« 今度はナチ占領下のフランスにならず者大集合! | トップページ | やあ、ミルドレッド! »

2009年11月23日 (月)

終わったら終わったでさびしい…

天地人…まったく感慨が湧いてこないと書いたが、最終回はそれなりにじんと来たわ。こんないい加減な脚本のドラマでも1年近く見た後だと、別れのときには情を動かされてしまうものなのね…なんて単純なんだ私。
身内のことでは後年不幸続きの主人公が、その無念な思いを断ち切ったかどうか分からないうちに静かに亡くなるラストシーンは良かったと思う。余韻に無常観があった。
あと、馬の鳴き真似までして、いきなりピエロになっている殿(景勝)のやさしさにも感動した。


殿のために我慢して見続けていたせいもあるが、このドラマのメイン舞台は戦場ではなくて縁側であった。ある意味、斬新だったな、縁側ドラマ。

« 今度はナチ占領下のフランスにならず者大集合! | トップページ | やあ、ミルドレッド! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/32317728

この記事へのトラックバック一覧です: 終わったら終わったでさびしい…:

« 今度はナチ占領下のフランスにならず者大集合! | トップページ | やあ、ミルドレッド! »

インデックス

無料ブログはココログ