« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月29日 (日)

名物は山火事

2009年のMWA賞最優秀ペーパーバック賞受賞作。

『チャイナ・レイク』メグ・ガーディナー著/山西美都紀訳
(ハヤカワ文庫 2009年)

親友の母の葬儀に狂信者集団〈レムナント〉のデモ隊が押しかけてきたのが最初だった。弁護士にしてSF作家のエヴァンは彼らと対決する。だが敵の本当の狙いはエヴァンの六歳の甥ルークだった。兄ブライアンの離婚した妻が〈レムナント〉に入信していたのだ。執拗な嫌がらせ、ルークに対する誘拐の試み。その背後には、陰謀が…。(文庫裏表紙より)


Chinalake カリフォルニア州のサンタバーバラと、アメリカ海軍基地の町チャイナレイクを舞台とするサスペンス。のんびりしたイギリス・ミステリを読んだ直後だったので、読み始めは作風の違いに頭がくらくらした。まずは、感情がそのまま言動に表れる登場人物たち。なぜにそんなに頭に血がのぼりやすく、よく考えもせずに危険な行動に出ちゃうわけ〜? しかし、そんなところに躓いていたら、この手のエンタメ小説は楽しめないのだ。

もうひとつは、軍人一家に生まれ育ったヒロインとその兄が、終末論を唱えるカルト教団につけ狙われるという、いかにもアメリカらしい題材。このカルト教団というのが、ほんの少人数の集まりなのだが、頭悪そうで短絡的なところがかえって現実味を感じさせて怖い。戦闘機パイロットの兄の気質や過去、軍の兵器横流しなども、さりげなく不気味。

しかし、面白かったのかどうかよく分からない。カルト教団がはちゃめちゃなのか、小説が大味なのか、頭の中で混乱中…。

大味というのはちょっと違うか? いろいろな要素が出てくるのに、掘り下げられないまま。推理小説だと読者を混乱させるために囮要素を入れたりするが、この場合は書き進めながらストーリーを作ったために、ちゃんと生かされないままの設定がやたら多くなってしまったと邪推させる。

2009年11月23日 (月)

やあ、ミルドレッド!

ヒル御大の最新作! 本作も分厚いぞ! 本の嵩が! このダルジール&パスコー・シリーズ、来年は40周年を迎えるとのことだが、以前より新作が出るサイクルが早くなっている気がする。ともかく時間をあまり置かずに翻訳出版されるのがありがたい。それに比べてリーバス警部シリーズのほうは…どうなっちゃってるのか、心配。


『死は万病を癒す薬』レジナルド・ヒル著/松下祥子訳
(ハヤカワ・ミステリ 2009年邦訳)


サンディタウンの町は生まれ変わろうとしていた。海辺のリゾート地にすぎない町に、アメリカ式の大規模な療養所アヴァロンが開設され、さらには健康と保養を売り物に町全体を再開発しようというのだ。計画の中心は地主のパーカーと、地元きっての名士であるレイディ・デナム。だが、計画を華々しくぶち上げるパーティーの席上で惨劇が起きる…おりから負傷後の療養のためにアヴァロンに入院していたダルジール警視は、駆けつけたパスコーらの迷惑も無視して、さっそく活動を開始する!(裏表紙より)


Acureforalldiseases_ ああ〜またしてもモヤモヤするラスト! 過去作でさんざん警察を混乱させたうえにどこかに消えたフラニー・ルートが再登場。いったい彼はこのシリーズの何を象徴する存在なのか。いたずらな堕天使という感じで、著者はお気に入りらしいが、人間未熟ないち読者にとっては目障りな存在でしかない。白黒はっきりした、または因果応報な結末を期待する向きにはまったくふさわしくない小説だ。でもそこがヒルらしい。


前作の主人公はパスコー主任警部だったが、今回は間違いなくダルジール警視。ダルジールウオッチャーの皆さん、お待たせしました! はい、待っていました〜!
前作、爆弾事件で重症を負った警視はまだ完治まで行かず、療養所生活の退屈さを、院長から渡されたICレコーダーに日記を吹き込むことで紛らわせている。メカ音痴の巨体警視が、レコーダーに「ミルドレッド」とか「ちっちゃな友達」いう名前までつけて、すっかりお気に入りのおもちゃにしてしまっている様子が可愛らしいぞ! しかし、メカ音痴が調子づいたことで、後でしっぺ返しを喰らうんだけれどもね。…まあ、それは薄々想像がついていた。レイディ・デナム殺しの真犯人も、やっぱりなという感想だ。彼女の検死報告にあった謎が解明されないまま終わるわけがない。

ジェーン・オースティンの未完の小説『サンディトン』を、ヒル流に完成させたのが本作。てことで、手紙をしたためるのが電子メールになっている以外、題材はちょっと古くさく感じられるところがあり、作品としても前作のほうが面白かったと思う。番外編の趣が強く(どれも番外編みたいなシリーズだが)、ダルジール以外の警察メンバーファンにも、ちと物足りない。代わりに、素人探偵のような活躍をする若い女性チャーリーが登場する。
このチャーリーにしろ、パーカー家の9歳の娘ミニーにしろ、旧作ではパスコーの娘ロージーにしろ、ヒルは若い女の子キャラクターの造形がなかなか上手い。目に入れても痛くない孫娘でもいるのかなと想像してしまう。

終わったら終わったでさびしい…

天地人…まったく感慨が湧いてこないと書いたが、最終回はそれなりにじんと来たわ。こんないい加減な脚本のドラマでも1年近く見た後だと、別れのときには情を動かされてしまうものなのね…なんて単純なんだ私。
身内のことでは後年不幸続きの主人公が、その無念な思いを断ち切ったかどうか分からないうちに静かに亡くなるラストシーンは良かったと思う。余韻に無常観があった。
あと、馬の鳴き真似までして、いきなりピエロになっている殿(景勝)のやさしさにも感動した。


殿のために我慢して見続けていたせいもあるが、このドラマのメイン舞台は戦場ではなくて縁側であった。ある意味、斬新だったな、縁側ドラマ。

2009年11月21日 (土)

今度はナチ占領下のフランスにならず者大集合!

金曜日に観ました。夜遅くの六本木の映画館の外国人率高し。それでもしょっぱなから一人、大声を出して笑っていたのは日本人。その不自然に引きつった笑い声がはた迷惑。


「イングロリアス・バスターズ」(2009年 アメリカ)

★★★★★(−☆)


Inglourious 面白かった〜。とにかく俳優たちがみ〜んな魅力的に見える! クエンティン・タランティーノ監督の腕の良さはまずはそれだと思う。端役に至るまで、彼ら彼女らの演技、表情に味わいがありすぎて、それだけで飽きない。
なかでもユダヤ・ハンターとの異名をとるランダ大佐役のクリストフ・ヴァルツの存在が圧巻! 何もかも見透かしているようなその笑顔、饒舌っぷりが怖い怖い。なおかつ愉快。上手い俳優さん。
そして、一家をランダに殺されたユダヤ人女性ショシャナを演じるメラニー・ロランのヒロイン度も文句なし! 美しくかつ強いヒロインは、タランティーノ映画のお約束だね。オープニングから「遙かなるアラモ」の音楽が使われていたが、彼女が頬紅を入れる場面は白人対アパッチ族を思わせたりと、ネタの基本はやはりウエスタンなのか?

ほかに、ドイツ軍の青年兵士役ダニエル・ブリュールも、無邪気なゆえの鈍さや残酷さを演じるのにうまくはまっていたし、とにかくヨーロッパのあまり知らない俳優たちがいい。あっけなく殺される兵士まで、すごくいい顔をしているの。映画の宣伝ポスターで真ん中にドンと立っているブラッド・ピット(連合国軍側の残虐な暗殺部隊のリーダー)は、実は映画の中心人物ではないけれど楽しい役だ。彼が率いる、一見マヌケ風な暗殺部隊の中で印象に残ったのはB・J・ノヴァク。昔の宗教壁画そのままの顔だなと思って見ていた。伝統的ユダヤ人顔なんだろうな。視点を変えて、出演者中でいちばんの正統系ハンサムは、酒場シーンに登場したギデオン・ブルクハルトか? まあ美形男探しはタラ映画には不要な視点なわけだが…。同じ場面ではアウグスト・ディールも、ウォーケン風な不気味さがあって面白い。てことで、豪華キャラクター勢が楽しめる映画でありました。


緊張感とユーモアが合体した内容も素晴らしかった。会話による駆け引き場面がいくつも出てくるが、その一つひとつが、短編としても成立しそうなくらいの面白さだった。2時間30分もある映画なのに、こんなにあっという間に感じた作品もない。さらにエンディングのスタッフロールの短さにも感動した(いつもだっけ?)。これもタランティーノ流の映画愛のあらわれだよね。クソ長いスタッフロールって単に身内受けじゃんといつも思う。

満足度100%だったが、半星マイナスになったのは、自分がドイツ人だったら、最後の修羅場を見終わって深いためいきをついているかもと、ちらっと頭をかすめたからだ。ナチス親衛隊とドイツ人は現在では切り離して考えることが浸透しているし、この映画では史実をあえて無視して笑いを誘うのだが、タランティーノがこの題材を取り上げた理由がいまいち分からんなあ。ナチスとユダヤ人の映画がいまだ年間何本作られているのかを考えると、日本人の私でもうんざりする。日本人だからか?

アイロニーたっぷりのミステリ

日曜日に観ました。

「母なる証明」(2009年 韓国)
★★★★

Mother_2 漢方薬店を営みながら女手ひとつで少し頭の弱い息子(ウォンビン)を育ててきた母(キム・ヘジャ)。しかし、その息子が女子高生殺害の犯人として逮捕されてしまい、息子の無罪を信じて疑わない母は、警察や弁護士のいい加減な対応に失望させられながら、自ら真犯人を捜し出そうとする…。


推理サスペンスの王道!という感じでした。どこかおかしみが漂うところも。
ポン・ジュノ監督はテレビで放映された「グエムル」しか観ていないが、観客をドキッとさせる刺激的場面をところどころに入れるのが好きみたいだ。それが見透けてしまうというか、あざとく感じなくもないが、1カ所、とても抒情的な場面があって、これは印象に残るなと思っていたら、あとで大きな展開につながったのが上手い演出だと思った。

映画に深みを与えているのは息子の悪友(チン・グ)の存在。彼と母子の関わり合いが、単純でないのがいい。あと、母親が悪友とつるむ息子を心配そうに見守りながら、薬草を鉈で切る場面は、ざくっざくっという音も効果満点で、めっちゃ冷や冷やした。

2009年11月15日 (日)

otamatone

かわいいなあ〜、オタマトーン欲しいな。

Otamatone_2


http://www.youtube.com/watch?v=qecPQ0FB-64
↑最後の実演の選曲がナイス!

アマゾンで売ってるらしいが、自分のことなのでたぶん、ちゃんと弾けないうちにすぐ飽きる。
忘年会のビンゴゲームの賞品ならいいかもしれない。

水が運ぶ運命

こちらもイギリスらしいミステリ。

『水時計』ジム・ケリー著/玉木亨訳
(創元推理文庫 2009年邦訳)


11月、イギリス東部の町イーリーで氷結した川から車が引き揚げられた。トランクの中には銃で撃たれた上、首を折られた死体が入っていた。犯人はなぜこれほど念入りな殺し方をしたのか? さらに翌日、大聖堂の屋根の上で白骨死体が見つかり、敏腕記者のドライデンは調査をはじめるが──。(東京創元社HPより)


Waterclock 新聞記者ドライデンと妻ローラは1年前に交通事故に遭い、何者かによってドライデンだけは救出され病院に運ばれたが、そのまま放置された妻はいまも病院で昏睡状態にある。ドライデンにとってはなぜ妻が一緒に救出されなかったのかが、吹っ切れない謎だ。
そして、氷結した川の下および修繕工事中の大聖堂の上から偶然発見された2つの死体、やがで浮上する30年以上前のガソリンスタンド強盗事件、さらにはドライデンの子供のときのある出来事、降格に怯える刑事、ジプシー居住地の問題、町を襲う大洪水など、これだけの厚さの本の中にいろんな要素を盛り込みすぎだ! 
でも、最後にはきれいに収まるんだな。殺人の真犯人については漠然とした予想が外れてがっかりだったけれど。あとがきによると読み直せばちゃんと分かるらしい…。最近、物忘れがひどくて読む端から忘れてしまう。


ユニークな点は2つ。まずは舞台となる町。ケンブリッジ北東のイーリーはフェンズと呼ばれる沼沢地帯にあり、人口は1万5000人ほど。町のシンボルのイーリー大聖堂で有名らしいが、まず訪れることのない地域だ。またしても画像などをネットで検索しながら読んだ。こういうところが翻訳小説は楽しい! しかし、実を言うとこの小説、文章だけではイメージしにくい場面が多かったのだ…。例えば大洪水の場面で「風が戻ってきた…(略)…水浸しになっているにもかかわらず、泥炭の表面が乾いて、赤茶色の土煙が立ちのぼるようになっていた」という文章。うーんどんな光景かまったく想像つかない。泥炭地とはそういう感じなのだろうか。イギリスでは水道事業から洪水対策まで水管理が民営化されているという事実にも驚かされた。案の定というか、それによって問題を抱えているらしい。

もう1つは、ドライデンお抱えのタクシー運転手ハンフ。タクシーを住まい代わりにしている変わり者のデブ男。シリーズ化されているそうなので、そうしたらユーモラスに感じる部分がもっと増えそうな予感。

質問は一度に一つにしなさい。

2008年CWA賞最優秀長篇賞受賞作ってことです。

『石が流す血』フランセス・ファイフィールド著/喜須海理子訳
(ランダムハウス講談社 2009年邦訳)


ロンドンの高級ホテル6階のバルコニー。女は両手を広げて鳥のように空を飛んだ。次の瞬間、その体は不気味な音とともに地面に激突した……。女の名はマリアン・シアラー。情け容赦ない法廷戦術で知られる弁護士で、死ぬ直前にも証言台に立った被害者を責め立てて自殺に追い込み、女性の敵ともいうべき犯罪者の無実を勝ち取ったばかりだった。キャリアの絶頂にあった彼女がなぜ自殺を!? その死の背後に隠された暗い秘密が、やがて徐々に明るみに……! (文庫裏表紙より)


Bloodfromstone 登場人物たちがなかなか個性的な、推理小説というよりはサスペンス。

著者は1948年生まれ。事務弁護士の資格をもち、公訴局(日本での検察局)に勤めながら88年に小説家デビュー。文庫の帯には「P・D・ジェイムズ、R・レンデルに続く英国ミステリの女王」とあり、確かに作風はその系統と思わせる(題材がジェイムズ『正義』を思い出させるのでますます)。例えば、むき出しの人間性が綴られるので、単純にみると登場人物に嫌なやつが多すぎる、でも見方を変えると、みんなひと癖あって、自分の知っている誰かを見ているようで、引きつけられてしまう。

しかし、この作品はそうしたキャラクター付けがあまりこなれておらず、ジェイムズほどの説得力はないと思った。面白かったのは服飾に強いこだわりを持つ人物が何人か登場し、うんちくが語られるところ。なかでも自殺した被害者の姉ヘンリエッタが情熱を傾ける、クリーニング&古着リメイクの仕事が読んでいるだけで楽しい。あと、最後のほうはロマンスに注目しがちだが、実は反社会的なことが起き、それがさらりとうっちゃられてしまうので、後で思い返して可笑しくなった。

2009年11月13日 (金)

それだけは・・・

天地人があまりにひどい内容なので、クライマックスを前にしてもちっとも感慨が湧いてこなくて困った。
で、北村一輝の新作情報、何かないかな〜と思って検索してたら、なんだろうこれは。
http://www.imdb.com/name/nm0457556/


プレ・プロダクションの宇宙戦艦ヤマトって。ガセだよね? 誰かの勘違いだよね? 間違いであってくれ! 駄作ほぼ確定なのに、きっついわ。

2009年11月 8日 (日)

ラジオよ、ありがとう。

1週間前に観ました。1960年代半ばに実在したイギリスの海賊ラジオ局を題材にした映画。

「パイレーツ・ロック」(2009年 イギリス/ドイツ)
★★★


Boatthatrocked_2 まずはブリティッシュロックの黄金時代に、当のイギリスには民放ラジオ局がなかったという事実が意外だ。そして、唯一のラジオ局である国営のBBCでは、ロックをはじめとするポップミュージックを流すのは1日45分間に制限されていたという…。私が子供の頃、FM放送に限れば日本も似たような状況だったので(昔も今もAMはおしゃべり中心のクソだし)、政府の規制を逃れて公海上から24時間ポップミュージックを流す海賊放送局が、どれだけ人々の期待を背負っていたかが分かります。対して日本の私といえば、わずかな放送を聴き逃すまいと、FM雑誌を欠かさず買ってオンエアチェック。入浴時間に重なったときは、ラジオをお風呂の外まで移動させて聴いていたのが懐かしい。

比べて今は、インターネット環境があれば、動画サイトなどで聴きたい音楽がいつでも聴き放題。それに比例して音楽を聴いて歓喜したり、1曲1曲をかけがえなく思う気持ちはだんだん薄れているかもしれない。そんな時代だから、この映画にはちょっぴり皮肉も込められているに違いないと予想したわけだが・・・そうではなかったみたい。


時は1966年。自分がよくラジオを聴いていた時代よりは少し前なので、映画の中でかかる音楽にはそれほど思い入れはなし。それを差し引いても、8人のDJたちの、肝心のDJ場面が観ていてワクワクしない。こちらが耳で英語を理解できないというのもあるが、音楽をメインとすれば、しょせん裏方のラジオDJの仕事は、映像で再現されたところで地味すぎて、面白いものではないということに思い当たる。
いろんなキャラクターが揃った、ほぼ男だけの船上での生活が、学生寮の延長みたいでとても楽しそうに見えたが、そちらのエピソードが中心に描かれ、DJ一人ひとりの音楽の嗜好に関するこだわり、音楽への執着心みたいなものが希薄だったのが残念な気がした。終盤になってようやくそれらしい場面があったが…。あの引きこもりDJのおっさんが、水中から唯一拾い上げたレコードは何だったのか、気になるなあ〜。本当に大したことのないレコードだったんだろうけど笑。


思っていた内容ではなかった(音楽への愛が希薄だった)けど、楽しい映画ではありました。お金かかってたし。マーク役(ほんの脇)のトム・ウィズダムが女の子以上にかわいい。

監督/脚本は「ラブ・アクチュアリー」のリチャード・カーティス。ほかにもいくつもヒット作の脚本を手がけ、どれも誰もが安心して観られる作風で、すっかりイギリス映画の顔になっている感がある。日本だと三谷幸喜のような存在か? 三谷映画はひとつも観たことないので、いい加減な例えにもほどがある。

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

インデックス

無料ブログはココログ