« アンヴィルの物語はまだまだ続く | トップページ | ラジオよ、ありがとう。 »

2009年10月31日 (土)

非情な現実を突きつけられる

ドン・ウインズロウは翻訳された最初の2冊を読んだきり。これは今年の翻訳ミステリのベストとの評判が高く読んでみた。

『犬の力』ドン・ウィンズロウ著/東江一紀訳
(角川文庫 2009年邦訳)


メキシコの麻薬撲滅に取り憑かれたDEAの捜査官アート・ケラー。叔父が築くラテンアメリカの麻薬カルテルの後継バレーラ兄弟。高級娼婦への道を歩む美貌の不良学生ノーラに、やがて無慈悲な殺し屋となるヘルズ・キッチン育ちの若者カラン。彼らが好むと好まざるとにかかわらず放り込まれるのは、30年に及ぶ壮絶な麻薬戦争。米国政府、麻薬カルテル、マフィアら様々な組織の思惑が交錯し、物語は疾走を始める…。(文庫裏表紙より)


Powerofdog ずばり、米ソ冷戦以降の「世界の仕組み」がよく分かる小説と言ってしまおう。大国と犯罪組織が結託する陰で、殺されていく人々の命の軽さはありんこ並みだ。ローマ・カトリック教会すらパワーバランスに組み込まれ、その戦争を食い止める権力はもうどこにもない。むしろバチカンの超保守派は、天災や戦争によって貧しい国で大きな被害が出ることを好機と見る…。短いセンテンスでたんたんと綴られていく出来事が、あまりに衝撃的で生々しく(翻訳がうまい!)、フィクションであることを忘れて読みふけった。でも、限りなく現実に近いことが暴かれているのではないかと思う。
エンタメ小説として、最後は落ち着いてほしいと願ったところに落ち着いてくれるのが救い。これは本当に傑作でした!

« アンヴィルの物語はまだまだ続く | トップページ | ラジオよ、ありがとう。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ひめさん、こんばんは♪

ひえー
やっぱ記事にしてくれていたじゃないっすか…(-〜-)(↑マキのバカっ)

失礼な質問にも、丁寧に答えてくださり
ありがとう。
(申し訳ないっす)

さっそく今、読んでます♪最初から引き込まれますね〜\(^〜^)/

↑読み終わったら、又ひめさんと
分かち合いたいです♪
(って、無理やりかよ?)

マキより(はあと)

>マキさん
いえいえ、申し訳は必要ないです。
ワタシもよそでよくやってます。
あと書名間違いとかも(グラーグだったよねsweat01
質問されて、むしろ嬉しかったですから。

しかし、もう読んでいるのか〜行動が早い!
面白いといいな〜。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/32018245

この記事へのトラックバック一覧です: 非情な現実を突きつけられる:

« アンヴィルの物語はまだまだ続く | トップページ | ラジオよ、ありがとう。 »

インデックス

無料ブログはココログ