« リンカーンの後部座席がオフィス | トップページ | Raphael Saadiq at BlueNote Tokyo »

2009年6月27日 (土)

魅惑のエロサウンド その17

6月25日、マイケル・ジャクソン逝く。まずは哀悼の意を表します。


マイケルの歌声を初めて意識したのは、テレビで見た人食いネズミの出てくる映画の主題歌だったか、もしくはそれ以前のABCだったか。
全米トップ40育ちなので、70年代の洋楽ヒットにはどっぷりと浸かったが、MTVが登場するのと前後して、ヒットする曲に好きなものはほとんどなくなってしまっていた。ソロ活動以降のマイケル・ジャクソンについても同様で、曲は自然に耳に入ってくる状況だったが、思い入れはそれほどない。


しかし、マイケルの音楽に興味が持てなかったのは、マイケル自身のせいというよりは、彼の音楽のプロデューサーがクインシー・ジョーンズだったからという理由が大きい。クインシーは見た目は黒人だが、その音楽に私の好きなブラックミュージックのエッセンスを感じたことはほとんどない。妙に健全でお行儀が良くてつまらない。これが大ヒットの要因ともいえ、大ヒット自体をとやかく言う気はない。ブラックミュージックにおいてマイケルが切り開いた道を考えると、良い面もいっぱいあったと思うし。


Dangerous でも、マイケルのアルバムだったら、クインシーがプロデューサーを降りたのちの『Dangerous』を贔屓したくなる。ラジオから流れてきた「Remember the Time」を聴いたときは衝撃的だった。「え? これがあのマイケル? すごくいい曲じゃん!」って。そしたらプロデューサーはテディ・ライリーだった。やっぱりクインシーが鬼門だったのだと改めて思った。


さっきから何回も動画サイトで「Remember the Time」を見た。やっぱり良い曲だ〜。テディ・ライリーがそもそも好きだったこと、さらにこれが90年代になってからの曲というのも、好きってことに大いに関係している。

« リンカーンの後部座席がオフィス | トップページ | Raphael Saadiq at BlueNote Tokyo »

音楽」カテゴリの記事

コメント

マイケル自身が何をやりたかったのか、というのが今一つ伝わらなかった人生でしたね。チビちゃんの頃のマイケルが最高にソウルフルでした。そこを失わずに突き進むことができなかったのか、ソウル界に止まるのがイヤだったのかよく判りません。クインシーだろうがテディーだろうが本人が判ってないんじゃないの?

私もRemember the timeとDangerous見てきました。
音楽的なことはよく分からないけど、改めてすごい人だと思いましたね。
天賦の才とやはり努力の人、パーフェクトを目指す人だと。
病気や加齢で衰えていく自分の体を彼はどう思ってたかなぁと思います。
この二作の彼は本当に素敵でした。


こんばんは!
クインシーって人によってかなり違うプロデュースするから
たまにいろいろCDのクレジット見るとこれも?みたいな・・・・

自分はジェームス・イングラムのアルバムが本来のクインシーなんじゃないかなって思ってます。

でもジョルジオ・モロダーがナンバー1のプロデューサーかな〜って。

>k.m.joeさん
マイケルは親や兄弟を真似て音楽を始めただろうし、子どものときからスターで、最初からショービジネスの人なので、本人のやりたいことイコール、お客さんの求めるもの。そこに何の疑問や抑圧も感じていなかったんじゃないかと思ったりします。常人には理解しがたいですけど。
ライリーに変わったのも、その時点で人種問わずラップやヒップホップが好まれていたからとかね。やっぱり考えるほど不思議な人だなあ。

>ふぁびゅらすさん
ちょっとネガティブなことを書いてしまいましたが、聴いてて幸せになる良質なポップスならアルバム『オフ・ザ・ウォール』だと思います、私の年代からしたら笑
パーフェクトを目指す人・・・まさにそのイメージに尽きます。根っからスターだから、スターの重圧というより、肉体の衰えがいちばんの恐怖だったと思いますよ。50歳であのパフォーマンスなんて・・・。そういえば、以前、肉体の冷凍保存を希望しているという話題があったけど、あれはどうなったんだろう。

>goodさん
実はクインシーのアルバム、3枚持ってて、当時はそれなりに好きだったんですよね。ブラザーズジョンソンは最初の来日コンサート行ったくらい大好きだったし。
ボーカルだとイングラム・・・あ、わかる。女性だとパティ・オースチンとか、あとシャニースなんかもいましたね。
goodさんがジョルジオ・モロダーの音楽が好きなの、知っていました笑 私はその時代、ちょうどポップスを聴くの、離れてしまったんですよね。

私も、マイケルとは、年齢的に近いのでねぇ、この歳くらいになると、自分のダメさを補おうとしてもドツボにはまるばかりだったり、体が無理効かなくなってきているなぁ~と、世紀のスーパースターの1/100のストレスもないくせに、自分を重ねたりしてね。

私は、学生の時にまぁそれなりにディスコには行ってたので「オフ・ザ・ウォール」のどの曲も懐かしくて、ノスタルジーに浸れるけれど、「スリラー」ってのは、ちょっと……ね。
マイケルはビートルズの版権も買ったくらいだから、やっぱり、あんな風に黒人のワクにとどまらず世界制覇したかったのかなぁ。どこか大衆迎合していたところもあったのかもしれないね。
私はどのビデオ・クリップよりもこの映像が好きだなぁ。
http://www.youtube.com/watch?v=a-B7-AqK_jY
観た記憶ありますよね?若々しくて可愛くてね。

ヒカさんはクィンシー・ジョーンズがダメなんだね。映画「夜の大捜査線」なんてのは、まだ格好よかったと思うのだけどねぇ。この方も売るコトに必死になっちゃったのかなぁ。
笑っちゃうんだけど、久石譲はペンネームで、クインシー・ジョーンズのもじりだって、最近知りました。

>アモさん
50歳というと、肉体的に燃え尽きたという印象がありますよね。この先も生きてて現役で活躍している姿がちょっと想像できないですよ、マイケルの場合は。

CMのビデオ見ました・・・あれ、ぜんぜん覚えてないや笑 こんなこともやってたんだね。貴重なフィルム。まだこのころはお茶の間サイズのスターだったんだなあ。

クインシーは作曲家を見つけてくるのがうまいんですよ。イヴァン・リンスもヒートウェイブも私は大好きなんですが、彼らの才能がクインシーの才能のように思われているのが癪だったりして。ほとんど八つ当たり。
久石・・・うわ〜そうだったのか。ますます・・・

ビートルズ嫌いな人は居ても、
マイケルの事、嫌いな人は1人もいないと思ってるんだ。
大衆迎合バンザイ!!
腐っても鯛。マイケルは世界中皆なのマイケルだもん!!!

まさか。まさか。まさか。もー頭の中でなかなか整理がつかず。
この3日間、、ボ~っと過ごしてしまいました。

>えむさん
腐っても鯛のたとえはちょっと違うと思いますが、
ここ何年もマスコミの扱いはそういう雰囲気になってたよね。
今は死因解明に焦点に集まってるみたいだけど、どうでもいいですよ。
とはいいつつ、功績の紹介なんかは見入っちゃうんだけど。

えむさん世代がいちばん大きな影響を受けてるよね。
私も改めてちゃんと聴き直したいと思っています。

腐っても・・・アララ、また引用間違ったか(^_^;ゴメン、マイケル。
以前、月の土地を買ったりしたのもどーなるんだろ?とか。
も~未来永劫、永久に冷凍保存しちゃえ!!!とか、また不謹慎な事を思う。
冗談が言えるまでに復活したぞ!!!

>えむさん
復活おめでと。
あったね、月の土地。いろんなビジネスに関わってたらしいから、
今後いろんなごたごたが起きそうだね。
プレスリーみたいに、毎年マイケルの格好をしたファンが集まるコンテストも
出来たりしてね。
冷凍保存→復活を信じ続けるファンは少なからずいそう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/30295563

この記事へのトラックバック一覧です: 魅惑のエロサウンド その17:

« リンカーンの後部座席がオフィス | トップページ | Raphael Saadiq at BlueNote Tokyo »

インデックス

無料ブログはココログ