ときに★評価では不利になってしまう。あくまで今観て、個人的に面白いと思うかかどうかなので、そこのところよろしく。


「ハプニング」(2008年 アメリカ)
★★☆
M・ナイト・シャマラン監督による、人類滅亡のパニック映画。なんとなく似ている映画「ミスト」は、今でもはっきり内容を思い出せるのに、この映画の印象の薄さはどうだ! 2カ月前に観てもうすっかり忘れておる。いろいろと思わせぶりな要素が出てきたけど、解釈は見る人にお任せしますという内容だったような。

« テレビのライブ音楽番組がひどい。 | トップページ | 頭とは関係なく心は動揺するのだ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

新年明けましておめでとうございます。良いお正月でしたか?今年も宜しくお願いします。

>k.m.joeさん
こちらこそよろしくお願いします。
今年はもっと音楽を聴くぞ〜と宣言したいところですが、年々聴きたいものがぼやけてきてしまい…。
とりあえず今のCD買い渋り路線を、中古買いに変更してみたいと思います!

ひめさーん、あけおめですヽ(´▽`)/
&今年も仲良くしてください。

「道」の見方
いろいろなんだな~
もっともひめさんの言うとおり
マキも観たのは十代なので、今観たらどう思うのか
さだかじゃありません。
(当時は感動しちゃったんですけどね~)

と、いうか
イエスマンがそんな高評価なのに驚きですっ!

それにしても
ひめさんはフォローすごいな~
幅広い!

↑本当に映画が好きなのがわかります。

&シャラマン・・・
マキのなかでは完全にないです。
シックスセンスすら、皆がいうほどの感動もなくて。
(でもセンチメンタルな作品だとは思います)
その後の、エイリアン?関連?の
なんか畑にミステリーサークルができるやつ(タイトル失念)
で完全にムカついて。

「魂萌え!」
原作はわりによかったんですけどね。
まあ、マキは桐野ファンなので、この良いは当てにしないでください。

マキより(はあと)

>マキノコさん
ご挨拶が遅れてすみません。今年もよろしくお願いします!

「道」は、私はどういう映画なのか分からずに戸惑いました。
特に女性のキャラクターがまったくつかめなくて、
DVD特典の解説を見たら、頭が弱いと書いてあってますます混乱。
あんなに賢そうに目をくるくるさせていたじゃないのと!
しかしそれ以上に、私自身いろいろと感じ取ることが
鈍くなっていると思います。

「イエスマン」は、単にコメディには評価が甘いからでーす。
でも私が「これ面白い」と言うコメディは、ときどき人に同意されません笑

シャマランは、シックスセンスを映画館で見て感動したクチなんですよ。
その後も割と好き(「サイン」も)だったんですが…。
映画館で見て(お金払って見て)ムカついたという人は多いようですね。
監督でいえば、自分の場合はソダーバーグが苦手で
苦手と思ってからは1本も見ていないのだ。

「魂萌え!」はストーリーが良かったです。桐野作品は「OUT」を
読んだことがありますが、あれも面白かった。
そういえば他も読みたいと思いながら、それきりだなあ。
先日の髙村よりは桐野のほうが読みたいです。

という感じで、とりとめないですが、
改めて、マキさんにとって今年が良い年となりますように!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/32786317

この記事へのトラックバック一覧です: 10月〜12月に観たDVD:

« テレビのライブ音楽番組がひどい。 | トップページ | 頭とは関係なく心は動揺するのだ »

インデックス

無料ブログはココログ