« ここにもイルファン・カーン | トップページ | イーストウッドの偏屈爺っぷり »

2009年4月29日 (水)

男と女の生命力の差を見たり

「ノーカントリー」に続くコーエン兄弟監督作。今回は原作なしのオリジナル脚本。撮影は「トゥモロー・ワールド」のエマニュエル・ルベッキ。

「バーン・アフター・リーディング」(2008年 アメリカ)
★★★★☆

Photo_2 アル中によってCIAの分析官を辞めざるを得なくなったオズボーンは、自伝を執筆しようとするが、その一部がひょんなことからフィットネスセンターの従業員チャドの手に渡る。それをCIAの機密文書と勘違いしたチャドは、同僚のリンダとともにオズボーンを恐喝するが…。

面白かった!「読んだら燃やせ」というタイトルだけど、この映画で皮肉られるCIAの立場にしたら「観たら忘れてね(ウインク)」ですね!

人が死のうがどうしようが終始軽いノリのコメディだが、まぬけな勘違いがさらなる勘違いを誘いこんがらがっていく展開の面白さ、演じている人と役のキャラクターの組み合わせの妙、本筋とはあまり関係ないと思った場面やセリフが後でしっかりきいてくる構成のうまさなど、好きなところがたくさんあった。

自分は自分が思っている以上にまぬけである。その時はまともに行動したつもりでも、時間がたって振り返れば目を覆いたくなるようなバカをやっていることがしょっちゅう。この映画の登場人物も実は普通の人たちだと思います。演技のせいでバカが分かりやすくなっていますが。

(以下ネタバレ)

キャラクターとしては、ジョン・マルコヴィッチ演じるオズボーンが良い! 退職して自伝を書こうと思いつく人たちって、それだけでまぬけな感じがしてしまうのはなぜだろう。あの自伝もきっと自分の自慢ばかりのひどく退屈なものだったんだろうな。アル中だが、見るからにアル中でないところがくせもので、後でとんだ悲劇を引き起こす。その時に初めてこの人が重度のアル中で、CIAから肩たたきされた理由も大いに納得するのだ。

しかし、すべての悲劇の大元はリンダか? 演じるフランシス・マクドーマンドが実はこの映画の主人公といっていいかも。「おまえは何者なんだ!」と言われたときの、事態が把握できずにいる笑顔が最高っす! 無自覚なところが最凶なまぬけキャラクター。2組の中年夫婦の妻たちの冷静ぶりもおかしい。冷静じゃなくて、冷血だっけ? 結局、男たちが勝手に自滅してくれちゃって、女たちが棚ぼたを得て舌を出しているような結末。

ブラッド・ピットとジョージ・クルーニーというとオーシャンズ。あのシリーズがあまり好きではないので、2人の共演に苦手意識を持っていたのだけど杞憂だった。特にいつも身体を動かしているせいか口が半開きのままのピットのまぬけっぷりは良かった。「チャド」という名前もいかにもだ。クローゼットに隠れて様子をうかがっているときの息づかいまで緊張感がないんだもん笑 あそこは面白い撮り方だった。

ところで、リチャード・ジェンキンス演じるフィットネスセンター長のセリフで、字幕にはなかったチェビー・チェイスの謎は、ちょっと調べたけど分からないままです。Aさん

« ここにもイルファン・カーン | トップページ | イーストウッドの偏屈爺っぷり »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

唐突なハナシになるけど、先日「ミルク」を一緒に観た友達と、「♂と♂、♀と♀のゲイ、どっちが許せるか?」って聞いてみたトコロ、彼は「やっぱ♀と♀かなぁ」と言うのね。けど私は「えーっ!ぜーったい♀と♀なんてナイね!だいたいね、♀ってのは、自分も含めてね、どこかしたたかで小賢しいトコもってるからねー。そんなのにウンザリして♂と♂ってカタチになる人も多いってさー」という会話を、この映画をみて、思い出すものだったよ……私もね。
おもしろかったねー。本人たちは、コレが人生のターニング・ポイントだか、リベンジだかおもいっきり、調子づいていくんだけど、バカ路線だもんね。ハリーがリンダに自慢気に、「これまで銃をうったコトない」ってセリフが、かなしかったぁ
この時代、あっという間にスクリプトはネットに載っかってるんだね。(PDFになってます)けど、それ読んだからってあんまり、よくわかんなかったな。テッドの台詞以外にもまたシチュエーションのトコでもでてきてたり…
www.filminfocus.com/awards08/download.php?filename=burn_after_reading.pdf

>アモさん
ハリーは反射的に銃を撃ってしまったんですね。そこに同情するのか笑
スクリプト、すごい、よく見つけるね、こういうの。

Fourteen years, a Greek Orthodox priest. Congregation in Chevy Chase.

「14年間、ギリシア正教会の聖職者だった。 チェビー・チェイスの集会。」

う〜ん、アメリカ人しか分からないネタっぽいですね。

ゲイについては私はどっちもどっちとしか思わないのですが、アモさんの言うことは分かる!
女なんて、やだねーなんて思いつつ、振り返ると自分もそんなことやっているから笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/29359150

この記事へのトラックバック一覧です: 男と女の生命力の差を見たり:

« ここにもイルファン・カーン | トップページ | イーストウッドの偏屈爺っぷり »

インデックス

無料ブログはココログ