« 一輝映画2本 | トップページ | アンヴィルの物語はまだまだ続く »

2009年10月27日 (火)

ライトアップ

職場の引っ越した先が東京タワーの近くなので、退社時は駅まで歩いて15分、毎日ライトアップされたタワーを仰ぎ見ながら帰るのだ。これがなかなかいい。
今のこの時が、何年何十年もたった後で、このランドマークを再び見ることで思い出されると考えると、しみじみとしてくる。未来から自分を眺めている感じが、毎日ライトアップされたタワーを見るたびにする。そうやって想像して楽しんでいるにすぎないが、私の生活の中の唯一の「ほのぼの」タイムではないかと思う。


今日みたいに、雨天で雲が低く垂れこめている日のタワーも面白い。尖塔のほうが煙って見えなくなっていて、その周辺の雲だけがぼーっと明るくなっているのが神秘的。台風の日は流れる雲が、炎のように渦巻いて見えたのが不気味でよかった。


しかし、ライトアップの光の色が、夏は涼しげな白、冬は暖かな黄色が基調になるのは知っていたが、それ以外にも、週末や時間帯などによってライティングの形や色が変わるのだ。今夜は青緑だったし、オリンピック開催都市が決定する前の日は五輪をイメージした色使いになっていた。あまりに頻繁に変わると、テーマパークみたいでちょっとどうかなと思う。

唯一、乳ガン早期発見キャンペーンの日の、全面が紫がかったピンクのライトアップの日は、日常離れした美しさで見とれた。職場から駅まではオフィスがあまりないせいか、いつもは歩いている人もそれほど多くはないのだが、この日は交差点のところに黒々と人だかりがしていて、何かあったのかなと近づいてみると、みんな立ち止まって携帯電話をタワーのほうに掲げて写真を撮っていたのだった。私がその人たちを見物している間に、入れ替わり立ち替わりざっと4、50人はいたかな。

タワーを見るのを忘れて、その人たちを見ていた私は、実はその人たちが羨ましかった。この人たちはそうやって撮った、たわいもない写真を見せる相手がいるんだというのを想像して、振り返り自分はと考えて少しさびしい思いがした。


手ぶれでボケボケの写メール、私も送りつけてみていいすか?


« 一輝映画2本 | トップページ | アンヴィルの物語はまだまだ続く »

雑記」カテゴリの記事

コメント

ひめさん、こんばんは♪
&ただいま~(* ̄0 ̄)ノ

マキも東京タワー好きです。
子供の頃、蒲田の祖父んちへ行くため
高速から見えて・・・(なつかし)

↑夜の東京タワーって本当に
切ない・・・というか。

いや、マキは・・・
って話しなんですけどヾ(´ε`*)ゝ

>手ぶれでボケボケの写メール、私も送りつけてみていいすか?

わあー欲しい~(*´д`*)ハァハァ

ふふ、写めって
最初はいぶかしんでた気がするけど
今は大好きです♪
(送ったりもらったり)

マキなんて部屋に居ることが
ほとんどだから
外の景色とかその時のごはんとかもらうと
単純に楽しい♪

↑なのに、マキの仲良しって
自ら写メールする子たちじゃないんですよね~
だから
もらうと余計嬉しいんです(≧∇≦)

↑ちなみにマキはどんどん送る派です(◎´∀`)ノ

マキ(ほんとはケータイアドを貼りたい)より
ひめさんへ(はあと)

>マキさん
こんばんは&お帰りなさい(◎´∀`)ノ
夜の東京タワー、私も知らなかったんですが、近くで見てもいいんですね。麓の街がまた、あまり賑やかなところではないので、余計に切ない感じです。

しょうもない文章にコメントありがとうございます。他愛もない写メを送る人がいなくてさびしいと書いたけど、要するに年食っただけじゃんと、書いた後で自分で突っ込んでいました。
でも、マキさんにボケボケの写真でもいいと言われて、なんだかうきうきと、やる気が出てまいりましたよ!
実は写メは一度しか送ったことがなくて、携帯で写真撮ったことも数回しかなくて、でも一度遊んでみるかな。
何か方法を考えましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/31955990

この記事へのトラックバック一覧です: ライトアップ:

« 一輝映画2本 | トップページ | アンヴィルの物語はまだまだ続く »

インデックス

無料ブログはココログ