« 老いたカウボーイが悪と対決する現代の西部劇 | トップページ | 死に神に取り憑かれた男 »

2009年8月30日 (日)

名曲すぎる"Sunny"

Sunny1 「サニー」という曲を取り上げるのは2度目です。
で、そのときも「サニー」ばかりを集めたオムニバスCDあるということを書いたのだけれど、好きな曲といえどもさすがに同じ曲ばかり入っているCDを通しで聴くことはほとんどなくてずっと放っておいたわけです。しかし、iPodに入れてシャッフルモードで聴くと、これがとてもいい〜! いろんな曲の合間に、いろんなバージョンのサニーが思いがけず流れてくる瞬間がたまらなくいい〜!
すっかり「私のテーマ曲」と化している昨今です笑


オリジナルはボビー・ヘブの1966年のヒット曲。プロデューサーはジェリー・ロス。短くシンプルな曲なのに、この曲の雰囲気は独特で、歌手や演奏者が変わってもそれが失われないのがすごいです。短くシンプルな曲だからこそかな。でも、この曲を子供のときにエレクトーンの練習でさんざん弾かされたために「二度と聴きたくない」と言っている友人もいて、人それぞれのようです。


Part1とPart2の2枚に分かれたCDに収められている演奏者が、その年代の人たちにとってはちょー豪華な顔ぶれなので、下に書き出してみました。カッコ内はリリース年。66〜69年のものが中心で、ポップスのヒット曲を、ヒットして間もない期間にこれだけのバラエティに富んだ人たちによって録音されているのがまた驚きです。カバーしている人は日本人も含めほかにもたくさんいますが、タレンタインやマクダフ&ニューマンのバージョンが収められている時点で、チョイスのセンスも間違いないでしょう(きっぱり)。


『A Collection of Various Interpretations of Sunny Part1』
1. Bobby Hebb (1966 オリジナル)
2. Arthur Lyman Group (1996)
3. Georgie Fame (1966)
4. Booker T. & The MG's (1967)
5. Dusty Springfield (1967)
6. John Schroder Orchestra (1966)
7. Robert Mitchum (1967)
8. Stan Kenton (1966)
9. Herbie Mann & Tamiko Jones (1967)
10. Stanley Turrentine (1965)
11. Andy Williams (1967)
12. The Ventures (1968)
13. Cher (1966)
14. Jimmy Smith (1969)
15. Wilson Pickett (1967)
16. Nancy Wilson (1967)


『A Collection of Various Interpretations of Sunny Part2』
1. James Brown and Dee Felice Trio feat. Marva Whitney (1969)
2. Chris Montez (1966)
3. Les McCann (1966)
4. Shirley Bassey (1968)
5. Jose Feliciano (1968)
6. The Four Tops (1968)
7. Marian Love (1967)
8. The Walker Brothers (1966)
9. Paul Kuhn (1977)
10. Trini Lopez (1967)
11. Young Holt Trio (1966)
12. Marvin Gaye (1966)
13. The Electric Flag (1968)
14. Leonard Nimoy (1997)
15. Ella Fitzgerald (1969)
16. Gary Lewis and The Playboys (1968)
17. Jack McDuff and David Newman (1968)


改めて通しで聴き直してみると、曲アレンジが、この時代のさまざまなタイプを網羅しているのが懐かしいです。エレクトリック・フラッグ、ウォーカー・ブラザーズ、ウィルソン・ピケット、フォー・トップスなどのアレンジが、いかにも当人たちらしくて個人的には面白いと思ったけれど、演奏や歌は甲乙つけがたい。大穴はバルカン星人のレナード・ニモイでしょうか? これもなかなか声が渋くて良いのですよ。



ボビー・ヘブ(元祖)
http://www.youtube.com/watch?v=N9EzFCkb8CU
JB(パリ・オリンピアでの伝説のライブのやつ)
http://www.youtube.com/watch?v=p6FmS5Co-j4
マーヴィン・ゲイ
http://www.youtube.com/watch?v=gkUsGkxZSvM
エレクトリック・フラッグ
http://www.youtube.com/watch?v=IOBKXtNp77A
フォートップス
http://www.youtube.com/watch?v=5AFFqC-S9Dg
ホセ・フェリシアーノ
http://www.youtube.com/watch?v=dGtpukF_dgw
ポール・キューン
http://www.youtube.com/watch?v=UvvUr_EBwJQ
シャーリー・バッシー
http://www.youtube.com/watch?v=Yy5A0-Vkv20
シェール
http://www.youtube.com/watch?v=EuvPUYo6Yv8
エラ・フィッツジェラルド&トム・ジョーンズ
http://www.youtube.com/watch?v=TnkWBmhVj2Y
ナンシー・ウィルソン
http://www.youtube.com/watch?v=feME_1MD3w4

おまけ
スティーヴィー・ワンダー
http://www.youtube.com/watch?v=zMvdh6AKRts
勝新太郎
http://www.youtube.com/watch?v=5plsaCAXDsQ
パット・マルティーノ&ジョン・スコフィールド
http://www.youtube.com/watch?v=p2RRUVAD9Mc
ジャミロクワイの人
http://www.youtube.com/watch?v=v8RbndInF8E

« 老いたカウボーイが悪と対決する現代の西部劇 | トップページ | 死に神に取り憑かれた男 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

サニー・・・名曲ですよね。

フランス映画でディスコって映画だったかな・・・
40過ぎのオヤジ共がディスコ大会に出る映画。

それでオープニングでかかって『ぐあ〜〜〜〜〜』ってテンション高くなりました。

>goodさん
誰でも知っている曲ですよね(30〜40歳以上)。
歌詞もとても普遍的で、なぐさめられます。
その映画、DVDで観ようと思ってました! ボニーMバージョンでしょうか?

うぉ~~。こんなにサニーが!
私も大好きです。
私の場合、サニーというと、ヒッピー世代を思い出しますけどね~~(ふるすぎ!)
あとからゆっくりYoutube聴かせてもらおう。

「やわらかい手」をやっと借りて見ました。
また記事にしてTBさせてもらいますね~(^^)

>ふぁびゅらすさん
そうですね、ヒッピー、分かります。
お互い、その時代をリアルタイムでは知らないのにね。
って何言い訳してんのかしら(゚▽゚*)

日本人だと勝新太郎もカバーしてるらしいです笑
勝新太郎はカーペンターズも好きだったそうです。意外!

映画の感想、楽しみにしてま〜す。

上のリストに勝新太郎も追加しました! Youtubeすごい!

う~勝新さんまで歌ってるとは。サマータイムも聞いてきました。すっかり夜の歌になっちゃってて、日活アレンジって感じですけど、さすがに歌うまいわぁ~。
カーペンターズのカバーは無いのかしら。

どれも甲乙つけがたいけど、やっぱり黒人シンガーが歌うと一味違う気がします。
オリジナルとマービン・ゲイ、エラあたりいいなぁ。

「やわらかい手」記事を書いたのだけど、うまくTBできてませんでした。so-net以外にTBして成功したためしがありません。
doblogが簡単でよかった・・。

>ふぁびゅらすさん
サニーは下手な人が歌ったら間延びしちゃいそうです。
黒人だと独特の節回しでそれが気にならなくなりそうかな。
でももともと黒人のヒットですからね、あまりソウルフルじゃないようで
ソウルなのかもしれません。

記事リンクありがとうございます!
TBのやり方が私も分かりません。
以前にふぁびゅらすさんがビワのことを書いていたときにTBしようと
思ったのですが、挫折しました〜。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/31159747

この記事へのトラックバック一覧です: 名曲すぎる"Sunny":

« 老いたカウボーイが悪と対決する現代の西部劇 | トップページ | 死に神に取り憑かれた男 »

インデックス

無料ブログはココログ