« 死者まで出した聖遺物の行方は… | トップページ | 意外とあっさり »

2009年5月15日 (金)

奈良旅行

4月初めに友人と奈良へ旅行しました。


そう、ちょうど、興福寺の阿修羅が東京へ来たのと行き違いに奈良へ…。さかのぼること昨年暮れ、地下鉄で阿修羅展の予告ポスターを見て「奈良はそれでいいのか、観光目玉なのに」と噂したことがあったのに、ころっと忘れて計画を立てるところが相変わらず抜けている。でも、代わりに奈良国立博物館で唐招提寺の秘仏、鑑真和上が見れました。


気候が暖かくなった頃ということでこの時期にしたのだが、初日は真冬の寒さがぶりかえし真そこ冷えたし、最終日は土砂降りになったのに加え、今年最悪の花粉症症状が出て、もうへとへとになって帰ってきた。鑑真じゃないけど、疲れすぎて目が見えなくなるという経験を初めてした。でも、あちこちの桜がきれいで良かったです。修学旅行生も少なかったし。


奈良を旅行で訪れるのは中学のとき以来だったので、2泊3日の旅は結局、観光の定番中の定番と思われるところだけ訪れて終わった。計画も立てずマイペースで動いていると、寺社などは2、3カ所回るうちに日が暮れてしまう。人におすすめされた新薬師寺と室生寺は行かずじまい。また近いうちに行きたいと思いました。


旅を振り返っていちばん感動したのは、最初に訪れた東大寺南大門の金剛力士像の大きさと、大仏殿の建物の大きさでした。子供みたいな感想です。でも、日本にあんなスケールの遺物があるのが新鮮な驚きでした。心のどこかで前回のエジプトの旅と比べていたかも。

Photo

*  *  *

さて、今回の奈良旅行の完結編として、先週末、東京国立博物館の阿修羅展へ行ってきた。旅行の続きという名目がなかったら、メディアがこぞって仏像ブームと騒ぎ立て、予想通りの混雑となったイベントなどむしろ避けて行かなかった。比較的空いている夕方をねらって行ったのに、とんでもない人混みだ。
八部衆のなかで阿修羅だけが個室展示になっており、部屋に入ると下りスロープがあり、そこから斜め下に展示スペースが見下ろせるのだけれど、もうそのまま素通りしちゃおうかと思ったくらいのおぞましい光景がそこに・・・。阿修羅像の周りを何重にも取り囲む人、人、人。いちばん内側の輪に陣取った人々は、ロックのコンサートみたいにその場にしがみついて離れない。人の流れが完全に止まってみえる・・・。
確かに見た目も美しい像だし、見に来ている一人ひとりは純粋に仏像が見たくて来ていると思うが、あれだけの集団となるとみんなつまらない人かどこかおかしい人に見える。もちろん自分もその中の一人。そもそも首都圏の人口が多すぎるのがいけないのだよね。ほったらかしの一極集中。これもまた計画性のない政策のおかげ。

« 死者まで出した聖遺物の行方は… | トップページ | 意外とあっさり »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

仏像ブーム、お寺ブーム、お城ブーム、日本古来の文化ブームですよね、ほんと。
阿修羅像もじっくりゆっくり心静かに見てこそ、良さが染み入る気がするけど
昔のパンダ並の人気なんですね。
そういえば、林真理子さんがブログで、「阿修羅展に行ったけれど、新聞社の特別招待日でゆっくり見ることができた」って書いてました。特権ですねぇ~~。

>ふぁびゅらすさん
そうそう、パンダとか、モナリザとか・・・ちょっと話題が古い
今回は係の人が「動いてください」と言っても、無視されてた笑
特権あるんですよねぇ。その代わりそうやってブログなどで
宣伝するんだろうけど、作家としてはどうなのよ。

今の歴史ブームは漫画・アニメ・ゲームが大きく影響しているとそうですけど、
そういう人たちには四天王や八部衆といった仏教の守護神も
キャラクターとして親しみを持ちやすいんだなと思いました。

最近旅行会社か何かのCMで奈良やってますでしょ?あれはやばいです。奈良に行きたくなってきました。
高校生の時に一人で2-3日歩き回ったくらいで、やはり今の自分の目線でもう一度いろいろ見て回りたいなー。

>Djangoさん
高校のときに一人旅ですか、うらやましい!
でも、大人になってからのほうが、引かれる地域ですよね。
京都より田舎のせいか歴史を実感しやすく、リピーターが多いのもうなずけます。
レンタカーであちこち行くのもいいかもしれませんね。
来年は遷都1300年とかで、特別公開される秘仏も多いとか。
でも、人も増えそうなんですね。

なんかやっぱ今は京都よりも奈良よねぇ(*^_^*)
こう言う国内旅行もいいですね♪

善光寺のご開帳にも行きたいと思うけど、もう終わっちゃいそうだな。
混雑も凄そう。ま上野ほどじゃないとは思うけど。。。

ふ~~~ん、空前の仏像ブームなんだってねぇ・・・
私なんか、10代からの神社仏閣ファンだわい。
だからってウンチクとか詳しい訳じゃないよ。
とにかく古けりゃ良いの。古いもの見るのが好きなの(笑)

でも。阿修羅展・・・・絶対、行かないっ!!!

>えむさん
奈良はね、やっぱり観光地で、ヒマしている土産物屋さんが無表情で
見つめてくる視線が刺さりますけど、話すと親切にいろいろ教えてくれました。
うどんを注文したら、にゅーめんにしとけと言われたり笑

神社仏閣のファンでしたか! お金もあまりかからなくていいよね。
私もこれから日帰りであちこち行ってみようと思ってます。

阿修羅展は・・・最前線で柵にしがみついている人たちの顔が
いまも思い出させる・・・ああ悪夢

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/29617147

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良旅行:

« 死者まで出した聖遺物の行方は… | トップページ | 意外とあっさり »

インデックス

無料ブログはココログ