« 死に神に取り憑かれた男 | トップページ | ごまかしなしの西部劇映画だった! »

2009年9月 6日 (日)

オリジネーターは俺たちだ

上映が終わらないうちに観なきゃーと焦った。

「キャデラック・レコード 〜音楽でアメリカを変えた人々の物語〜」(2008年 アメリカ)
★★★☆


Cadillacrecords シカゴのブルースレーベル、チェス・レコードの歩みを、そのサウンド作りに大きく貢献したベーシストで作曲家のウィリー・ディクソン(セドリック・ジ・エンターテイナー)が振り返るという趣向。
主役はポーランド移民のレーベル創設者レナード・チェス(エイドリアン・ブロディ)と、最初に契約を結んだマディ・ウォーターズ(ジェフリー・ライト)。映画の製作総指揮に名を連ねるビヨンセが演じるエタ・ジェイムズは、流れ的に後半になっての登場。しかし、残念ながらこの3人があまり魅力的に見えないんだよね。

逆に、印象的でキャスティングも良かったと思ったのが、リトル・ウォーターとハウリン・ウルフ。しかし、リトル・ウォーター、そんなに物騒な人だったの? 映画の中では確実に何人か殺しているんですけど(笑)。一方で、演じるのがモス・デフだからもっと登場すると思っていたのにそうじゃなかったのがチャック・ベリー。有名だから省かれたのかもしれないすね。


題材が好きだから楽しく観たけれど、いろんなエピソードをつなげただけの散漫なストーリーで、そのエピソードもありきたりなものが多い。映画としての出来はまったく大したことなかった。チャック・ベリーがビーチボーイズを、ハウリン・ウルフがレッド・ツェッペリンを盗作で訴えて勝訴したというエンディングテロップでの後日談が、実はいちばん鳥肌ものだったりして…。でも、そういう意味じゃ、ロックンロールの草創期にこういう人たちがいたという記録にはなっているか。


南部の田舎で生まれたアコースティックなブルースが、シカゴの都会では、街の喧噪に負けないようにアンプによって増幅せざるを得なかったという描写は、なるほどなと思った。音のでかさとテンションの高さがロックの原点であり、騒がしい都会がロックンロールを生んだということですね。また、この映画を観ると、ストーンズのライブ映画にバディ・ガイが登場したときのインパクトも、より増幅されるというものだ。

« 死に神に取り憑かれた男 | トップページ | ごまかしなしの西部劇映画だった! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

まだ観てませんが、黒人物に詳しい人ほど、主なストーリーの流れや登場人物より詳細な箇所が気に入っているようですね。ビヨンセが演じたエッタ・ジェイムス本人もビヨンセが気に入らなかったらしいです。

まずはこういうレーベルが取り上げられるだけでも喜びたいです。ロックの元祖であるロックンロールがビル・ヘイリーやエルヴィスだ、で済ませていた人たちにブルースの存在を知ってほしいんですよね。

ええ〜〜〜!こんな映画あったの?
観たかった!!!(まだやってんの??)

ロバートジョンソンをモデルにした映画も希望!

>k.m.joeさん
確かに、説明はなくて、さらっと見せている部分に
かなりマニアックなネタが仕込まれているのではないかと感じました。
エタ・ジェイムズ、どこが気に入らなかったんだろう。
ビヨンセ自体、あまり合っていないとは思いました。
それに人物がしめっぽかった。
でも、製作にかかわったんだから、大したものですね。
彼女が出ていなかったら日本で公開されたかどうかも怪しいですね。

>goodさん
ブルースもお好きでしたか。守備範囲が広いなあ。
映画はまだやってますよ。でもあちこちではやってない…。
ロバート・ジョンソンの伝記映画化は
確か以前、ニュースになっていたと思いますよ!
流れることが多いのであてにはなりませんが。

>ブルースもお好きでしたか。

そういうわけじゃなくてロバート・ジョンソンのギターテクニックが好きでして・・・・
Hey! Hey! しか弾けないけど・・・・・

普通のギターは15フレットの部分からボディなんですが
ロバート・ジョンソンのギターは12フレットからで12フレットジョイントっていう変わったギターでして。

ネックが短いから甘い音が出る、しかも弾きやすい!
ということでロバート・ジョンソンモデルのギブソンのギターはもうあこがれっす!

たしか世界に200本しかないのでお目にかかることはまずないでしょうね・・・・・
一度、弾かせてもらったことがあって感動しましたよ。

>goodさん
ギターのことには疎いもので・・・ロバート・ジョンソンのギターは
そんな変わったギターだったんですね。胴体が少し縦長なのでしょうか。
弾きやすい?のにたった200本ってことは
やはり音色に癖があるから、それとも手作りだからかな。
私は弾けないから、生で聞き比べてみたいです!

お久しです~。
これ見たいと思ってたんだけど、上映館が少なすぎる~。
うちの近くではやってません(><)
早くレンタルになるのが待ち遠しいです。

>ふぁびゅらすさん
お忙しそうですね。
私はいつもに増して面倒くさい病で更新ストップ中です…。
上演館、首都圏では恵比寿と新宿だけだったかな。
こういう単館作品はDVDになるのはけっこう早いような気がしますよ。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/31255914

この記事へのトラックバック一覧です: オリジネーターは俺たちだ:

« 死に神に取り憑かれた男 | トップページ | ごまかしなしの西部劇映画だった! »

インデックス

無料ブログはココログ