« オーストラリア産ハードボイルド | トップページ | 戦争用語の乱用にご用心 »

2009年10月 1日 (木)

楽しい職場、愉快な仲間

息抜きにはもってこいのコージー・ミステリ。

『ピザマンの事件簿 デリバリーは命がけ』L.T.フォークス著/鈴木恵訳
(ヴィレッジブックス 2009年邦訳)


Coldslice 大工のテリー(おれ)は、バーで酔っぱらって暴力沙汰を起こし刑務所入り。出所したはいいが、仕事も女房もトレーラーハウスも愛車のトヨタ・タコマ・ピックアップトラックも失ってしまったため、友人ダニーの部屋に居候することに。生来は働き者のテリーは、さっそくピザ店の配達係の仕事を見つける。しかし、それから間もなく同僚の一人が店の駐車場で刺殺される事件が起き…。


長身な体躯で、もさもさの長髪を束ね、垂れ下がった口ひげを生やし、ふだんの格好は格子柄のネルシャツに色あせたジーンズ。お気に入りの音楽はレーナード・スキナード・・・アメリカの白人ブルーワーカーのイメージそのものの主人公テリーは、実に人好きのする真面目でいい奴のようなのだ。そんなテリーが一人称で語るこの物語には、気の合う仲間がいることの楽しさ、そして働くことの喜びに満ちているので、私も心洗われるような思いがした。「腐った心でいると周りの人間もみんな腐って見える」といつも反省しながら生きているもので・・・なんつて。
本音をいうと、自分がトウが立っているに似つかわしく、純な心を秘めつつも世の中を斜めに見ながら生きている主人公の話のほうが読むには面白い。

 

« オーストラリア産ハードボイルド | トップページ | 戦争用語の乱用にご用心 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

>お気に入りの音楽はレイナード・スキナード

これだけでテリーがどんなキャラか想像がつきます。

>goodさん
大工しながら「フリーバード」聴くんです。姿格好も目に浮かぶようで。
これがオールマン・ブラザーズだとちょっと違ってきますよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/31588917

この記事へのトラックバック一覧です: 楽しい職場、愉快な仲間:

« オーストラリア産ハードボイルド | トップページ | 戦争用語の乱用にご用心 »

インデックス

無料ブログはココログ