« 心理サスペンスとしては面白い | トップページ | 警部と少女探偵 »

2009年4月12日 (日)

スーパーヒーローたちの黄昏

あなたは誰に共感?

「ウォッチメン」(2009年 アメリカ)
★★★★
Photo_2
米ソ冷戦が続き、終末時計が5分前を示す状況にあって、社会から必要とされなくなっていたスーパーヒーローたちが再び動き出す・・・その生き様(暴走)を描いた、80年代後半のアメリカンコミックの映画化。

登場する超人たちは往年のコミックヒーローをモデルとしており、ハードボイルドなシニカルさを装いつつ、パロディとしては笑えるところもいろいろ。ただし、パロディの元についてある程度詳しくないと本当には楽しめないんだろうなあ。6人のヒーローの性格の違いは分かりやすくつくってありますが。

オープニング・クレジットから映像が凝っている。もう一度、見直したいくらい。ストーリーは100%大人向けで、あえてB級を狙っているようなところが嫌いじゃない。一人だけスケールが超越しているDr.マンハッタンがいちばん笑わせてくれる。音楽のチョイスも気に入った。

コメディアン役のジェフリー・ディーン・モーガンがロバート・ダウニー・Jrそっくりではないか。

« 心理サスペンスとしては面白い | トップページ | 警部と少女探偵 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ひめさんこんばんは♪
お久しぶりです。
(携帯からすいません…)

この映画、マキの中では(なんつーアメリカン…)などと
観る予定0だったんですが(えらそーでごめんなさい)ひめさんの記事読んだら、俄然観たくなってきました!

しかし…
今体調が最悪なので、当分映画館には行けそうもなく…(泣)

わーん
ストレス〜

(コメントで愚痴ってすいませんm(_・_)m)

あっ
少し前ですが、悪い体調を無理やり押して
ジャームッシュの「コーヒー&シガレッツ」を千葉の映画館で七百円で観てきました♪
やっぱ(今さらだけど)
とっても面白かったです♪マキはモノクロって、あんまり得意じゃないのですが、この作品なら絶対白黒!とか思ってしまいました。

半分以上、ウォチメンと関係ないコメントでごめんさい。

マキより

>マキノコさん
こんばんは!
そしていらっしゃいませ。
どうしてるのかなと思っていました。そんな状態で携帯で長文打ってて大丈夫すか?

ウオッチメンはなかなかひねくてれていて楽しめます。ダークナイトを見た後では、新鮮みが減ってしまったところがありますが。あと、真剣に観ると肩透かしかも。だらだら観ると楽しい(笑)。
上映時間が長いので体調のいいときに見てね〜。

コーヒー&シガレッツはまだ観てないです。ほかの人にも勧められつつ、つい忘れてしまう。5月の連休に観るべき課題映画に加えておきます。

つーか…
ウォチメンじゃなくて「ウオッチメン」ですよね…(-〜-;)
どんだけバカなんだ自分?(ごめんさい)

携帯でこのくらいの文字も打てないときって
多分面会謝絶の状態だと思います…。
(だって寝転びながら打ってますもん)

でも、今ほんとに体調が悪く(血液の結果が悪すぎて)このままいったら確実に入院になりそうなんです…(泣)

ごめんなさい、泣き言をコメントに…。


マキより

そんな間違いならしょっちゅうです。正式日本語タイトルにたどり着くまでに私は3回書き直しました。ウオッチマン→ウォッチマン→ウォッチメンと。
つか、ネイティブな発音だとウォチメンのほうが近くない?笑

マキノコさんの病気は常に油断ならないんですね。
安静にしていればといっても、やりたいことがいろいろあるのは分かります。
体調良くなることを願ってます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/29087966

この記事へのトラックバック一覧です: スーパーヒーローたちの黄昏:

« 心理サスペンスとしては面白い | トップページ | 警部と少女探偵 »

インデックス

無料ブログはココログ